北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

今、苦しいのは、幸せに生きたいと悩んでいるから。ストレスに潰されない考え方や心の癒し方を紹介しています。

MENU

【帯広とんび】愛想の良い店員さんがいる隠れ家豚丼屋。口コミも紹介【豚丼ブログ7】

今回は自宅を改装して営業しているという豚丼屋「とんび」に行ってきました。


まるで家に帰ってきたかのようなアットホーム感がすごい、落ち着く雰囲気の豚丼屋です。

そして小さい店ながらも豚丼の味も他に負けない美味さを誇る、隠れ家的名店でした。

 

今回は、帯広「とんび」の豚丼を紹介していきます。



◆この記事を読んでもらいたい人◆ 帯広豚丼が食べたい

隠れた名店を見つけたい

アットホームな店内の雰囲気が好き

本格的な豚丼が食べたい



 

 

帯広の隠れ家的豚丼屋「とんび」

とんび 家

豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)

 

帯広の豚丼屋「とんび」は2017年頃に開店したばかりの割と新しい豚丼屋さんです。

駅から南方向へ進んだ住宅街の中で営業している豚丼屋さんです。

 

 

なぜそんな住宅街の目立たないところにあるのかというと、元々「とんび」はオーナーが普通に暮らしていた一軒家だったからだそうです。

普段は2階で暮らしていて自宅の一階部分を改装して店にしたようです。

 

店の外観も内観も驚くほど「家」です。アットホームな雰囲気が好きな方にはおすすめの豚丼屋です。




 

一軒家のような外観とアットホームな店内

とんび 店内

住宅街の中に立っている豚丼の旗が目印です。

駐車スペースは家の前店の前の敷地です。停められるのは3台か4台程です。

 

 

一軒家の敷地ですからね。

 

 

建物に向かうと家の壁店の壁に表札より一回り大きいくらいの控えめな「とんび」の看板。

隠れ家的な雰囲気も醸し出ています。

 

店と言えばなんとなく引き戸の玄関のイメージがありますが「とんび」の玄関は片袖ドア。
まさに一軒家によくある形のドアです。開く前にチャイムを探してしまいそうになります。

 

「ガチャ」と中へ入るとさらに驚きました。

靴はしっかりと玄関で脱ぎ、靴箱へ入れます。

 

そして裸足で店内へ入ります。

家ですからね。

 

 

ただいまー。って言ってしまいそうです

 

 

 

廊下スペースは明るい木目のフローリング、玄関から正面方向には従業員スペースのドアがありました。

家として考えるならあそこはおそらく洗面所じゃないかと思います。。。

 

そして普段は上で暮らしていると思われる2階へ繋がる階段。

もちろん従業員スペースなのでカーテンが掛かっています。


 

いちいち感心しながらフロアへ進むとリビングと和室そのまんまです。

テーブルは和室に2つ、リビングに3つ、満席でも15名程じゃないかと思います。

 

tonnbi

 

ダイニングスペースはブラインドが掛かっていて見えないようになっていましたが、店になるまで普通に使われていたであろう家庭用の冷蔵庫がチラ見えしていました。


 

お子さんが描いたと思われる絵が飾られており、何から何までアットホームです。

まるで親戚の家にお邪魔した感覚です。



 

「とんび」の店舗情報

住所


帯広市西1条南24丁目

 

営業時間:昼 11:00~14:30

     夜 17:30~20:00


※コロナ対策の影響により営業時間が変更になっている可能性があります。詳細は直接店舗にご確認ください。

 

定休日:水曜日 

 

座席:約15席

4人掛け 3つ

2人掛け 2つ

 

駐車場:3、4台

 




 

とんびのメニュー紹介

 

とんびのメニュー表です。

とんび メニュー表

とんび メニュー表

 

豚丼はロース、バラ、ミックスから選べます。

豚丼の定番はロース。脂身多めが好きな方はバラ、どちらも楽しみたい方はミックスというところですね。

 

トッピングメニューがあり、「バター」「温泉卵」「チーズ」「キャベツ」「キムチ」から選べます。

 

帯広の豚丼はあまりトッピングするイメージがないのでトッピングの種類が豊富なのは他と違ったとんびにしかない特徴だと思います。

豚丼にバターはなかなか聞いたことないので新しいですね。

 

おつまみ系メニュー とんび

おつまみ系メニュー

「とんび巻」というご飯を豚肉で巻いた豚丼棒のようなメニューもありました。

お祭りの出店のメニューのような一品です。


そして恐らく十勝のじゃがいもを使用しているであろう「じゃがバター」も間違いないですね。

どちらもビールのつまみに相性が良さそうです。

 

 

酒飲まないけど

 

 

とんびメニュー紹介

メニュー 価格
◆豚丼・豚皿◆  
中豚(豚丼)  880円
子豚  750円
大豚 1100円
超大豚 1500円
ごはん  150円
ごはん大盛り  200円
◆トッピング◆  850円
バター   50円
温泉卵   50円
チーズ  100円
キャベツ  100円
キムチ  100円
◆味噌汁◆  160円
なめこ  100円
わかめ  100円
とんび巻  300円
じゃがバター  300円

 

 

とんび 豚丼

豚丼(ミックス)となめこの味噌汁

 

豚丼が来ました!

 

今回頼んだのは豚丼(ミックス)なめこの味噌汁です。

(トッピングはなし。次回は頼んでみたい)

 

濃いめの黒いタレの絡んだこういう豚丼が帯広らしくて良いですね。


タレの色のわりに味付けは濃くもくどくもなく、ペロッといけちゃうんです。

香ばしい豚肉がとてもいい匂いがします。

 

ちょこんと載ったかいわれがまた見栄えを良くしています。

 

 

そして熱々のなめこの味噌汁が最高です。

なめこの味噌汁大好きなんですよ。分かってくれますかこの気持ち

 

 

豚丼に味噌汁は絶対付けた方が美味い

 

 

 

温かいお茶もセルフで置いてあります。

時間帯的に人が少なかったせいか奥さんが注いで持ってきてくれました。

夫婦2人で営業しているようですが二人ともニコニコで優しそうな方でした。



 

とんびのテイクアウト

食事をしていると奥さんが豚丼を数個詰めた袋を片手に出ていきました。

 

テイクアウトも行っているようです。(容器代として+50円)

ご時世的にテイクアウトの注文の方が多いのかもしれません。



 

とんびの口コミ・評判

いっぴん 口コミ

とんびへ実際行かれた方の感想が気になる。という方もいると思います。

とんびの口コミについて紹介します。

 

今回は食べログの口コミを参考にしています。



悪い口コミ・評判

 

焼きすぎじゃないですか?? 香ばしいを通り越して焦げ臭いんですけど 肉は薄っぺらいですね 肉質は感心しません

引用 炭火焼豚丼 とんび  [食べログ]の口コミ

 

焦げ色くらい濃いめの豚丼も帯広豚丼の特徴で、力作業する方の舌に合わせられた昔風の帯広豚丼です。
味付けは濃いめなので好みは分かれるかもしれません。

肉は薄切りなのでこちらも好みが分かれそうです。


 

良い口コミ・評判

 

めちゃくちゃ愛想いいご夫婦 二人ともって言うのはなかなかない感じ

引用 炭火焼豚丼 とんび  [食べログ]の口コミ

 

豚丼ミックス 大豚を頼みました。 あ、肉薄いんだーと思いましたが 沢山入っているのて、逆にアリかも! タレも美味しい。 オプションの味噌汁は、なめこを選択。 味噌汁かオプションになってるお店は、味噌汁が美味い!と思っているので頼むと正解!

引用 炭火焼豚丼 とんび  [食べログ]の口コミ

 

絹豆腐となめこの美味しさ満点! 久しぶりに味噌汁美味いと思ったわ‼️

引用 炭火焼豚丼 とんび  [食べログ]の口コミ

 

私が訪れた時も感じましたが、店の主人が良い人オーラで溢れています。

 

良い口コミまとめ

◆店主の愛想が良い

◆薄切り肉が沢山入っている

◆味噌汁がうまい






 

帯広で穴場的豚丼屋を探すなら

 

個人的な感想で言うと、とんびの豚丼はかなり美味しかったです。好きな味でした。

「鶴橋」らしさもある濃いめのタレが美味しいです。

 

www.tohumen.com

 

正直、家で経営している豚丼屋さんなのでどうなのかなと始めは不安でしたが文句なく美味しかったです。

実際にグーグルマップに載っている評価も高いです。

 

とんびは隠れ家的な店なので、「ぱんちょう」「とん田」のような数時間ならぶ行列になることはないと思われます。


待ちたくないという方は「とんび」がおすすめです。

 

 

 

帯広で豚丼を食べるなら是非、「とんび」も候補に入れてみてはいかがでしょうか。



 

 

 

帯広グルメ関連記事はこちら

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました