北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

とふめんブログ 「苦しい」は、楽しく生きるを考えている証拠。テーマ『1.生き方・自己分析』『2.メンタルケアと癒し』『3.帯広』

MENU

犬に安全な観葉植物の品種【癒しグッズ】

ストレス解消やリラックスになる様々な癒しグッズがあります。

 

食事や睡眠、お酒や娯楽、ペットなどが癒しに繋がる定番ですが、「観葉植物」もまた癒し効果のあるアイテムの1つです。

 

観葉植物は、空気を綺麗にする作用があったり、デスクワークで疲れた目を癒してくれる役割があったりと、部屋に置いておくだけでリラックス効果に繋がるメリットがあります。

 

しかし、犬などのペットを飼っている場合、インテリアとして観葉植物を置いておくには注意が必要です。

観葉植物の中には犬や猫にとって有毒な成分を含んでいる種類もあります。

 

ペットが部屋をうろうろしている時に、植物にいたずらしたり齧ったりすることも考えられます。もしその観葉植物が動物にとって有毒だった場合、最悪死の危険性もあります。

 

ペットを飼っていて観葉植物を置きたい場合、予想外の事故が起こる可能性があるので、ペットにとって安全な植物、危険な植物を知っておく必要があります。

 

そこで今回は、観葉植物を部屋に置く時の注意点、犬にとって有毒な植物と犬に安全な観葉植物の種類を紹介していきます。

 

◆この記事を読んでもらいたい人◆ 癒しグッズが欲しい

観葉植物を部屋に置きたい

視覚的にリラックスできる癒しグッズ・インテリアが欲しい

犬を飼っている

犬に安全な観葉植物を知りたい

犬に有毒な植物を知りたい

育てやすい観葉植物を知りたい

 

 



観葉植物を置くメリット

観葉植物 癒し
豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)

 

癒しグッズにもいろいろありますが、観葉植物も言ってしまえば癒しグッズです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、部屋の中に植物を置くメリットは色々あり、癒しやリラックスに繋がる効果が大きいです。


家で育てられる観葉植物には種類が沢山あります。見た目もいろいろなので好みな種類がきっと見つかりますし、水やりや温度管理が簡単な初心者向けの種類など、育てやすさで探すことも出来ます。

 

 

他の癒しグッズについて探している方はこちらもどうぞ

www.tohumen.com

 

植物や緑の物は人をリラックスさせると言われています。観葉植物を家に置くことで具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

 

観葉植物を部屋に置くメリット

◆リラックス効果

◆空気清浄

◆インテリア

◆目を癒す

 

1.リラックス効果

リラックス効果 植物

植物にはリラックス効果やストレス軽減に繋がると言われています。
その理由は植物から発生する「フィトンチッド」という物質です。

フィトンチッドは「森の香り」と呼ばれることもあり、この物質が自律神経を穏やかにしてリラックス効果を発揮します。森林浴によって癒されるのもフィトンチッドが沢山発生しているからです。

 

www.tohumen.com

 

 

2.空気清浄

観葉植物には空気清浄作用があるとも考えられています。

植物の葉が空気中の有害物質を吸収することをNASAの研究チームが発表しています。取り込まれた有害物質は土の中で有用微生物に分解されて無害化します。

※空気清浄機くらいの効果を出させるには部屋を埋めるくらい大量の植物が必要という説もあります。

 

空気清浄だけではなく、植物の光合成により二酸化炭素を吸収して酸素を増加させる働きもあります。
大きい観葉植物や葉の多い植物を置いておくと湿度調節の作用も補うことができます。

 

 

3.インテリア

インテリア 植物

観葉植物はインテリアとしてもお洒落です。部屋に緑があるだけで殺風景な印象を変えるなど、落ち着いた雰囲気の印象を与えることができます。

 

 

4.緑が目を癒す

緑 目に優しい

緑色は人にとって優しい色で、様々な視覚効果があると言われています。例えば目に優しい色なので疲れ目を軽減させたり、安心感リラックス効果をもたらす色でもあります。

パソコンやスマホの使い過ぎなどで頭や目が疲れやすいという方は、観葉植物を置いておくだけで目の癒しにもなります。

 

 

おすすめの選び方は「自分の生活スタイルに合わせる」

選ぶ 植物

観葉植物といっても沢山の種類があるので、どれを選べばよいか迷ってしまうことがあるかもしれません。

見た目の印象で気に入ったものがあればそれが一番ですが、なかなか決められないという場合もあると思います。

そんなときは自分の生活スタイルに合うかどうかで探していくことがポイントです。

部屋の印象を変えたいならサイズにこだわる、水やりが面倒なら管理のしやすさ、風水や運気を気にする方なら置きたい場所などをイメージして考えていくと、自分に合った観葉植物が見つけやすくなります。

 

自分に合った観葉植物の探し方

◆管理のしやすさ

・水やりの頻度はどれくらいか
・乾燥に強い品種かどうか
・害虫のつきやすい品種かどうか 
・日陰でも生育できる品種なのか
・生育温度はどれくらいか
◆サイズ・配置で選ぶ

どこに置くかを考えるとサイズや形を絞りやすくなります。

・床置きの大型サイズ
・出窓や棚に向いた中型、小型サイズ
・吊るすタイプ
◆価格で選ぶ

・~1000円       小型

・1000円~10000円 中型・大型

・10000円~      大型
◆風水・運気で選ぶ

品種によって運気がアップすると言われているものもあります。

・金運
・仕事運
・恋愛運
ペットの有無で選ぶ

植物によっては動物に有害な物質を含む品種もあります。

いたずらしたり食べてしまうこともあるのでペット買っている方は安全性も考慮することをお勧めします。
 
 

 

 

観葉植物を部屋に置く時の注意点

観葉植物 デメリット

観葉植物を部屋に置くことによるデメリットというのはあまりないのですが、犬や猫などのペットを飼っている場合、そのペットと植物との相性の問題が出てきます。


例えば、部屋で放し飼いの犬や猫は観葉植物を見つけていたずらしたり食べてしまうことがあります。観葉植物には人にとって安全でも犬にとって有毒、猫にとって有毒、あるいは両方に有毒の植物があります。

 

植物によっては麻痺や痙攣、死の危険性もあるので知らなかったでは済まない問題になります。

 

観葉植物を部屋に置く時の注意点 

 ◆ペットとの相性が悪い品種は選ばない

 

 

犬に有毒な観葉植物

犬 有害

もしペットを飼っている場合は、ペットにとって有害性があるかどうかを確認して選ぶ必要があります。

犬にとって有害な成分を含む植物、猫にとって有害な成分を含む植物などがそれぞれあります。


置き場所に気を付けていたとしても何かのきっかけでいたずらしてしまうことも考えられるのでペットとの相性は確認しておくことをおすすめします。

 

庭の花壇や野菜、散歩中に咲いている花を誤って食べてしまうこともあります。皮膚に触れたり口の中へ入れてしまったときに、植物によって様々な症状が表れる可能性があります。


 

犬に有害な植物・花

◆ユリ
・腎臓障害


◆チューリップ
・痙攣、胃腸炎


◆スズラン
・下痢、嘔吐、昏睡、心不全


◆スイセン
・下痢、嘔吐、心不全


◆シクラメン
・胃腸炎

◆ヒガンバナ(彼岸花)
・下痢、嘔吐、麻痺


◆ベゴニア
・嘔吐、下痢、皮膚炎


◆ネギ類
・貧血、血尿、呼吸困難、痙攣など


◆キク
・皮膚炎、嘔吐、下痢、肝臓障害


◆アジサイ
・過呼吸、麻痺、痙攣


◆アロエ
・下痢


◆アサガオ
・下痢、嘔吐、血圧低下


◆カーネーション
・皮膚炎、胃腸障害

 

 

犬に有害な観葉植物の一例

◆ポトス
・皮膚炎、腫れ


◆ポインセチア
・皮膚炎、嘔吐、発熱


◆アイビー
・下痢、嘔吐、腹痛


◆ディフェンバキア
・皮膚炎


◆ドラセナマッサンゲアナ(幸福の木)
・嘔吐、下痢、麻痺


◆ヒイラギ
・嘔吐、胃痛


◆カラジウム
・口腔炎、嘔吐


◆スパティフィラム
・口腔炎、嘔吐


◆セラーム(セローム)
・呼吸困難、皮膚炎、嘔吐


◆モンステラ
・皮膚炎、腫れ



観葉植物を置こうと考えている方は、人気の観葉植物の中でも犬との相性が悪い植物があるということを覚えておいた方がよさそうです。




 

犬を飼っている人で観葉植物を置きたい人の対策

犬 観葉植物

お家で犬を飼っていてもインテリアや癒し目的で部屋に観葉植物を置きたいという方は多いと思います。

しかし、犬はいたずら心で葉っぱを齧ってしまうことがあります。

それがもし犬にとって有害な植物だったとしたらペットを危険にさらすことになってしまいます。

 

犬がいるけど観葉植物を置きたいという方はどのような対策をとればよいのでしょうか。


 

1.観葉植物のガードを作る

観葉植物の鉢を置いておくと、葉っぱではなく土をいたずらするワンちゃんもいます。

土を掘られたりするとワンちゃんも部屋も汚れてしまいますし、土の中には肥料や虫よけの薬が入っている場合もあるので誤食してしまうと危険にさらす可能性もあります。


そこで鉢に被せる蓋「プランツテーブル」がおすすめです。

鉢の大きさに合ったプランツテーブルを置くだけで土が隠れ、いたずらされる心配が減ります。

そして鉢自体がおしゃれなテーブルにも変わるので一石二鳥です。

葉や茎のガードにはならないので犬と相性の悪い植物は避けた方が良いです。

 

 

2.ついたてゲート

好奇心旺盛なワンちゃんだとどうしても観葉植物に近づいていたずらしてしまうこともあります。

そんな時は物理的に植物に近づけさせないようにする「ついたてゲート」で対策する方法もおすすめです。

 

観葉植物を柵(ケージ)で囲うことでワンちゃんが近づいても触れさせないように出来ます。

木製のケージを用意すればインテリアとして浮くこともなく部屋に馴染みます。

 





3.フェイクグリーンを置く

ペットがいるけどどうしても部屋に緑が欲しいという方はフェイクグリーン(造花)を置くことも一つの方法です。

フェイクグリーンであれば犬に有毒という心配もなく、プランツテーブルやついたてゲートよりも安全性は高いです。

しかし、花が咲いたり成長することはないので育てる楽しみは感じられません。

ワンちゃんの安全が第一で景観目的で良いならフェイクグリーンがおすすめです。

 





4.犬にとって無害な観葉植物を選ぶ

フェイクグリーンか犬に無害な観葉植物を選ぶことが安全性は高いと思われます。犬に無害な植物ならば、もし間違って誤食してしまっても体調を壊す心配も少ないです。

ついたてゲートやペット避け用のガードを作っても万が一ということもあるので、観葉植物を置く時はペットにとって安全な種類を選ぶことが大切ではないかと思います。


それでは犬にとって安全な観葉植物にはどのような種類があるのでしょうか。




 

犬に安全な観葉植物の品種

手癖 ハンドスピナー 直る

観葉植物として人気があったり定番の品種は、比較的管理が簡単で育てやすいという特徴があります。

 

犬に安全かつ、小まめな管理が苦手な方や初心者の方でも育てられる品種をいくつか紹介します。

 

 

◆定番おすすめ観葉植物◆ 1.サクララン

2.オリヅルラン

3.パキラ

4.ペペロミア

5.アレカヤシ

6.ガジュマル

7.シュロチク

 

 

1.サクララン

つる性の植物です。桜型の厚い花びらの花を咲かせるのが特徴的です。

直射日光が当たると葉焼けして色が薄くなることがあります。

 

 

 

2.オリヅルラン

長くまっすぐな葉が特徴的なユリ科の植物ですが、犬に安全な植物です。
空気清浄効果が高いと言われるので観葉植物として人気です。

比較的寒さに強いので育てやすい品種です。

 

 

 

3.パキラ

パキラは乾燥に強く害虫対策も少ない初心者の方でも管理しやすい観葉植物です。

日陰でも育ちやすい品種で乾燥にも強く、水やりは少ない方が良いです。

 

 

 

4.ペペロミア

コショウ科の植物と聞くと一見刺激がありそうですが、犬には無害な植物です。

小柄で肉厚な葉っぱの見た目が可愛くインテリア向きな観葉植物です。

 

 

 

 

5.アレカヤシ

濃い緑で細長い葉の形が特徴的なヤシ科のアレカヤシ。南国チックな見た目の観葉植物でインテリアとして人気です。

土が乾燥すると枯れやすいので小まめな水やりが必要な品種ですが、比較的育てやすくて人気があります。

ヤシ類は葉からの水分で湿度調節してくれる働きもあります。

 

 

6.ガジュマル

ガジュマルは熱帯などの温かい地域に分布する植物で比較的育てやすい観葉植物として人気です。

気根と呼ばれる太い根っこが特徴的です。

 

 

7.シュロチク

消臭効果があると言われるシュロチク。

縁起の良い植物として人気です。

 

 

以上、犬を飼っている方におすすめ、犬に安全な観葉植物や犬に有毒な植物の種類などについて紹介しました。


観葉植物はフィトンチッドによるリラックス効果や視覚的な癒し効果も期待できる癒しグッズですが、種類によっては動物に有毒な成分を含む植物もあるので選ぶ際には注意が必要です。

 

もし癒しグッズの中で観葉植物に興味を持った方は是非、参考にしてみて下さい。





参考

絶対に犬に食べさせてはいけない観葉植物は●●!少量の摂取で生死に関わることも・・・

HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap | 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【獣医師監修】犬にネギは危険!食べた時に起こる中毒症状と対処法は|いぬのきもちWEB MAGAZINE

 

 

癒し対策関連記事はこちら

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

 

観葉植物関連記事はこちら

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました