北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

苦しいことも沢山ある人生の中で感じる疑問などを発信しています。ブログテーマは『1.人間関係など心理的悩み』『2.帯広のグルメや観光情報』『3.健康関連』などを書いています。

穴場「ぶた屋」職人の味!かみこみ豚使用の特上豚丼【帯広豚丼シリーズ12】

今回紹介する豚丼屋は、西帯広にある「ぶたどん処 ぶた屋」です。

 

ぶた屋の特徴は豚丼と旭川らーめんとの融合店、美味い豚丼もラーメンも食べたい方におすすめの店です。使用する豚肉は十勝産にこだわり、特上豚丼は最高に柔らかいブランド豚「かみこみ豚」を使用しています。

観光で帯広に来る方にはあまり知られていない店かもしれませんが、職人が時間を掛けて焼き上げる豚丼はもちろん美味く、穴場的豚丼屋です。

 

今回は「ぶたどん処 ぶた屋」の特徴と魅力について紹介していきます。

 

この記事を読んでもらいたい人

帯広の有名豚丼屋に入れなかった


豚丼とラーメンが食べたい


かみこみ豚を使用した豚丼が食べたい


甘ダレの豚丼が食べたい


行ったことのない豚丼屋を発掘したい

 

 

 

 

 

帯広豚丼と旭川ラーメンの融合店「ぶた屋」

レストラン ひまわり

豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)

 

「ぶたどん処 ぶた屋」は西帯広にある豚丼店です。2011年に創業した帯広の中では新しめの店です。この店の最大の特徴は売りが豚丼だけではないというところ。


ぶた屋では旭川ラーメンも食べることのできる、「帯広豚丼」と「旭川ラーメン」の融合店なのです。もはや豚丼なのかラーメンなのか、帯広なのか旭川なのかいろいろごちゃごちゃしている感もありますが、要するに美味い豚丼と美味いラーメンが食べられる店です。 

 

ちなみに旭川ラーメンの特徴はこちら

スープの特徴

スープは魚介類と、豚骨・鶏ガラ・野菜でだしをとったWスープ

ラード

スープにラードを入れることが旭川ラーメンの特徴の一つとして挙げられ、スープの上層に多めの油が浮いているものが多い。

バリエーション

味噌ラーメンも人気が高い。辛味噌ラーメンを提供している店舗も多数存在する。

麺の特徴

旭川ラーメンの麺の特徴を一言で言えば低加水縮れ中細麺である。加水率が低い縮れ麺は食感が硬めで歯切れが良く、小麦粉の香りが残り、茹であげた後でもスープを吸収しやすく麺に絡みやすい特徴がある。

 

引用 wikipedia 旭川ラーメン

ウィキペディア先生の言う通り、旭川ラーメンは辛味噌率も高く、ぶた屋の人気ラーメンは「ピリ辛味噌」のようです。

 

 

 

 

コロナ期間中の営業時間について

ぶた屋の店舗アクセス情報や営業時間について紹介します。

コロナ対策ということで当分は営業時間を短縮して続けているようなのでご注意ください。

 

 

 

店舗情報

住所:帯広市西23条南1丁目21

   

付近の施設:帯広西郵便局、帯広第二中学校

定休日:月曜日(祝日は営業)

 

営業時間   11:00~19:30

コロナ期間中 11:00~15:00

 

座席:33席

駐車場:15台    

 

営業時間の詳細はぶた屋公式ページにて確認してください。
午後15時はなかなか延長営業な気がします。笑

ぶた屋 営業時間のお知らせ

引用 ぶたどん処 ぶた屋 FC2ホームページ

 

ぶたどん処 ぶた屋 帯広豚丼専門店"特上豚丼・ロース豚丼・バラ豚丼・十勝・帯広"

 

 ちなみにぶた屋のすぐ近くにあるジンギスカンの店「有楽町」も地元人気の高い名店です。

 

www.tohumen.com

 

 

ぶた屋のこだわり「十勝産豚肉」

ぶた屋 こだわり 調理

※画像はイメージです

ぶた屋のこだわりは豚肉です。豚丼に使用する肉は全て十勝産にこだわった新鮮な肉を使用しているそうです。さらにオーナーおすすめでもある「特上豚丼」は100頭に3頭しか採れないといわれる貴重なブランド豚「かみこみ豚」を使用しています。質が高くて柔らかい食感の豚丼が味わえます。



さらに職人の腕でしっかり焼き上げるために、炭焼きじゃないのに香ばしい豚丼が作られます。注文してから20分程かかることもあり、少し長いと感じるかもしれませんが、丁寧に調理しているからこその理由のようです。

 

一度にたくさん焼ける大型コンロを設置。強火の遠火で、遠赤外線効果を利用した網焼きの豚丼。とろみのあるたれをはけで塗り込み、炭火焼きと同じような香りと食感に仕上げる。

引用 BUTADON.com ぶたどん処 ぶた屋

 

さらにさらに、ぶた屋の特徴はごはんの量が多いところ。「ライス大盛り無料」のクーポンもあるようで、ガッツリ食べたい人に嬉しい店です。 

 

 

 

メニュー一覧とおすすめ豚丼

ラーメン豚丼セット ぶた屋

他の豚丼屋と差別化できるぶた屋の売りは、やはりラーメンがあるところです。豚丼とラーメンセットの他にもそばやうどんセットメニューもあるので麺好きにはおすすめの店かもしれません。

 

◆メニュー紹介◆
ロース  750円
バラ  750円
特上豚丼 ロース  930円
特上豚丼 バラ  930円
肉大盛り  270円
ライス大盛り  150円
両方大盛り(特上豚丼のみ?) 1280円
ラーメン(味噌・ピリ辛味噌・醤油)  680円
ラーメン(塩)  650円
麺大盛り   50円
ライス  180円
◆セットメニュー◆  
特上豚丼+ ラーメン 1300円
小豚丼 + ラーメン  950円
そばセット(温・冷)麺大盛り無料 +300円
うどんセット(温・冷)麺大盛り無料 +300円
小豚丼 + 小そばセット  750円
特上小豚丼+小そばセット  930円
テイクアウト用 容器代  +70円

 

ラーメン融合という店だけあって豚丼屋にしてはメニューが豊富です。
おすすめは「特上豚丼+ラーメンセット」ですね。
「特上小豚丼+小そばセット」などの小サイズもあるので小食な人も安心です。

 

▼味噌汁付きで750円は安い!嬉しい低価格

ちなみにぶた屋の豚丼は750円、特上豚丼でも930円は帯広の豚丼専門店の中でもかなり安い分類に入ると思います。(しかも味噌汁付き)

平均的な豚丼屋だと普通サイズの豚丼で1000円前後しますので安い豚丼屋を探している人にもぶた屋はおすすめです。

 

 

▼お得なライス無料のクーポン券がもらえる?

ぶた屋の公式ホームページに入ると下段くらいに「ライス大盛り無料、人数分OK」という画像が。これはホームページの画像を見せるだけで良いのでしょうか。人数分無料は結構お得感ありますよね。

QRコードがあるのでここからぶた屋のページに飛ぶことができます。

QRコード

引用 ぶた屋 FC2ブログ

 

 

 

まとめ 他店に負けない穴場的スポット

以上、帯広豚丼と旭川ラーメンが食べられる「ぶたどん処 ぶた屋」を紹介しました。

豚丼とラーメンが同時に楽しめる珍しい豚丼屋、しかし「かみこみ豚」を使用した特上豚丼もあって質も高い穴場的な豚丼屋です。

 

観光で来た時には「ぱんちょう」や「とん田」が候補に挙がるとは思いますが、何かの理由で目的の店へ入れなかったなんてこともあり得ます。そんな時の候補として、「ぶたどん処 ぶた屋」を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

こちらから帯広の豚丼屋を探せます

www.tohumen.com

 

もうひとつの穴場店

www.tohumen.com

 

 

かみこみ豚を使用した「かしわ」

www.tohumen.com

 

 

 

行ってみたいけど行けない、そんなときは
北海道お取り寄せグルメで北海道を美味しいものを探してみてください。海鮮、帯広豚丼、スイーツから野菜フルーツまで盛りだくさんです。

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

 

ありがとうございました。