北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

とふめんブログ 「苦しい」は、楽しく生きるを考えている証拠。テーマ『1.生き方・自己分析』『2.メンタルケアと癒し』『3.帯広』

MENU

「会話が苦手なままの生き方がつらい人」の特徴と選択肢

人と関わって生活をしていく中で「会話」は大事なコミュニケーション手段です。

しかし、会話が苦手な人や伝えることが苦手な「会話力のない人」は沢山います。



例えば経営者やテレビに出る有名人のような「人生が成功していそうな人」をイメージしてみると、会話力やコミュニケーション能力が高そうな印象があるのではないでしょうか。

実際に会話力の高い人は、人を惹きつける力があります。


話が面白ければ人が集まるし、伝える力があれば説得力や信頼が生まれます。

会話力があれば仕事でも役に立つし、友達も増えるし異性にも人気が出ます。




会話が苦手な人からすれば、会話上手な人こそが全ての成功を手に入れるのではないかと思ってしまうほどです。

会話が苦手なことにコンプレックスがあると、仕事やプライベート、様々な場面で自分に自信を失う場面が訪れます。

 

「会話が苦手な人」「会話力がある人」にはどんな特徴があるのでしょうか。


そして「会話が苦手な人」が克服する以外に成功する生き方はあるのでしょうか。

やはり人間関係が大事な世界では「会話力」が全てなのでしょうか。



今回は、会話が苦手な人の特徴と会話力がある人の特徴の違い、そして会話にコンプレックスを持つ人の生き方の選択肢について紹介していきます。

 

◆この記事を読んでもらいたい人◆ 会話力がない

コミュニケーション能力がない

人と話すことが苦手・怖い

会話が苦手なことにコンプレックスを抱えている

会話力がある人が羨ましい

会話力がある人との違いを知りたい

会話が苦手なままの生き方を知りたい




 




会話が上手い人は印象が良い

会話上手 成功者

豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)


周囲の人や有名人などの中に、「この人はすごい」と尊敬している方はいますか?

 

その人の長所を思い浮かべてみると「会話力が高い」「話が上手い」といった特徴が上がってくることが多いのではないでしょうか。


 

会話力やコミュニケーションスキルは、社会で成功するためのは必須ともいえるスキルです。


会話力の高い人とは「会話量が多い」とか「ノリが良い」とか「誰にでも話掛けれられる」ということではありません。

興味を引いたり伝える力が長けてて、影響力のある会話をできる人が「会話力のある人」だと思います。

 

その会話力がある人というのは具体的にどんな特徴のある人なのでしょうか。



会話力がある人の特徴 

会話上手 特徴

会話力が高い人は相手に伝わる話し方が上手いので分かりやすく、持っている知識を交えながら話すことにより説得力が増します。

情報も分かりやすく正確に伝えることができるので信頼感も得られやすくなります。

 

話が分かりやすさは相手にとっても聞きやすく、だから集中して聞いてくれるし、理解されて面白いと思ってくれます。

その人自身の信頼が高ければ評判も広まって影響力も大きくなっていきます。


 

◆説明が上手い

◆表現力がある 

◆知識がある

◆興味を持たれる話し方を知っている

◆行動力がある 

◆コミュニケーション力が高い





 

会話が苦手な人の特徴

会話苦手 影響力

「会話が苦手な人」がどんな特徴かというと、会話が上手な人の逆の特徴を持った人です。

話し方や聞き方が相手の気持ちに寄り添えていなく、自分で精一杯になっている可能性があります。


だから相手に分かりやすいように伝える力が低くなり、相手にも話しづらい、聞きづらいと思われてしまって反応が悪くなる。

伝えたいことが上手く伝わらないので自分の信頼も得られず、コミュニケーションがうまくいかない結果になってしまいます。

 

 

会話が苦手な人の特徴

自分の考えが伝わらない

・相手目線で会話が出来ていない

・自分にしか分からない表現を使っている



説明力がない

・具体例が少ない

・イメージがしにくい説明をしている

・語彙力が足りない

 

行動力がない

・話掛けることができない

・話題が思い浮かばない

・自分から話さない

・臆病

・人見知り

 

コミュニケーション力がない

・会話のキャッチボールが出来ない

・話が噛み合わない

・話を広げられない

・話しかけられると焦る

・人が怖い


 

つまらない

・表情やテンポ、声のトーンを気にしていない

・言いたいことだけ伝えている

・相手のペースに合わせられない

 

会話が苦手な人は、自分だけで精一杯という場合もありますが、相手の立場(聞き手)のことを考えられていないことが、伝わりにくさに繋がっています。

 

会話中の表情やテンポなども大切で、相手に「聞き取りにくいな」「意味が分からないな」「もっとゆっくり話してくれないかな」などと思われると、聞く集中力が途切れてしまい伝わりにくくなります。






 

 

会話が苦手な人は克服するしかないのか

会話 苦手

会話スキルの向上、会話の苦手克服は社会生活の中でプラスに役立ちます。

 

仕事でも友達作りでも恋愛でも、会話力は武器になります。

 

苦手を克服するにはます行動を起こして努力をする必要があります。
苦手克服するための苦労は多くあるかもしれませんが、その行動力を評価してくれる人もいます。


苦手を完璧に得意に変えることが出来なくても、克服しようとする行動力が良い方向に働きます。 

 

 

会話にコンプレックスを持ったまま生きていく

会話が苦手なままでも行動力で人に影響を与えることは可能です。

 

「会話が苦手だけど苦手を克服してまで変わる必要はない」あるいは「変わる勇気がない」と考えるなら、会話が苦手のまま変わらない生き方で進んでいくことも間違いではないと思います。


ただし、目指している目標がある場合、叶うまでの道のりは遠回りになってしまう可能性があります。

 

 

もし「会話は苦手だけど克服は出来ない、でも目標は諦められない」という場合には、別の生き方もあるにはあります。

その方法とは、最高を目指すことです。なにか目指している目標の分野で才能を認められれば、弱点があったとしても自分を認められます。

絵や文学、音楽のような芸術系やスポーツ、学者、ITなどの技術者に関しては会話が苦手でも専門分野に関してスキル次第で大きな評価をしてもらえることができます。

 

 

 <会話が苦手なことも個性として生きていく>


1.会話スキル向上の努力は必要ないが目標も見失う。


 

<会話スキルを向上させて苦手克服する>


1.会話スキルを向上させて人間関係構築をする行動を起こす


2.目指している分野のスキルをとにかく磨く

 

社会で生きていく中でなにかしら目標を持っていると思います。

「会話が苦手」はどうしても短所になってしまいます。


会話が苦手な人は何もできない、ということはないですが、短所をカバーするくらいのずば抜けた能力がないと生きづらいまま過ごしていくことになります。

 

 

以上、会話が苦手な人の特徴や、生き方の選択肢について紹介しました。


生き方には正解も間違いもないです。

しかし、自分がどこを目指しているかで行動を変えていく必要性はあります。

 

是非、同じような悩みを抱えている方は参考にしてみて下さい。




 

コミュニケーション力の関連記事はこちら

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました