北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

苦しいことも沢山ある人生の中で感じる疑問などを発信しています。ブログテーマは『1.人間関係など心理的悩み』『2.帯広のグルメや観光情報』『3.健康関連』などを書いています。

初対面との人間関係作りに失敗する人の特徴

豆腐メンタルのとふめんです。

 

 

寒さも忘れるほど環境の変化があって忙しい春の季節。

 

この季節は新しい環境や人間関係がスタートする人も多いと思います。

 

春は何かを始めるきっかけにしやすい季節なので目標に向けて意気込むこともあると思います。

 

良い新生活を送るためには、その環境での人間関係も重要になってきます。

さらにいえば、その人のイメージを固めてしまう第一印象をどうアピールするのかが勝負になってきます。

 

 

大袈裟に言ってしまえば最初の進み方次第で、仲間を良い仲間と一緒に頑張っていける充実した勝ち組生活か、接しにくい人だと思われて仲間のいないぼっち生活かが確定してしまいます。

 

 

ユーミンの「春よ、来い」を孤独な部屋でヘビロテするようなことにはなりたくないものです。

今まで寂しい生活を送ってきた人は、人間関係づくりでコミュニケーションの取り方を間違えていたのかもしれません。

 

新生活の好スタートを切るには、やはり好印象を与えるテクニックを覚えておいて損はないです。

それは難しい方法ではなく、特別面白い事も言わなくて良いし、グループに入るために必死に話題についていく必要もありません。

 

今回は、新生活での人間関係づくりで失敗しないための会話術やコミュニケーションのコツを紹介していきます。

 

 

 

 

 

コミュ力の高い人は惹きつける仕草が出来ている

 

f:id:fc090031:20190324131518j:plain

会話は自分がどういう人かを理解してもらうための手段です。会話が与える印象はとても大きく、苦手だとしても外せない部分です。

なので会話スキルを向上させることが出来れば、初対面でも人を惹き付けられる強い武器になります。

 

 

新しい人間関係を作る上で人を惹き付けるということは、「この人と付き合うと面白いかも」と思わせることです。

コミュニケーション力が高い人や仲間が多い人は、自分に注目させる方法や人を惹き付けるテクニックが自然と出来ています。

 

しかしこれを意識的に行って「自分の良さをアピールしよう、お前の心を惹きつけてやろう」という感情が他人に伝わってしまうと、印象は悪くなってしまいます。

 

 

 

人との相性を感覚的に察知できる

 

実は人の観察眼はとても優れているので、本能的に「こいつはわざとやっているな」という行動を察知する力があります。

そして「気の合いそうな人」「気の合わなさそうな人」の判断も感覚的に出来てしまいます。

 

会話中にも同じように観察されているもので、会話の内容よりも、話し方や仕草が印象に残ることがあります。

 

つまりは、ちょっとした仕草ののひとつひとつを意識することが相手を惹き付けるポイントとなっていきます。

コミュニケーションに悩んでいる人は、仕草の中にどんな失敗があるのかを紹介していきます。

 

 

 

1.会話のテンポが合わない

f:id:fc090031:20190324130410j:plain

 

会話のテンポには人それぞれに合ったテンポが存在します。

会話のテンポが遅い人と速い人がお互いに自分のテンポで話してしまうと間の悪さを感じて、不快感が起こります。

 

特に、会話のタイミングが被ってしまったり、自分が話そうとしたときに先に話されてしまったりすると妙な気まずさが生まれることになります。

会話のテンポが合わない人とは、話しづらくて面倒くさくなってしまうこともあるので

なかなか距離が縮まらない原因にもなりえます。

 

 

改善策

話始める人をよく観察すると分かりますが、話す前に小さく息を吸い込んでいます。

息を吸い込んだ時は「私が話すよ」というサインです。

 

このタイミングを邪魔しなければ会話のスピードに多少の差はあっても話しづらいと思われることは減ります。

 

 

 

中には例外的に、会話が苦手な人や内気な人は自分の話を始めることにためらうこともあります。

 

そんな人は息をすうっと吸い込んで何か話始めるのかと思いきや 

「…………ふう」とそのまま言葉が出ずに不発に終わる人もいます。

 

何か話したいけど言葉が出てこない人には、こちらから話を振ってあげるとポイントが上がるかもしれません。

 

それか「しゃべらんのかい」とでも突っ込みを入れましょう。きっと嫌われます。

 

 

 

 

2.会話の展開が突然すぎる/YESのメンタルセット

「YESのメンタルセット」とは、交渉の技法としても使われる方法です。

答えやすい簡単な質問を続けて「そうですね」「本当ですね」のような

肯定的な返事をくれるような会話を繰り返すと、肯定の流れで本題のお願いや頼みも呑んでくれやすくなるという心理です。

 

お願いを聞いて欲しい時に、流れを無視した唐突な話題の振り方をしていると「なんだこいつ」と思われるかもしれません。

タイミングや流れは感情に影響を与えやすいので結構重要です。

文脈を意識した会話を出来るようにしましょう。

 

 

とある一コマ

A子「これ新商品の味?」

B男「そうだね」

A子「おいしい?」

B男「うん、うまいよ」

A子「これ〇〇で買ったんでしょ」

B男「お、そうだよ」

A子「私も欲しいから付き合ってよ」

B男「いいよ」

 

文脈を意識した「YESのメンタルセット」でB男君を誘うことに成功しました。

 

 

 

 

3.断られる質問の仕方をしてしまっている

質問 断られる

同じ内容の質問でも、聞き方や選択肢の与え方を変えるだけで相手の答えも変わってくることがあります。

なので相手を惹きつけることが上手い人は質問の仕方も上手く、相手を無意識のまま誘導させている人もいます。

 

 

相手との距離が縮まっていない時にYESかNOで答えられる質問をすると「NO」と逃げらやすいです。

 

選択肢を与えているフリして「YES」の選択しかないような聞き方に変えると、否定の選択肢がなく、違和感なく受け入れてくれる確率が上がります。

 

《断られやすい質問の仕方》

A子「今日、家来てご飯食べない?」

B男「いや、今日はいいや」

 

 

《良い質問の仕方》

A子「ご飯にする?お風呂にする?それともわ・た・し?」

B男「……ご飯で」

 

どうしても距離を縮めたい人を見つけたら質問の仕方に意識して積極的に誘ってみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

4.NG話題の地雷を踏んでしまう

f:id:fc090031:20190324130935j:plain

初対面だと、話題探しに苦戦することが多いです。

すると、気づかぬうちに失礼なことを聞いてしまった。なんて失敗もあり得ます。

 

こんな地雷を踏んでしまう原因は「〇〇だろう」という憶測を入れながら話を進めた場合に起こりやすくなります。

 

 

憶測の会話は失礼になってしまうことがあります。

なので憶測や偏見は持たず、今見えているものについての話をすることで地雷を踏む失敗は減ります。

 

人の外見には様々な個性が表れます。

外見の分かりやすい特徴から触れて情報を集めていくことが、失礼な失敗を起こすことなく距離を縮められる方法です。

 

ファッションや容姿のような外見の特徴は、他人にアピールしたい面でもあります。

その外見を褒めることで、相手も自分に対してポジティブな印象を持ってくれる傾向にあります。

 

 

 

内面を先に褒めてはいけない

相手の長所だと思う部分をただ褒めれば喜んでもらえるという単純な話ではありません。

コミュニケーションを取っていくには順序を踏んでいく必要があります。

その順番の注意点としてやってはいけないことが「外見よりも先に内面を褒めること」です。

 

 

まだ会って数日の関係も親しくない何も知らない相手に「本当は繊細で優しいところあるよね」など言われたら、「お前に何がわかるの。」と感じますし気持ち悪いですよね。

警戒されて距離を置かれるでしょう。

 

 

まずは仲良くなりたいなら外見を褒めて、関係性が出来上がってから内面の特徴に触れるようにした方が失敗は起こりにくいです。

 

 

 

イメージとはあえて真逆な点に触れてみる

内面は、他人には見せたくない感情や素顔が沢山隠れていて、誰でも二面性という外面とは裏の顔が存在するものです。

 

そこで、外見とはあえて逆のイメージの特徴だと触れてみると

「自分のことをよく見てくれている人」という印象を持たれて、信頼度や関係性が深まる可能性もあります。

 

 

 

 

初対面で失敗をしないためのまとめ

会話においてちょっとした仕草や心理の特徴を理解しておくだけで、うまくいかなかった初対面でのコミュニケーションや第一印象作りへの対策になり、苦手意識も減っていくかもしれません。

 

 

新しい人間関係作りで失敗をしないためのポイント

話題や面白さよりも会話の工程や仕草

息を吸い込んだ時は話始める合図

肯定的な返事をくれる質問を繰りかえす

「YES」を選ばせる質問をする

内面をいきなり褒めてはいけない

外見とは真逆な印象を伝えてみる

 

紹介した会話例は適当で参考になりませんが

役立つポイントは所々ににあるので実践してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

参考にさせていただきました

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーション関連記事はこちら

 

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ありがとうございました