北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

【やりがいはいらない】仕事嫌いな人が働く上で大事にしたいこと

豆腐メンタルのとふめんです。 (@tohumen090031)

 

 

仕事にモチベーションを出すためには「やりがい」の有無が作業効率に関わってくることはよく聞く話だが、実際にやりがいを感じて仕事をしている人はほとんどいないと思う。

将来の可能性の拡がっているはずの10代や20代の世代になるほど仕事に対する印象は恐らく悪い。

「やりがいのある仕事」を謳っている企業をみると憧れよりも拒絶反応を起こすだろう。

 

少なくとも私は「仕事のために生きている」生き方は到底真似できない。

嫌悪感の原因が職場環境や内容ではなく、「仕事」そのものが嫌で仕方がないと思っているならば、興味ややりがいを重視して仕事を探しても時間の無駄なので考え方を変えていくべきだと思う。

 

 

 

 

今の仕事が合わないと感じている人

仕事 相性 適性


 

好きな仕事をしていたとしても、仕事に対して嫌気を感じることは必ずある。

その嫌気が大きくなった時には当然「辞めたい」という思いも出てくる。

そこで辞める決断をする場合に、自分が仕事に対してどんな不満を持っているかをはっきりさせておかないと仕事を変えたところで、また同じ状況に陥ってしまう。

 

つまり嫌気が差して今の仕事を辞めたい理由と、自分が仕事に対して求めている目的が噛み合っていない人は、本当は頭を整理し直した方が良いのだけれど、大抵は精神的に追い詰められている状況下ということもあって客観視することが出来ない。

 

 

 

 

仕事に対する意識の持ち方

 

もし仕事を辞めたいと思う理由が職場の人間関係の悪化や居心地の悪さ、仕事内容に対しての不満なら転職をすることで、環境を変えられる可能性がある。しかし、嫌気が差している原因が「仕事をすること」なら、仕事環境を変えたところで何の解決にもならない。

 

 

仕事は一日の生活の中で1番費やす時間が多いので、仕事を楽しい時間だと意識転換できれば問題はなくなるが、それでも仕事を一番優先とする考え方を絶対にできない人は沢山存在する。

 

 

「仕事」に苦痛を感じる要因

1.「責任の重圧」

2.「長時間の拘束」

3.「幅広い人達とのコミュニケーション」

4.「内容や技術を学ぶ努力」

 

それぞれの困難があってどれに関しても精神的負担がのしかかる。

 

これらに勝るくらいのモチベーションが上がる「プラス要因」があれば仕事に楽しさを感じるかもしれないが、なかなか見つかるものでもない。

 転職をしても失敗する人の原因は、自分にとっての「プラス要因」が曖昧なまま次の仕事に就いてしまい、再び「仕事」そのものの不満が溜まってしまうところにある。

 

そもそも「仕事をすること」が嫌いな人に楽しさを見つけろということは、無理難題なことだった。

だったらいっそ開き直って「仕事は嫌なもの」と決めつけてしまえば仕事との向き合い方を変えられるかも知れない。

 

 

 

 

仕事をする目的を変える

 

目的

最初から「仕事は嫌なもの」と決めつけてしまえば、無理やり面白味を見つける必要がなくなる。

仕事内容や働きやすさどうこうよりも

「仕事以外の一番大事にしたいもの」を得る目的に合わせていけば、

今いる職場や転職に失敗を感じていた人は意外な道が開けるかもしれない。

 

たとえば

1.時間が欲しい

土日完全週休2日制、残業の少ない職場、休暇が取りやすい職場

しかし、給料は低い

 

 

2.お金が欲しい

実力主義、歩合制、ボーナスや手当が多い職場

しかし、ライバル意識の高い激務な職場環境

 

 

3.安定が欲しい

福利厚生が充実している職場

しかし、気に入らない

 

 

あれもこれもと良いとこどりは都合の良い話で、よっぽどの自分のポテンシャルと優良企業に出会わなければそんな環境はまずあり得ない。

自分にとっての重要な要素を満たす代わりに別の要素で帳尻合わせの減点部分があることは受け入れる必要がある。

 

例え仕事内容が面白くなくても、自分にとって一番重要視している目的が満たされるなら仕事を変える意味はあるかもしれない。

今の仕事について悩んでいる場合は、自分が一番大事にしたい事を整理してみることをおすすめします。

 

 

 

仕事の悩み関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

 

ありがとうございました