北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

今、苦しいのは、幸せに生きたいと悩んでいるから。ストレスに潰されない考え方や心の癒し方を紹介しています。

MENU

國學院大学文学部卒の宮田愛萌がブログで紹介した本は?【日向坂46】

2022年6月1日に7thシングル『僕なんか』が発売された日向坂46。

多才なメンバーが集まる日向坂には、相当な読書好きで本関係の仕事の多いメンバーもいます。

宮田愛萌さんは國學院大學文学部出身で古典に強く、大学では『万葉集』の研究をしていました。そんな宮田さんは、ブログやメッセージアプリでたくさんの本を紹介しています。

今回は、そんな日向坂46・宮田愛萌さんが2019年から2020年にかけてブログで紹介していた本をまとめてみました。

 

◆この記事を読んでもらいたい人◆ 読書が好き

本が好き

日向坂46が好き

おひさま

宮田愛萌がブログで紹介していた本を読みたい

読んだことのない本を読みたい

おすすめ本を知りたい

面白い本を知りたい






文学部出身・宮田愛萌が紹介する本

文学部 宮田愛萌

日向坂46イチの読書家、宮田愛萌(みやたまなも)さん

読書家、本好きはたくさん存在しますが、文学部出身で大学でも古典を研究していた宮田さんは本物です。

宮田さんはけやき坂時代からアイドルと両立して國學院大學文学部を卒業、ブログでは司書資格を取得したことも公言しています。


www.hinatazaka46.com



司書とは?

司書は都道府県や市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員 


引用 文部科学省「司書について」
https://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/shisyo/index.htm

司書の仕事とは簡単にいうと、図書館で働く資格のある人です。業務内容は利用者に本を紹介をしたり資料をまとめたりできる、本のスペシャリストです。




宮田愛萌さんはアイドル仕事の休憩時間も読書をして過ごすこともあるという多読家で、文学系雑誌の取材やエッセイなどの経験もあります。

バラエティ番組の司会やラジオパーソナリティー、サッカー関連番組、モデルなど、個々がそれぞれの得意ジャンル幅広く活躍もする日向坂ですが、宮田さんも文学系で独自の道を広げています。


そんな宮田さんは、公式ブログ内でも最近買った本や読んだ本、気になる本など、数多くの本を紹介しています。

この記事では、2019年7月から2020年2月頃に宮田さんがブログで紹介していた本を紹介していきます。

 

タイトル 著者名 出版社
巴里マカロンの謎 米澤穂信 東京創元社
春季限定いちごタルト事件 米澤穂信 東京創元社
昭和少女探偵團 彩藤アザミ 新潮社
珠玉 彩瀬まる 双葉社
青春の瓶詰め 小池美波 幻冬舎
紅のメリーポピンズ 高口里純 双葉社
これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~ 青木佑子 集英社
潜在意識 守屋茜 小学館
あのこは貴族 山内マリコ 集英社
春琴抄 谷崎潤一郎 新潮社





 

 

巴里マカロンの謎


2020年2月21日のブログで紹介。

米澤穂信さんの小市民シリーズ第4弾、シリーズ前作から11年ぶりの続編です。スイーツが鍵となるミステリー小説。物語でも前作から時間経過している設定なので本作品から読んでも楽しめます。

第1弾から読みたい場合は『春季限定いちごタルト事件』から。

 

◆あらすじ◆

小鳩くんと小佐内さんはお互いに利益のある互恵的関係、慎ましい小市民を目指す2人の前で不思議なことが起こる。新オープンした店で頼んだマカロンセットは3種類選べるはずがなぜか皿には4つのマカロン。11年ぶりの小市民シリーズ復活作。

 







春季限定いちごタルト事件


2020年2月21日のブログにて紹介。

米澤穂信さんの小市民シリーズ第1弾。コメディ要素もあって軽い気持ちで読めるミステリ小説。

◆あらすじ◆

小市民を目指す小鳩くんと小佐内さんは身の回りで起こる謎、消えるポシェット、意図不明の2枚の絵、割れたガラス、謎を解決していく度に名探偵として目立ってしまう平和なミステリ小説。

 

 




昭和少女探偵團


2019年10月21日のブログにて紹介。

昭和初期の女学園が舞台の物語なのでレトロな設定が好きな方に合いそうな作品。

 

◆あらすじ◆

昭和6年、花村茜たちの通う学園にある怪文書が届く。夢見がちな性格の茜は天才で変人の丸川環、才女・夏我目潮を誘い探偵團を結成する。女学園で起こった事件を解決するレトロな青春ミステリー。

 

 

 




珠玉


2019年10月15日のブログにて紹介。

ファンタジーと現実の間の曖昧な世界と例えた宮田さん。劣等感を抱く主人公の苦しい描写はありながらも自分を見つけていく成長の物語。

 

◆あらすじ◆

ファッションデザイナーの歩のブランドは地味で人気がなく、相方にも愛想を尽かされてしまう。歌姫だった祖母の存在もあって容姿にコンプレックスを抱える歩はひっそりと生きていく。そんな中、ハーフモデルのジョージと出会い、容姿に恵まれた彼を僻んでいた。ジョージが歩の仕事を手伝うようになるうちに、心に変化が表れてくる。

 

 




青春の瓶詰め


2019年10月6日のブログにて紹介。

欅坂46(現・櫻坂)小池美波さんのファースト写真集。日向坂の先輩グループに当たります。

 

◆あらすじ◆

欅坂46・小池美波の1st写真集。ロケ地は上海と近郊。一緒に旅している気分になれる1冊。



 

 

 

紅のメリーポピンズ


2019年8月27日のブログにて紹介。

イギリスでは国家資格もある重要な役職「ナニー」。教育知識が沢山出てきて子育てにも役立つ職業マンガです。

 

◆あらすじ◆

日本でいう乳母に近い「ナニー」が主人公の職業マンガ。数々のセレブを相手にしてきたスーパーナニー、英国ノーランドカレッジ出身の吏糸双葉が、躾、泣きわめくなどの様々な子供の問題を解決していく。

 

 




これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~

 

2019年8月24日のブログにて紹介。

社内のお金の内情を知ることのできる経理部。お仕事小説ながら恋愛要素も混ざったライトノベル。全9巻。

 

◆あらすじ◆

経理部・森若沙名子27歳は仕事も性格もきっちりこなす真面目な社員。彼氏はいない。同期に恋人が出来たことから狂いのない生活に迷いが生じ始める。ある日、営業部エースからたこ焼き代に4000円も支払った領収書が回ってきて社内の関係性が見え始める。

 

 






潜在意識


2019年7月22日のブログにて紹介。

宮田さんの推しでもある欅坂46・守屋茜さんの写真集。2022年に櫻坂46を卒業した守屋茜が欅坂時代に出した写真集です。

 

◆あらすじ◆

世界中のセレブが集まると言われるモナコや南仏ニースでロケを行った欅坂・守屋茜の1st写真集。

 

 

 

あのこは貴族


2019年7月15日のブログにて紹介。

描写がリアルで感情移入してしまう作品とのこと。門脇麦、水原希子主演で映画化もされた山内マリコさんの小説。

 

◆あらすじ◆

エスカレーター式に進学してきたお嬢様・華子と進学のために上京してきた美紀。しかし、両者とも大人になってそれぞれの失敗を経験。接点のなさそうな2人は、1人の男によって繋がる。結婚をめぐった葛藤が描かれるリアルな物語。

 





春琴抄


2019年7月6日のブログにて紹介。

2019年『新潮文庫の100冊』で紹介された耽美派・谷崎潤一郎の小説。

常人には理解できない愛や美しさを描いた作品なので宮田さん曰く「体力を使う小説」とのこと。夏休みに読むにはもってこいの小説らしいですが、意味がよく分かりませんでした。時間がある時に、という意味でしょうか......。

 

 

◆あらすじ◆

盲目で地唄の名手・春琴。丁稚奉公の佐助。関係性が深まっていく2人にある事件が起こる。被害にあったお琴を見て佐助はある感情が沸き起こる。マゾヒズムの異常さを美しく描く谷崎潤一郎作品。

 

 




 

文学部アイドルの読書ブログ

アイドル 読書

以上、日向坂46・宮田愛萌さんが2019年7月から2020年2月ごろにかけてブログで紹介されていた本を紹介しました。

普段からたくさんの読書をしている宮田さんはブログやメッセージアプリ、インスタグラムで様々な本を紹介しています。本の趣味は人によって違うのであまり読んだことないジャンルの本と出会えるきっかけになるかもしれません。

本のパッケージやタイトル、あらすじを見て興味が沸いた作品があれば、参考にしてみてはいかがでしょうか。


参考

宮田 愛萌 公式ブログ





関連記事はこちら

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました