北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

好きなのにケンカが絶えない。男女でまるで違う考え方

こんにちは、とふめんです。

 

恋人同士、お互いに好きだから

付き合っているはずなのに

なぜかケンカばかりしてしまう。

 

「どうして理解してくれないの?」と

恋人に期待しすぎて

嫌気が差してしまいます。

 

お互いに理解し合おうとは

思っているのに、必ず衝突してしまう。

 

実はそれは当たり前のこと。

 

男女の脳の働きをみると

良かれと思っていることは

異性にとって嬉しくないことが多いのです。

 

「どうして分からないだろう」と

悩んでいる人必見

 

今回は

男女のすれ違う原因や

行動の違いを紹介していきます。

 

 

 

会話脳の違い

 

f:id:fc090031:20190125164942j:plain

会話の目的

 

男女でケンカになってしまう原因の1つは

そもそも会話の目的が異なるからです。

 

 

男性は

情報交換をしたがる

解決する方法を導き出す、など

会話から「意味のある答えを探すこと」が目的です。

 

一方で女性は

とにかく話を聞いてほしい

気持ちを理解してほしいと

「共感してもらうこと」が目的です。

 

 

つまり、男性の会話が少ないのは

「意味のある情報」を受け取る手段であって

基本的にそれ以外の会話は必要ないという考えで

 

女性は内容や結論は重要ではなく

会話をしているという行為や

その時の感情に意味を持ちます。

 

 

 

ケンカの原因

 

続いては

会話脳の違いから起こる

王道?なケンカのパターンを

紹介します。

 

 

とある男女の会話シチュエーション

 

 

女性は愚痴や不満を聞いてほしくて

男性に話をしています。

 

男性は真剣に話を聞きながら冷静に

「それは〇〇だからだよ」と

アドバイスを間に挟みます。

 

すると女性の方は

「そういうことじゃない、もういい」

と不機嫌そうに話を切ってしまいます。

 

その反応を見て男性は

「何だよ話を聞いてやったのに」と

不快感を露わにして

険悪なムードになってしまいました。

 

 

 

女性が不快になってしまった

ポイントが分かりましたか?

 

上記の場所でいうと

◆「それは〇〇だからだよ」と

アドバイスを間に挟みます。

 

男性からすると親切な行為じゃんと思う行動

ですが、これは所謂おせっかいで

女性はアドバイスも解決策もいらなくて

話を最後まで聞いて

大変だったことを理解してほしかった

ということです。

 

 

説明してしまえば簡単なことですが

これがいざその状況になると難しいんですよね。

 

 

 

感情の連鎖

f:id:fc090031:20190125151130j:plain

女性は「感情」に敏感なので

記憶の構造も「感情」を基に派生して

様々な「出来事」が記憶されています。

 

ケンカになった時に

不快な感情の記憶から

過去の出来事が思い出されて

 

「あの時もそうだった」と

話が大きくなってしまうのも

脳の構造的には普通のことなのです。

 

 

 

 

行動の違い

性別が異なるだけで行動の仕方は

面白いほど明確に分かれます。

異性からすると不思議に思えてしまう行動

など例を挙げて紹介します。

 

 

 

悩んでいる時

 

【男性】

自分の中で考えを整理したいと思うため

一人になろうとする傾向があります。

声は掛けないでそっとしておく方が良いです。

 

【女性】

気遣ってほしいと思うので

相談に乗ったり、優しくされることを望んでいます。

 

 

 

同時に行動

 

【男性】

基本的に1点集中のタイプなので

並行しての他の作業は苦手です。

作業中に話を掛けられても返事がないのは

無視ではなく脳が認識せずに聞こえていないのです。

 

【女性】

女性は脳の構造的に

同時作業には長けています。

テレビを観ながら、スマホで連絡とりながら

食事しながら、会話しながら……

なんてことができるはず。

 

 

 

会話中の目線

 

【男性】

話すときは目を見て

聞くときは違う方向を見みて

会話の内容に集中します。

 

【女性】

話すときは違う方向を見て

聞くときは目線を合わせます。

 

「会話中は相手を見ろ」という指示では

食い違いが起こりそうなので注意が必要ですね。

 

 

 

肉体関係

 

【男性】

特に愛情がなくてもできます。

性欲が解消されればそれで満足します。

肉体関係の浮気を許せなく思います。

 

【女性】

愛情表現として使う手段です。

基本的に好意がない人とは寝ません。

他の女性を好意的に思っているような浮気が

許せなくなります。

 

 

 

許容範囲

 

【男性】

相手の気に入らない部分があっても

3回許してしまえば

その後もずっと許し続けられます。

 

【女性】

不満は蓄積していく脳の構造なので

100回許せていた行為が

101回目に限界に達したら

突然の拒絶反応を起こします。

 

今後一切の関係を断ち切る

大問題になる可能性もあり得ます。

 

 

 

 

いかがでしたか。

自身に思い当たることがあったと思います。

男女という性別の違いだけで

これだけの考え方に差がでるのは驚きですね。

 

今回紹介したのは

傾向や特徴を表したものなので

 

男女それぞれの考え方が

必ず紹介した通りだとは限りません。

ご了承ください。

 

今回参考にさせていただきました

ありがとうございました

 

 

【男女脳】の違い。なぜここまですれ違うのか。 – Sales Technology Lab

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また次回もご覧になってください。