北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

今、苦しいのは、幸せに生きたいと悩んでいるから。ストレスに潰されない考え方や心の癒し方を紹介しています。

MENU

読書家アイドル日向坂46・宮田愛萌の #まなもの本棚 【2020年春版】

日向坂46・宮田愛萌(みやたまなも)。趣味は読書。

自身のブログではアイドル活動の近況だけではなく、好きな本や読んだ本のおすすめを沢山紹介しています。日向坂46イチの文学キャラで小説執筆の経験もあります。

2022年からはインスタグラムも開設し、そちらでもハッシュタグ「#まなもの本棚」をつけてして本の紹介を行っています。

今回は、そんな日向坂46の宮田愛萌さんが2020年春頃のブログで紹介していた本をまとめました。

 

◆この記事を読んでもらいたい人◆ 読書が趣味

いろいろな本が読みたい

日向坂46が好き

宮田愛萌さんのおすすめ本を読んでみたい

宮田愛萌さんが過去にブログで紹介していた本を知りたい

読んだことのない本を読みたい

知らない小説を読みたい

面白そうな本を発掘したい






読書好きアイドルが紹介するおすすめ小説・エッセイ

読書 アイドル

ファンの間ではよく知られるかなりの読書家、日向坂46の宮田愛萌さん。

ブログやメッセージアプリなどのSNSでは本に関する話題も多く、様々な小説やエッセイ、マンガなどを幅広く紹介しています。


自分でオタクを名乗ってしまうほどの本好きで、物語や作家の好みだけではなく、ブックカバーや装丁の魅力も発信しています。

宮田さんは國學院大學文学部を卒業していて、大学では「万葉集」を研究していたという本格的な文学オタクです。ちなみに司書資格も取得しているようです。

www.hinatazaka46.com




2022年4月には個人のインスタグラム開設を発表し、インスタ内ではハッシュタグ「#まなもの本棚」を付けて本紹介記事を投稿しています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮田愛萌 Miyata Manamo(@manamomiyata_official)がシェアした投稿

 

 

宮田さんはブログ内で最近読んだ本や気になる本など、数多くの本を紹介しています。

その中から、2020年3月頃から2020年5月頃に宮田さんがブログで紹介していた本を紹介していきます。

他の本を紹介している記事はブログ下層部にあります。

 

 

タイトル 著者名 出版社
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー ブレイディみかこ 新潮社
クローゼット 千早茜 新潮社
いとしいたべもの 森下典子 文藝春秋
アンソロジー おやつ 阿川佐和子 PARCO出版
屍人荘の殺人 今村昌弘 東京創元社
蜜蜂と遠雷 恩田陸 幻冬舎
発現 阿部智里 NHK出版
日向坂46ストーリー 西中賢治 集英社
ジゼル 秋吉理香子 小学館
からまる 千早茜 KADOKAWA





 

 

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー


2020年5月8日のブログで紹介。

思考の大切さを学んだと紹介しているブレイディみかこさんの小説。貧富の差、人種差別を扱っている物語の中で、同じが学校の仲間との関係に心で考えさせられる一冊。

 

◆解説◆

ぼくが通う底辺の中学校には、人種差別の激しい移民の子やジェンダーに悩む子などが集まっている。いろいろな人がいるけど皆友だちで、ぼくと母は悩みながら毎日を過ごしていく。

 





クローゼット


2020年5月20日のブログにて紹介。

「読書文化普及目的で流行っている7日間ブックカバーチャレンジに乗っかって実践してみました」というブログの中で紹介されていた本です。ブログ内ではイラストとともに紹介されています。

「7日間ブックカバーチャレンジ」とは、内容には触れず、ブックカバーから本の魅力を伝えるというルールのようです。

参考

宮田 愛萌 公式ブログ

 

◆解説◆

服飾美術館で働く纏子は過去の事件がきっかけで男性恐怖症を抱える。デパート店員の芳は男なのに女性服が好きなことを他人に言われ、心に傷を持つ。デパート展示の場で2人が出会う。洋服と異なる心の傷を持つ共通点のある2人の物語。

 

 





いとしいたべもの

 

2020年5月21日のブログにて紹介。ブックカバーチャレンジ2日目のブログに登場。

森下典子さんの食べ物をテーマにしたエッセイ本でイラストも本人が担当しています。文春文庫のカバーは下が透けることがあるようだけど、それが良い味らしい。

 

◆あらすじ◆

森下典子さんのエッセイ集。食べ物や料理に惹かれる一瞬をイラストとともに紹介。共感を覚えるエピソードも交えた23品。笑えるし泣ける、味の記憶。

 

 

 

 

アンソロジー おやつ

2020年5月23日のブログにて紹介。ブックカバーチャレンジ4日目のブログに登場。

PARCO出版のアンソロジー作品で、タイトル通り「おやつ」の魅力が詰められた本。一見、料理レシピ本にも見えなくもない表紙デザインとソフトカバー仕様。

◆あらすじ◆

至福の時間、癒しのおやつ。小説家たちのおやつに纏わる随筆集。昔に食べた懐かしいこどものおやつや大人のおやつ、手作りならではの良さがあるおやつなどを集めたアンソロジー。

 

 

 

 

屍人荘の殺人

 

2020年3月4日、5月24日などのブログに登場。ブックカバーチャレンジ5日目で紹介。

非現実的世界に閉じ込められた中で謎解きを行う本格ミステリ小説です。

『屍人荘の殺人』は2019年に映画化、神木隆之介さん、浜辺美波さんが主演している作品です。第27回鮎川哲也賞受賞作。

 

◆あらすじ◆

神紅大学ミステリ愛好家会長で名探偵の明智恭介と助手・葉村譲は、探偵少女・剣崎比留子とともに映画研究部の夏合宿に参加する。合宿初日から予想外の事態が起こり、映研の一人が無残に殺された姿を発見する。奇想な推理と謎解きの融合ミステリー。

 

 



蜜蜂と遠雷

 

2020年4月6日のブログにて紹介。

ブログでも触れていましたが、ページは2段組構成の珍しい小説。1ページ当たりの文字数が多く、読み手の得意不得意があります。

2017年に第156回直木賞第14回本屋大賞を同時受賞した恩田陸さんの話題作。ピアノコンクールを舞台にした小説で2019年には映画化もされています。

 

◆あらすじ◆

将来の音楽家が集結する芳ヶ江国際ピアノコンクール。楽器を持っていない風間塵、母が死んでからピアノが弾けなくなった栄伝亜夜、楽器店勤務のサラリーマン高島明石、音楽性の才能に溢れる優勝候補マサル、さまざまな主役たちがコンクールに全てをかける。

 

 




発現


2020年4月4日のブログにて登場。

「八咫烏(やたがらす)シリーズ」で累計100万部を売り上げた阿部智里さんの長編ホラー小説。

宮田さんいわく、ホラーじゃないホラー小説で、そこが一番怖い。批評ではなくミステリ要素が強い世界観という意味で、満足感のある一冊とのこと。

 

◆あらすじ◆

平成と昭和に起こった2つの事件、真相を追求するほど謎が深まっていく。導かれたかのようにたどり着いた結果は・・・。

 

 





日向坂46ストーリー


2020年3月24日、28日のブログに登場。

無名な「けやき坂46」時代を乗り越えた日向坂の青春。宮田さんも自分たちの話なのに泣けたとのこと。

 

◆あらすじ◆

日向坂46としてデビューするまでには長い道のりがあった。たった1人から始まったひらがなけやきの経緯から舞台裏で起こっていた個人の葛藤などの真実を語るノンフィクション小説。

 

 






ジゼル

 

2020年3月18日のブログにて紹介。

バレエを題材にした秋吉理香子さんのミステリー小説。バレエに打ち込む青春要素も含まれるので青春系が好きな方にもおすすめ。

 

 

◆あらすじ◆

バレエが舞台のミステリー。東京グランド・バレエ団15周年公演の演目「ジゼル」の準主役に如月花音が抜擢される。15年前、ジゼル役が死亡する事件が起こってから「ジゼル」はタブーとなっていた。公演の準備中、再び不可解な事件が起こる。

 

 




からまる


2020年3月18日のブログにて紹介。

宮田愛萌さんがファンと公言する千早茜さんの小説。好きな本は何度も繰り返し読みたくなると語っていた内容の中にあった一冊。

 

◆あらすじ◆

地方公務員・武生はアパート前で不思議な女性と出会う。休日に決まってやってくるが連絡先も仕事も知らない女と関係を持つ。ある日、意外な場所でその女性を見かける。艶やかな男女を描いた連作集。

 

 



 

日向坂の読書家・宮田愛萌のおすすめ本

日向坂 ブック

以上、日向坂46・宮田愛萌さんが2020年3月から2020年5月ごろにかけてブログで紹介されていた本を紹介しました。

コロナ禍初期の本格的に自粛が始まってきた時期で、今できる形で自分たちを発信するためにブログの更新頻度も増えていました。

「7日間ブックカバーチャレンジ」も読書家宮田さんならではの取り組みですね。


もし興味が沸いた作品があれば参考にしてみてはいかがでしょうか。


参考

宮田 愛萌 公式ブログ





宮田愛萌の本紹介 関連記事はこちら

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 



 

 

7thシングル『僕なんか』6月1日発売

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました