北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

意見の出ない会議進行に役立つ【組織心理学】ブレインストーミングも紹介

豆腐メンタルのとふめんです。

 

心理学の重要性

 

人の心理はとても複雑で予想のつかないトラブルや

衝突が起こります。

その原因は自身の性格や他人の心理を理解していないこと、

人間の本能的な心理行動についての教養がないことだと感じます。

 

試験のための勉学は必要です。しかし、

幼少期から誰もが社会の中で集団生活を送ることから

心理学も必須科目に入れた方が良いのではないかと思う程です。

 

仕事も学校も家族も友だちも恋愛も

全てにおいて心理学は関係して必要事項です。

 

 

そう思ってしまうくらいに相手の心を理解していない、出来ていない

まま、指導者としてふんぞり返る人を沢山見掛けます。

 

そんな訳で人間関係を築くための心理学を紹介していきます。

 

 

 

組織心理学

  

人の心はめちゃくちゃ複雑で、だからこそ意見の食い違いや争いが起こります。

反対に仲間がいれば協力したり助け合いが出来ます。

 

何をするにも切り取れない人間関係

だからこそ人の心を知る

心理学の知識は本当に重要だと思います。

 

 

 

心理学関連記事はこちらから

 

怒りの心理

怒るのは期待の表れ?怒る心理と叱る心理を徹底究明

色の心理

赤、青、黄色の心理的な効果 【色彩心理学】

買物の心理

【消費者心理学】誰もがハマってしまう購買意欲の秘密!

臨床心理学

うつ治療のカウンセリングとは何をするのか【臨床心理学】

犯罪心理学

【犯罪心理学】 犯罪者や被害者の心理を探り、ケアをする仕事

 

 

 

 

 

 

では早速進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらを参考に心理学を学んでいきます

 

 

 

 

組織心理学

f:id:fc090031:20190122224733j:plain 

 

組織という言葉ですぐにイメージしやすいのは会社です。

会社という組織内でほとんどの人が働いています。

 

組織内で各々の役割があり、それぞれが適切に働くことで

会社は回ります。

 

皆をまとめる役リーダー役の人

フォローに回るサポート役の人

情報収集が得意な人

踏み込んだ意見を出す人

発言はしないが淡々と仕事をこなす人

場の雰囲気を盛り上げる人。

職場を見ていると性格も仕事の仕方も十人十色です。

 

組織内コミュニケーション

十人十色な人がいるなかで仕事を効率よく進めるには

集団の中でのコミュニケーションが必須です。

 

 

 

情報不足な新人

どの業界でもその業界、職場でしか用いられない

暗号や略語、専門用語があり

その情報の意味や知識をお互いに共有できていないと会話が通じません。

 

情報のやり取りが少ないほど誤解が生まれやすく

やり取りが増えるほどお互いにだけしか分からない程の

洗練されたコミュニケーションが可能になります。

 

入社したての社員は専門用語は分からず

指示の内容が正確に理解できません。

 

上司が理解の遅い新入社員に対して

イライラして段々と態度が荒くなっていきます。

 

「何度も説明させるな」と怒られることにより

わからないことを質問することに億劫になります。

もう少し具体的な説明をしてほしくても

語気が強くなってきている上司になんてとても言えません。

 

結果、十分に理解していなかったためにミスが起きる。

恐怖心が芽生えて成長が遅くなる。

 

上司には

「あれだけ説明してやったのに」

と呆れられる。

問題は上司には説明不足の自覚はなく、ミスばかりする後輩だと

会社全体に情報拡散され偏ったイメージが定着する。

 

私にも同じ経験があり

がむしゃらな1年目だった当時も

抵抗できない苦しみと理不尽さに嫌気が差してました。

 

 

 

組織として会議を行う場合、集団心理が働き

意図せずとも傾きやすい結果となる場合があります。

 

ブレインストーミング

まとまった1つの意見を出す場合に打ち合わせや会議で行なわれる討論法です。

ふつうは多くの人が意見を出すほどアイデアが生み出されて

一人よりも良い意見が出ると言われています。

 

ブレインストーミングはこれを目的とした方法で

会社で取り入れているところも多いです。

 

※ブレインストーミング・・・相手を批判せずに思い浮かんだことを次々と挙げていく方法。質より量作戦。

 

しかし、個人の意見が良い意見だとしても

多数派や権威をも持った人の意見にかき消されることがあります。

 

意見を言えない会議

集団で集まっているのにも関わらず、

発言しているのはいつも一部の数人。という環境は

どこの職場でも珍しいことではないようです。

 

力のある上司やリーダー格が意見を出すと

部下や立場が弱い人、反対意見を持つ人の意見は

潰されたり反論され、言うだけ無駄だと感じるようになり

意見を出しづらくなる心理があります。

 

 

結局、権威者の意見がグループで一致した意見の形

(本当は一致していないままの意見)

としてまとめられるという現象も起こりやすいようです。

 

人が沢山いるから良い意見が出やすいとは

一概に言えないようです。

 

 

 立場の弱さに悩んでいる人はこちらもどうぞ

www.tohumen.com

 

 

リスキーシフト

過去の研究では

集団の意見は個人の意見よりもリスクの高いものを選ぶ傾向がある

という結果があります。

集団になることで責任の分散やリスクへの恐怖心の薄れが考えられます。

 

 

コーシャスシフト

ただしリスキーシフトとは反対の結果となる場合もあります。

集団により安全なものへと意見がまとまる傾向があります。

 

 

組織として活動すると、どちらにしても意見が極端な方向へと向かいやすい

集団分極化という現象が起こります。

 

 

まとめ

組織コミュニケーションにてわかる集団心理について紹介しました。

個々が自分なりの意見を出し合っているつもりの会議でも

知らずのうちに人として起こるべき心理に引っ張られているのです。

 

特に多数派の意見が正しい、正当化される現象は

SNSの情報社会でよく見られます。

噂でも嘘でも拡散されると信じる人が出てきます。

 

皆が言っているから正しいのは全く根拠のないことです。

組織心理学やその他の心理学から誤った情報から身を守る知識を学びましょう。

 

 

社内の人間関係の解決が難しく悩んでいる場合は

いくらその場であがいても進展しないこともあります。

環境を変えることもひとつの手段です。

 

 

 



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました