北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

転職で悩んでいた頃、文章を書くとで楽になることを知る。帯広観光情報、仕事・恋愛・劣等感から起こる人間関係の悩み、考え方や人の心理について書いています。SE1年目

毎日が面白くないのは心の疲れが原因

 

豆腐メンタルのとふめんです。

 

毎日の生活が楽しくないと感じることはありますか。

時間を作ろうと思えばあるはずなのに、何もせず時間が過ぎてしまうことはありますか。

行動を起こさなければ面白い事が起こるはずもなく、時間が過ぎるだけです。

 

だけど、時間を無駄にしている感覚はあるのに行動に具体的な移せず、ただただ時間が過ぎてしまう人もいます。

そんな人の中には、行動力が問題ではなく、心が疲れていることが原因の可能性があります。

 

自己嫌悪に陥る前に、自分の精神状態を見直してメンタルヘルスケアを考えてみましょう。

 

 

 

 

 

最近、毎日が楽しくないと感じる

 

日々の生活に充実を感じていない人は、時間を無駄に過ごしている感覚も強くなります。

 

朝起きて、行きたくない仕事へ行って、仕事や人間関係のストレスを溜める。

帰宅後、適当に食事を済ました後は疲れて動く気力もなく、寝る時間までだらだらと過ごすだけ。

そんな生活を送っていては、面白いはずがありません。

 

楽しく生きるためには、自分にとっての癒しとなる時間が必要となります。

しかし、好きなことをする元気も残っていない場合や、好きなことや趣味をしているにも関わらずネガティブな感情が沸いてきてしまう場合は、心や体が疲れてきていることが考えられます。

 

 

 

 

心が疲れていると毎日が楽しめない

暇 疲れ 面白くない


 

心が疲れていると楽しい事も楽しく思えなくなります。

まずは、心の疲れの原因を見つけなければなりません。

 

 

仕事は生活の中心

 

仕事は1日8時間、準備や通勤時間も入れるとおよそ半日分も仕事ために時間を費やすことになります。

人はやりたくないことにエネルギーを使うと、必要以上に疲れてしまうことがあります。

大部分を占める仕事において楽しさを感じられない場合、精神的に大きな負担を感じることとなります。

 

逆につらい仕事の中でも、やりがいや面白さ、人間関係などでのポジティブに思える点があるなら心の疲れ度合いも変わってきます。

仕事に対して、いかにポジティブに向き合えるかが心を疲れさせないためのポイントとなります。

 

 

 

「ネガティブを潰すのはポジティブではない、没頭だ」

 

ネガティブ思考の人は、危機察知能力が高く、慎重派な性格の傾向があります。

普段からネガティブな考え方に陥りやすい人は、脳や心にとっても悩みや不安などの悪いイメージを与えやすく、気付かぬうちに負担を掛けてしまっています。

 

精神的な負担を掛けない為にはなるべくネガティブ思考にならないような対策が必要になります。

 

しかしこれは性格や個性の部分なので、無理やりポジティブ思考になれと言われて変われることではありません。

 

ネガティブ思考を抑止することができるのは、何かに没頭することだと芸人オードリーの若林正恭氏が書いた本に記されています。

 

 

リトルトゥース

 

 

ネガティブなことを考えなくて済むくらいの夢中になれることを見つけて没頭することが心の負担を掛けさせない対策にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしても心が晴れない場合は、心の疲れを疑う

 

普段なら楽しむことの出来る趣味や好きなことをしても面白くないと感じるときは、自分の心がかなり疲れていると疑った方が良いかもしてません。

 

心の疲れは普段の生活習慣や過ごし方に原因があることも考えられるので、改善するためには自分で原因を追究していくことも必要となります。

 

 

体力の限界を超えている

人が行動するために使えるエネルギー量は人それぞれ決まっています。

その限界を超えるほどの活動を続けていたら体力面も精神面も耐えられず、突然倒れたり無気力になる心配があります。

 

 

変化や刺激がない

脳は刺激がないとつまらないと感じてしまいます。

毎日同じ時間に起きて仕事へ行き、帰宅後も食事をしてテレビを観て寝る。休日は最低限の買い出しを済ませ、昼寝をして休日を終えるといった生活を続けていると、脳も刺激がなく疲れやすくなってしまいます。

 

 

 

楽しみがない

 

趣味がなく、遊ぶような友だちもいない人は、気分転換をしようにもする方法が分からない場合があります。心の疲れを癒す方法を知らないので心が疲れたままの状態が続いてしまいます。

 

 

 

不安やストレスが多い

仕事や家庭での解決できない悩みがある場合に、その不安や心配が気になって考えすぎることで心が疲れてしまい、楽しい事も楽しめなくなってしまいます。

 

このようなことが原因の場合は、楽しみを見つけるよりも、悩みをひとつひとつ解決していく方が負担が軽くなるかもしれません。

 

 

 

自分のことが分からない場合は「みん電占い」導いてもらう

 

不安や心の疲れの原因が自分で明確に分からない場合、占いによって他者からの助言をしてもらうことも解決になる場合があります。

悩みをひとりで抱え込むとそれこそネガティブ思考に陥りやすくなります。

 

まずは行動を起こして頼ってみることも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンタルヘルス関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

 

 

 

www.tohumen.com

 

 

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

ありがとうございました