北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

太る原因は楽だから?【ダイエットにまつわる心理研究】

 

こんにちは。

 

ダイエットの方法を紹介してきました。

もし私の記事をみて「やってみよう」

と思った方ありがとうございます。

 

今回はダイエットを心理学的にみたお話です。

 

 

 

 

 

 

 

早速、覚えたダイエット法を

実践してみようと思いきや

ふと、過去の経験を振り返ってみる。

 

「要点は掴んでいるはずなのに

成功したことあったっけ」

 

方法は覚えても空腹や運動が辛くて

自分との戦いに負けてしまって

いつのまにかダイエットが終わってる。

体重も変わらないまま

「どうせ今回も同じだろう。」

と諦め癖がつく前に

 

 

自分の心を読んで

失敗してしまう原因を

探ってみましょう。

 

 

参考文献です

 

そもそもダイエットは

本能的な欲望を抑えることなので

上手く行かないのは当たり前です。

 

そんな原因を解説していきたいと

思います。

 

 

 

ダイエットで挫折しやすい理由

 

▼ 外発反応性が高い

外からの刺激に影響されやすい人のことを指します。

周りに流されやすいため、流行に乗りやすい

CMの商品がすぐ欲しくなります。

 

f:id:fc090031:20190115001736p:plain

これは「太っている人」や

「つい食べ過ぎてしまう人」

に多い特徴です。

 

CMやグルメ番組の

美味しそうな料理を見ていたら

同じものが食べたくなりますよね。

外発反応性が高い人は

特にその傾向が強いです。

 

バイキングやビュッフェに行くと

食べ物が視界にあり続けるので

食べ過ぎてしまう傾向

があるので注意が必要です。

 

 

 

 

▼報酬不全症候群

 

人は「幸せ」や「楽しさ」「嬉しさ」などの

感情刺激を継続して与えられると

感度が薄くなっていきます。

 

それはいくら度合いが大きくても無意味で

大豪邸に住んでも、芸能人と結婚しても

幸福度は徐々に下がってしまいます。

 

「報酬」とは

食べ物、お金、異性、社会的地位などが

当てはまります。

 

 

これも「食べ過ぎる人」の特徴に

当てはまります。

 

 

遺伝学者カミングスによる

報酬不全についての研究があります。

2つ、質問があります。

 

Q1.どちらを選びますか

①.殻を剥いてあるピーナッツ

②.殻付きのピーナッツ

 

 

Q2.どちらを選びますか

①.レトルトやコンビニ弁当

②.自炊する

 

 

 

報酬不全症候群(食べ過ぎしてまう)

の傾向にあるのはどちらもの方です。

 

「楽に食べられるもの」を選ぶ人は

食べ物に対しての満足度が下がり

より多くの食べ物を欲したり

過食や依存へ走る傾向があります。

 

つまり面倒くさがりは

太りやすいってことです。

 

 

 

現代人は報酬不全症候群だらけ

何をするにも簡単にできてしまう現代。

報酬不全症候群は4人に1人いると

言われています。

 

周りに、常に面白くなさそうな顔して

「なんか面白い事ないかなー」と

つぶやいている人は見掛けますか?

 

そんな人って

周囲に面白い事、面白い人がいないか

だけを求めています。

当人はただの傍観者で行動していません。

 

自身で苦労することを忘れて

段々と感が薄れていき

面白い事も面白くなく感じてきている

可能性があります。

 

脳の感覚として

刺激は強弱があってこそ

過敏に感じるようにできています。

 

労力を惜しまず行動した分だけ

結果は大きく返ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットを成功させるために

 

話を戻して

「食べ過ぎる人」に当てはまった人は

ダイエットを成功させる考え方を

紹介します。

 

 

食べ物を遠ざける

バイキングに行かない

食べ物を視界に入れない

買い過ぎない、ストックしない

 

 

手間をかけた食事をする

料理に手間をかけると満足度が上がり

食べ過ぎを防ぐことに繋がります。

 

外食しない

お惣菜、レトルトを買わない

 

 

食事の前に運動する

 

「食べ過ぎると、せっかく食事前にした運動が

無意味になってしまう」

と感じてしまうため

無意識に行動を修正する力が働き

食事量が減る効果があります。

 

 

〇〇禁止はNG

断食や好物を制限しすぎると

その物に対しての欲求が高まり

失敗やリバウンドしやすいです。

 

禁欲症状でますね。

 

「主食は食べない」ルールを作らない

断食をしない

 

 

ストレスを溜めない

ストレスや不安は

「口唇欲求」となって表れます。

 

口唇欲求・・・何かを口にすることで気持ちを落ち着かせる行為。爪を噛む、たばこ、お菓子など

 

ストレス発散法を見つける

外出する

 

 

少しだけ頑張る

大きく環境を変えることは

ストレスに繋がり失敗しやすいです

 

食事を1割減らす

5分だけ運動を増やす

 

 

 

以上、ダイエットが上手くいかない人を

心理的特徴から紹介しました。

 

人の心理や行動を理解して

「無理なことは無理」「出来ることだけやる」

を実行できれば良いのではないかと思います。

 

ダイエットを成功させるヒントととして

お役に立てればと思います。

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

ありがとうございました。