北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

今、苦しいのは、幸せに生きたいと悩んでいるから。ストレスに潰されない考え方や心の癒し方を紹介しています。

MENU

日向坂46・宮田愛萌の読書ブログ【#manamoblog】

宮田愛萌さんは日向坂46の文学担当ともいえるくらいの本好きであり、個人で本関係の仕事をしたりブログでも様々な本を紹介したりしています。

一時グループ活動休業を挟みながらも、國學院大学文学部を卒業し司書資格を取得している本格的な文学キャラです。

宮田さんは大学でも古典分野を学び、古典オタクでもあるので文学全集を自分の卒業祝いにする程のマニアックぶりも見せています。

今回は、そんな日向坂46・宮田愛萌さんが2020年秋頃から2021年春頃のブログで紹介していた本をまとめました。

 

◆この記事を読んでもらいたい人◆ 読書が趣味

本が読みたい

日向坂46が好き

宮田愛萌さんがおすすめしていた本を読みたい

宮田愛萌さんがブログで紹介していた本を知りたい

読んだことのない本を読みたい

おすすめ本を知りたい

面白い本を知りたい






宮田愛萌がブログで紹介するおすすめ本・小説

宮田愛萌 本

アイドル界一の読書家と言っても過言ではない日向坂46の宮田愛萌さん。
4、50分で1冊読み終えることもできる速読の特技も持っています。


自他ともに認める本好きで、文学雑誌でおすすめ本を紹介するコーナーを担当したり、本の帯コメントを依頼されるなど、他メンバーとは異なる仕事も獲得して独自の道を走っています。

宮田さんはブログで國學院大學文学部へ通っていたこと明かしていて、司書資格も取得している本格的な文学少女であり文学オタクです。

www.hinatazaka46.com




2022年4月には個人のインスタグラム開設を発表し、インスタ内では本紹介を中心とした内容を更新しています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮田愛萌 Miyata Manamo(@manamomiyata_official)がシェアした投稿

 

宮田さんは、公式ブログ内でも最近買った本や読んだ本、気になる本など、数多くの本を紹介しています。

この記事では、2020年11月頃から2021年3月頃に宮田さんがブログで紹介していた本を紹介していきます。

他の本を紹介している記事はブログ下層部にあります。

 

 

タイトル 著者名 出版社
光文社古典新訳文庫ベストセレクション for Teens  

光文社

池澤夏樹 個人編集 
日本文学全集【全30巻】
池澤夏樹 河出書房新社
小説あります 門井慶喜 光文社
こちら警視庁美術犯罪捜査班 門井慶喜 光文社
新選組颯爽録 門井慶喜 光文社
新選組の料理人 門井慶喜 光文社
一年四組の窓から あさのあつこ 光文社
秘密の花園 畔柳和代 新潮社
怪談 ラフカディオ・ハーン 光文社
妄想とツッコミで読む万葉集 三宅香帆/相澤いくえ 大和書房
ゴーストハント4 死霊遊戯 小野不由美 KADOKAWA
十二国記シリーズ 小野不由美 新潮社





 

 

光文社古典新訳文庫ベストセレクション for Teens

2021年3月24日のブログで紹介。

古典オタクの宮田さんが、大学卒業する自分へのお祝いとして購入した光文社の古典文庫セット。ブログを読んでいると古典文学好きのガチ感が伝わってきます。

 

◆解説◆

本の楽しさを知ってもらうため、光文社が10代に向けて古典の名作300冊の中から厳選した20冊のボックスセットです。両親や祖父母から中高生へ向けたプレゼント、学校への寄付としてもおすすめです。

 





池澤夏樹 日本文学全集


2021年3月24日のブログにて紹介。

自分への大学卒業祝いとして『光文社古典新訳文庫ベストセレクション』(15000円)を購入したようですが、卒業祝い第2弾として『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』も購入するため母と交渉中のようです。

税込で96140円します。個人で購入する人は他にいるのでしょうか。
古典を極めたい方、学校資料や本好きの子供にプレゼントしたいという方におすすめ?


◆解説◆

古事記、竹取物語、万葉集、枕草子など伝統的な名作から村上春樹などの近代名作までを池澤夏樹さんの新訳で揃えた全30冊のセットです。解説付きで読みやすく、装丁にもこだわった文学集です。

 

 

 

 






 





小説あります

 

2021年3月21日のブログにて紹介。

作者の門井慶喜さんが宮田さんのブログを見て『小説あります』 『こちら警視庁美術犯罪捜査班』 『新選組颯爽録』 『新選組の料理人』のサイン本とお手紙を一緒に贈ってくれたそうです。

 

◆あらすじ◆

N市立文学館の閉館が決まった。文学館に務める老松は館の永続のため、作家・徳丸敬生の秘密を解き明かそうと動く。人はなぜ小説を読むのか、という命題の答えはみつかるのか。

 

 





こちら警視庁美術犯罪捜査班

宮田さんいわく、美術についてよく知らない、マネとモネの違いがよく分からないという方にも楽しめる美術小説。

◆あらすじ◆

美術品犯罪を取り扱う唯一の部署に配属となった三田村。美術への知識は乏しいが、にわか知識で犯罪・事件に立ち向かう。しかし、解決はそんな甘いものではなく…。
美術を題材にしたミステリー小説。

 

 

 



 

 

新選組颯爽録

門井慶喜さんの著書。新選組について詳しくなくても楽しめたとのこと。個々の隊士について詳しく描かれた歴史小説です。

 

◆あらすじ◆

歴史小説を得意とする門井さんが新選組を書く。あまり知られていない、池田屋に乗り込んだ近藤勇の心理や葛藤も描かれる。安富才助や村上鎌吉にもスポットの当たる、新しい見方をした新選組の真相。

 

 

 

 





新選組の料理人 

 

門井慶喜さんの著書。戦わない新選組、ご飯を作る「賄方」という役職のお話。新しい観点で新選組を知ることができます。


 

◆あらすじ◆

京の町で炊き出しをすることになった新選組は料理が出来ない。飯に文句をつけた菅沼鉢四郎は「賄方」として新選組に加入することになった。組の内情や生死を感じながら飯を食う隊士の心理を間近で見た菅沼は「賄方」の観点で様々なことを思うようになる。

 

 





一年四組の窓から

2021年3月21日のブログにて登場。

日向坂文庫フェアの時に佐々木美玲さんが担当表紙だった小説です。あさのあつこさんの作品。
あさのさんは『バッテリー』とかも良いですよね。

 

◆あらすじ◆

調転校してまだ馴染めていない井嶋杏里は、使われなくなった一年四組の教室で市居真一と出会う。杏里は絵のモデルを依頼されるところから話は展開されていく。家族や友達との関係、思春期の成長を描いた青春小説。

 

 





秘密の花園


2021年3月21日のブログに登場。

児童文学の名作とも呼ばれる『秘密の花園』の作者はフランシス・ホジソン・バーネットで、色々な人が翻訳しています。
ブログで紹介されていたのは畔柳和代さんが翻訳したものです。

光文社古典新訳版「秘密の花園」との違いを比較するという楽しみ方もあるようで。

 

◆あらすじ◆

10歳で両親を亡くし、親戚に引き取られることとなったメアリ。唯一の楽しみは隠れた庭園だった。ディコン、コリン、合わせて3人の子供の秘密の庭園で巻き起こる出来事とは。奇蹟の物語。

 

 






怪談

 

2021年3月21日のブログにて紹介。
光文社古典新訳文庫にもあるラフカディオ・ハーンの作品。

 

 

 





妄想とツッコミで読む万葉集

2021年3月3日のブログにて紹介。

宮田愛萌さんと書評家の三宅香帆さんはブログやSNS上でお互いをファンと言い合う仲。双方とも文学オタクで感性や文学の趣味が合うようです。

 

万葉集を現代の観点で読んだエッセイ。恋愛模様を妄想しながら、ツッコミを入れながら、万葉集の魅力を深堀りしている本です。

 

 

 






ゴーストハント4 死霊遊戯

2020年12月24日のブログにて紹介。

マンガ『ゴーストハント』の文庫版。少女漫画的要素もありつつ様々な怪事件を解決していくホラー小説。

宮田さんが初めての巻末解説を担当した本として紹介されています。

 

 






十二国記シリーズ

2020年11月26日のブログにて紹介。

活動休業中に読んでいたと語られていた本。『ゴーストハント』と同じく小野不由美さんの著書。シリーズもので第0巻から第9巻まで発売中です。

 

 

十二国記シリーズのプロローグ第0巻

この巻から読み始めると物語がホラー要素ありとして楽しめるそうです。ホラーが苦手な方は飛ばして読んでも良さそうです。


高里少年の周りで次々と起こる事故。その真相とは。

 

十二国記シリーズの第1巻
宮田さんのブログによると、この巻から読み始めればファンタジー小説として楽しめるとのこと。

高校生の陽子が謎の男に異界へ連れていかれるところから始まる。陽子が異界へ連れられた理由とは?

十二国記シリーズ第8巻

この巻の前に0巻『魔性の子』を読むのがオーソドックスな読み方のようです。



十二国記シリーズ第9巻






 

日向坂の図書館・宮田愛萌のブログ

古典 宮田愛萌

以上、日向坂46・宮田愛萌さんが2020年11月から2021年3月ごろにかけてブログで紹介されていた本を紹介しました。

休業中であり、大学の卒業を控えていた時期なのでブログの更新は少ないですが、ブログでは本紹介記事も更新されていました。


今回登場した本は、古典文学や時代小説のジャンルに偏り、少しマニアックなおすすめになっています。

もし興味が沸いた作品があれば参考にしてみてはいかがでしょうか。


参考

宮田 愛萌 公式ブログ





宮田愛萌の本紹介 関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 



 

7thシングル『僕なんか』6月1日発売

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました