北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

転職で悩んでいた頃、文章を書くとで楽になることを知る。帯広観光情報、仕事・恋愛・劣等感から起こる人間関係の悩み、考え方や人の心理について書いています。SE1年目

【呼吸で痩せる】楽に続けられる健康メリットの多いダイエット法

 

豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)

 

 

ダイエットを行う上で意識が向くのは食事や運動だと思います。

実は普段から行っている呼吸もカロリー消費をしているので腹式呼吸のような意識した呼吸法を身に付けるとダイエットとしての効果を上げることが出来ます。

 

今回は、呼吸による体内の働きとダイエットの関連性について掘り下げて、呼吸法ダイエットの効果について調べていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

呼吸だけで痩せる理由

f:id:fc090031:20190125230533j:plain

 

 

動物が生き続けるには必要不可欠な呼吸という動作。じゃないと死ぬ

呼吸とダイエットには大きな関連性があり、その絶え間なく続けている呼吸動作はダイエットの後押しにもなります。

 

体中を使った呼吸の仕方を意識するだけで、今までいろいろなダイエット法を試しても上手くいかなかった方も理想の体作りに変化が生まれるかも知れません。

 

痩せるための重要な考え方は、一日のエネルギーを消費量が摂取した分を上回る事です。

エネルギーが消費している状態は、体中の内臓や細胞単位あらゆる部分が活動中と言うことです。

体内の内臓や細胞が働くためにエネルギーを消費している、さらに細かい事を言えば、取り込む酸素より吐き出す二酸化炭素の方が重いので、呼吸だけをしていればほかに何をしていなくても痩せていくことは可能です。

 

 

 

呼吸法のメリット

 

呼吸には空気の取り込み方や体の使い方の異なる呼吸法がいくつかあります。

呼吸法を意識するとダイエット以外にも健康面でのメリットがあります。

 

代謝の改善効果

 

酸素を大量に取り入れることでダイエットに繋がる以外のメリットがあります。

体内に取り込む酸素量が増えると、内臓や血管などの自律神経も活動が促進されます。すると、ストレスや疲労、寝不足などによって起こる体調不良を改善しやすくする働きまで期待できます。

 

 

副交感神経の活動を促しリラックス状態を作る

 

自律神経は交感神経副交感神経に分かれます。

 

簡単に解説すると、交感神経が働いているときは感情が高ぶったり運動したりした後のような興奮状態の時です。

この交感神経の活動は適度に作ることは必要ですが、長時間続くことは身体に負担をかけてしまうので、良くありません。

 

 

 

反対に、副交感神経が働いているのは睡眠中などのリラックス状態の時です。

落ち着いた呼吸法を実践すると、交感神経の働きを抑えて副交感神経が働く状態になります。体に負担を掛けないリラックス状態が健康面をサポートします。

 

 

 

姿勢の矯正

 

呼吸法を実践するには効率の良い空気の出し入れをするために正しい姿勢で行うことが重要です。

呼吸法の意識がバランスの悪い姿勢の矯正に繋がり、骨盤矯正やバストアップにまで

期待できるメリットもあります。

 

呼吸法ダイエットは、健康、美容面の関心も高い人にとって、とても魅力あるダイエット方法なのです。

 

 

 

口呼吸の改善になる

 

どの呼吸法ダイエットにも共通する基本動作は鼻呼吸です。

人間は元々、鼻で呼吸をする体の作りなので口呼吸の習慣になってしまっている人は体調を崩しやすい体質になったり、体のバランスが悪くなっている可能性があります。

 

 

口呼吸習慣による体型への影響

歯並びが悪くなる

顔がたるんでくる

顎が出てくる

 

 

さらに口呼吸は、イビキの原因やウイルスや菌が喉に入りやすい原因などのデメリットとなる部分が多くあります。

 

 

 

 

 

呼吸法ダイエットによるデメリット

 

呼吸法ダイエットを取り入れることによるデメリットは特にありません。

 

挙げるとするならば

慣れるまでに時間が掛かる

人前で堂々とやると周囲に変わった人だと思われる

 

 

 

 

 

 

正しい腹式呼吸法ダイエットのコツ

 

腹式呼吸 

呼吸法にも様々な研究家や美容家のプロが考案した数多くの方法があります。

座ったままの姿勢、立ったままで行うもの、寝た姿勢で行うものなどがあります。

 

その中でも発声練習にも使われる腹式呼吸を紹介します。

 

 

どの呼吸法にも共通しているポイントがあります。

それが鼻呼吸と深呼吸です。

 

どの呼吸法を実践するにしてもこの2つは共通なので、意識して習慣づけるようにしてください。

 

 

1.鼻から5~10秒かけて目一杯の息を吸う。

  取り込んだ空気を溜めるようにお腹を膨らませていく。

 

2.鼻から同じくらいの時間をかけて息を吐く。

  腹に溜めた空気を出してお腹を平らにさせる。

 

3.出し切ったはずの空気を絞り出して最後の一口を「フー」吐ききる。

  ここまでを数回繰り返す。

 

難しくないですね。真剣に5分も続ければ体内が暖かくなるのを感じます。

 

効果としては運動や食事制限をメインにしたダイエット方法には劣ります。

しかし、過度な負担もなく、道具も要らず、ちょっとした時間の合間でもできる継続のしやすいダイエット法として実践しやすいと思います。

 

 

ほかの呼吸法も気になる方はこちら

ダイエット効果が期待できる呼吸法のやり方のご紹介 | からだカレッジ

 

 

以上、呼吸法はダイエットだけではなく健康効果も期待できて、すぐに実践できる方法なので是非試してみてください。

 

ダイエットはどの方法も即効的な効果はなく、習慣的に行わないと効果の実感はしにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

ダイエット方法関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ

 

ありがとうございました。