北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

今、苦しいのは、幸せに生きたいと悩んでいるから。ストレスに潰されない考え方や心の癒し方を紹介しています。

MENU

日向坂の司書、宮田愛萌が読んだ小説・エッセイ紹介【2021年秋版】

日向坂イチ読書家で知られる宮田愛萌さん。スポーツが得意集団の日向坂の中の数少ない文化系として独自の道を走っています。そんな宮田さんは國學院大學文学部卒のガチ文学オタクで司書資格も取得しています。

ブログやメッセージアプリでは読んだ本をたくさん紹介していたり、『小説現代』などの文芸雑誌にておすすめ本を紹介していたりもします。

今回は、そんな日向坂46・宮田愛萌がブログで紹介していた本をまとめてみました。

 

◆この記事を読んでもらいたい人◆ 読書が好き

本が好き

日向坂46が好き

宮田愛萌が推し

読んだことのない本を読みたい

本好きのおすすめ本を知りたい

面白い本を知りたい

ブログで勧めていた本を知りたい






日向坂の文学担当・宮田愛萌

アイドル 本

日向坂46の本好きアイドル、宮田愛萌さん

主に古典文学に強い読書家の宮田さんはアイドル仕事と大学生活を両立させ、國學院大學文学部を卒業して司書資格も取得しています。

www.hinatazaka46.com



司書ってなに?

司書は都道府県や市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員 


引用 文部科学省「司書について」
https://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/shisyo/index.htm

簡単にいうと、司書資格をもつ人は図書館で働くことができて、利用者にあらゆる本の案内ができる資格で、図書館のカウンターにいる人です。


自宅には2000冊以上の本を所持していているというエピソードがあり、日向坂の事務所にはおすすめ本を揃えた本棚を設置するほど。暇さえあれば本を手にする読書好きで、1~2時間で1冊読み終えてしまう速読スキルも持ち合わせています。


日向坂の知名度も上がってきて、日向坂の文学担当として仕事に繋げています。例えば文芸雑誌の取材短歌のイベントに出席するなど、独自の路線で活躍しています。


そんな宮田さんは、本の良さを沢山の人に知ってほしいという内容のことを語っており、ブログにも読んだ本の多くを紹介しています。

ここでは、2021年8月から11月頃に宮田さんがブログで紹介していた本の一部をまとめて紹介していきます。

 

タイトル 著者名 出版社
虫めづる姫君 堤中納言物語 作者未詳
蜂飼耳 訳
光文社
女の子の謎を解く 三宅香帆 笠間書院
胃が合うふたり 新井見枝香
千早茜
新潮社
ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 松岡圭祐

KADOKAWA

ミッキーマウスの憂鬱 松岡圭祐 新潮社
探偵の探偵 松岡圭祐 講談社
高校事変 松岡圭祐

KADOKAWA

白い薔薇の淵まで 中山可穂 河出書房新社
ブラザーズ・ブラジャー 佐原ひかり 河出書房新社





 

虫めづる姫君 堤中納言物語

2021年11月20日のブログなどで紹介。光文社古典新訳文庫の創刊15周年記念フェアに宮田さんが推薦帯コメントを担当。


平安時代、主人公の姫は虫が大好きな変わり者でした。昔でいう女性らしさがなく、いつまでも子供っぽくて周りから心配されていました。そんな姫の前に右馬の佐という男が表れてきて…というあらすじです。

 






女の子の謎を解く

2021年11月20日のブログにて紹介。書評家、ライターである三宅香帆さんの著書。お互いのことをファンであると公言している仲。

マンガのヒロインやアイドルに注目して女の子の不思議を解説。ヒロインに求められているキャラクターは何なのか、時代によってヒロインのキャラクターは変化しているのか、三宅さん独自の理論を展開。

 






胃が合うふたり

2021年11月5日のブログにて紹介。宮田さんがファンを公言する千早茜さんと新井見枝香さん2人のエッセイ。

悩みごとはとりあえず、食べてから話そう。食の好みが合うふたりが様々な料理を食べながら人生を語る。食べる楽しさも伝わってくる1冊。

 

 






ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論

2021年10月27日のブログにて紹介。

ミステリ系作家として有名な松岡圭祐さんの、文学が物語に関連するミステリー小説。

 

 

 

 


同ブログ内では松岡圭祐の他作品も紹介しています。

ディズニーランドで働くスタッフ目線で物語に入り込めるミステリー
『ミッキーマウスの憂鬱』

宮田さん曰く、『探偵の探偵』『高校事変』は強い女性が好きな方おすすめにしたい2作品だそうです。どれもシリーズ化している作品です。

 

 

 

 



 

白い薔薇の淵まで

2021年9月18日のブログにて紹介。乗り物酔いする宮田さんは、新幹線の中で酔いも忘れてこの本に夢中になったとのこと。宮田さんイチオシ。

「一行も読み飛ばせない、完璧な恋愛小説」という帯文句がついた中山可穂さんの恋愛小説。OLと新人女性作家、女性同士の重めな恋愛関係が描かれる。
山本周五郎賞受賞作。

 

 





ブラザーズ・ブラジャー

2021年8月25日のブログにて紹介。

好きなことを取るか、自分にできることを取るか。人生で1度はぶつかるであろう頭を抱える選択肢ですが、好きなことへの素直さや多様性を深く考えるきっかけになる作品。

義弟がブラジャーを着けようとしているところを目撃した高校生の姉。「お洒落でやった」と言い張る弟に、姉はどう捉えて、どう向き合っていくのか。
氷室冴子文学賞大賞受賞作。

 

 







アイドルを活かした本の広め方

推し本

以上、日向坂の司書、宮田愛萌さんが2021年秋ごろにブログで紹介していた本をまとめました。

宮田さんは本好きだからこそできる熱量のある本紹介ブログが特徴的です。子供の頃から本や図書館に携わる仕事がしたいという夢を「今の自分」ができる形で行っています。アイドルの影響力を有効に活かした形だと思います。

推しの人は紹介された本を知るきっかけになり、本好きの人はグループの存在や宮田さんを知ることにも繋がっていくのでしょう。

興味が沸いた場合は是非、今回紹介した本を参考にしてみてはいかがでしょうか。


参考

宮田 愛萌 公式ブログ





本の関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

日向坂46関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました