北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

苦しいことも沢山ある人生の中で感じる疑問などを発信しています。ブログテーマは『1.人間関係など心理的悩み』『2.帯広のグルメや観光情報』『3.健康関連』などを書いています。

「人嫌いぼっち」はひとり時間が好きな面倒くさがり

豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)

 

 

人の行動は2種類のタイプに分かれます。

基本1人で行動することが多いひとり行動を好むタイプか何をするにも誰かと群れたがる集団行動タイプのどちらかです。

 

中には自分の意思と反して、成り行きでどちらかのタイプになってしまっている人は意外と多いかもしれません。

集団行動は好きじゃないけど周囲の評価を気にして無理矢理集団行動している人。

本当は誰かと一緒に行動したいけど仲間がいなくてひとり行動をとっている人。

 

ひとり行動をしている人は単独行動が好きという訳ではなく、仲間や友達がいないことにコンプレックスに感じている人もいます。

仲間が欲しくてもなかなかできない人はもしかすると自分の性格や行動の仕方が孤独にさせているかもしれません。

 

今回は、本当は友だちが欲しいのに孤独に過ごしてしまっている人の特徴や原因を探っていきます。

 

 

この記事を読んでほしい人

ひとりが好きな人

友だちがいないことに悩んでいる人

友だちも欲しいし自分も優先したい人

予定が入ると面倒くさくなる人

 

 

 

この記事を読むと得られること

友だちが出来ない理由

悩みは思い込みの可能性もあること

理想な人間関係の作り方

 

 

 

 

 

 

ひとり行動好きが悩む友だち関係

 

 

ひとり行動 集団行動

ひとり行動を好む人は、多少なりとも人間関係に面倒くささを感じていて距離を置きたいと考えている人です。

人間関係の作り方をどう捉えているかにより、程よい人間関係のバランスを保ちながらひとり行動を好む「人好きぼっち」と、交流を面倒くさがり人を避けて生きている「人嫌いぼっち」がいます。

 

 

人間関係の作り方について、どのような関係性が正しいのかは難しいところです。

誰でも良いからと人間関係を広げようとしても疲れますし、一人でいることが好きなのに無理に人間関係を重視しても鬱陶しくて疲れてしまいます。

 

 

メリットだけを選りすぐっていった結果の理想の友達像は、「ひとりで居たい時間は束縛してこない友達」だけど「自分が寂しいときは一緒にいてくれる友達」です。

ここだけ見るとなんとまあわがままな奴ですね。

そんな自分勝手な奴に都合の良い友達なんてできないと思うかもしれません。

 

 

友だちができないのは思い込み?

 

しかし冷静に考えてみると、

「ひとりで居たい時間がある」

「寂しい時は誰かと居たい」

という自分勝手にみえる2つの特徴ですが、これって誰でも当てはまりますよね。

 

実際にひとりの時間は邪魔されないで楽しんでいるし寂しいときは遊ぶ友達がいる、という人は沢山います。

 

 

ひとり好きだけど友達がいないと悩んでいる人は、「こんな自分勝手な性格は人に好かれない」という思い込みで友達作りに及び腰になっていることが原因です。

 

まずは自分が自分の性格に対してネガティブなイメージを作っている。そのため友達作りに積極的になれないということに気づくことです。

 

友達の多い人と少ない人の性格や特徴について比べてみました。

 

 

 

 

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

ひとり行動が嫌いで友だちが多い人

 

ひとり行動 友達多い

本当はひとり行動が好きなのに友達や仲間が多く、いつもグループでいるタイプの人がいます。

 

このタイプの人は客観的な視野があり、周囲からどう見られているかが気になる人です。

集団行動などの協調意識が強いため、一人でいる人や単独行動をとる人に対して、差別的態度をとる人もいます。

 

特に学校生活や女性が多い社会環境ではその傾向が強く、集団に所属しているかどうかで自分の存在価値が大きく変化してしまいます。

 

そのような残酷な集団生活のルールを知っているからこそ、集団行動を優先させています。

 

周囲からの評価を敏感に感じ取るタイプなので、気の使える行動もできて友だちは出来やすい反面、メンタル面で疲れることも多いかもしれません。

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

ひとり行動が好きで友だちがいない人

ひとり行動 友達いない

友だちが欲しいけどひとりでいることも好き、友だちは中々できないという人がいます。

原因は、仲間や友だちよりも自分の価値観の方を大切にしてしまうためかもしれません。

 

楽しく話したり遊べる友だちがほしいと思う気持ちはあるけれど、それと同時に自分の時間的な自由度が減るというデメリットも同時に考えてしまう面倒くさがりな性格です。

 

考え方による食い違いも面倒くさいので、結局一人が一番と考えている人だと思います。

 

自分が共感して欲しいと思った事にそれほど共感してもらえないと気分が下がる、

自分の時間を奪われて予定が付かなくなることに抵抗が大きい。など

このようなことにストレスを感じやすい人は自分の感情を大切に生きている人です。

 

友だちが欲しい気持ちとひとりの時間を天秤にかけると、ひとりの時間を優先してしまっているので

友だちができにくくなります。

 

 

 

ひとり行動が好きで友だちも多い人

 

ひとりで行動することが好きだからひとりの時間がとれる、でも友だちと遊びたいと思ったら会える友だちがちゃんといる人。

欲しいときに欲しいものが手に入る理想の状態です。

 

このタイプの人の特徴はというと、自分の意思をしっかり持っていて、その考え方を友だちや仲間に対してはっきり伝えている人です。

 

なぜ友だちの関係性が作れているのかというと、自分の性格をよく理解していてもらっていてそれでもってありのままの自分を好きでいてくれる友だちがいるということです。

自分らしさを正直に出せる人の周りは、自分を嫌いな人は離れていくし、好きな人は寄ってくるというとても付き合いやすい環境が出来上がります。

 

 

 

孤独で悩む場合は自己開示

 

f:id:fc090031:20190421021605j:plain

友だち作りやすい人と友だちを作りにくい人の考え方の特徴をまとめると、以下のようになります。

 

 

友だちを作りやすいタイプ

〇自分の意思よりも他人の考えを優先する人

○周囲に気を使える人

〇自分の評価を気にする人

○自己開示できる人

 

 

友だちを作りにくいタイプ

〇自分の感情に素直な人

〇不自由や束縛を嫌う人

○素の性格を隠す人

○自分の性格に自信がない人

 

 

どちらをとってもリスクは出てきます。

自分が許容できるラインでバランスをとって関係づくりを行ってください。

 

 

友だちを作るには自分の性格を知ってもらう必要があります。

こんな自分は嫌だと一番気にしているのは自分です。

友達できないと決めつけているのは自分だと気づくと、視野が広がって次の行動がみえてきます。

 

友だち作りのヒントは、素直に自分の考え方や性格を伝えてみるということです。

 

 

それでも友だちが作れずに、解決策が見つからない場合は

自分の考えを専門家に聞いてもらうことも一つの方法です。

素直に打ち明けることで、自分でも気づけなかった隠れた心理の悩みを指摘してもらえるかもしれません。

 

 

 

電話相談【ラフィネ】で不安解消

ラフィネ電話を通しての相談で優しく丁寧に話を聞いてもらうことができます。

 

電話でもメール形式でも自宅で相談を受けてもらうことが可能です。

占いの知識を持った人もいるので将来の方向性についてアドバイスを受けながら悩みを解消してもらえます。

相談は何でも良くて、コンプレックスや対人関係など多様な内容に対応してくれます。

 

 

友達とは話せないけど電話相談だと話しやすいという理由は自己開示にあります。

 

相談では

1.自分はこういう人です、という特徴を細かく説明して知ってもらう。

2.その特徴を理解したカウンセラーがアドバイスする。

という構図が出来ています。

 

友達がなかなか作れない原因は、お互いに知らない情報が多いのに自己開示が出来ていない。あるいは片方が話役、片方が聞き手という一方的なやりとりになっていてバランスが取れずに付き合いに疲れているという可能性があります。

 

会話の練習、自己開示の練習として電話相談を利用してみることも良い方法だと思います。

初回は10分の無料体験も出来るので興味がある方はラフィネを利用してみて下さい。

 

 

 

人間関係関連記事はこちら

 

 

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

 

まずは自分自身を理解して本心がどうありたいのかを知ってみましょう。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

ありがとうございました