北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

寝だめは効果なし?【正月を無駄にしない過ごし方】 


正月のひまつぶし特集

最終回です

 

あけましておめでとうございます

 

 

出掛けるのも何かをするのも気乗りしない

正月は休むためにあるものだ。

ひたすら寝ることに専念する。

 

 

そう

 

 

 

寝だめ特集です。

 

 

 

 

 

正月休みの有効な過ごし方

 

  1. 大掃除をする
  2. 目標を決める
  3. 外出をする
  4. スキルアップをする
  5. 親戚や友人と過ごす
  6. 休むことに専念する(寝だめ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6.休むことに専念する(寝だめ)

 

f:id:fc090031:20190125223851j:plain

 

寝だめの効果

 

忙しい日が続いて

寝不足が続いているとき

あるいはこれから忙しくなりそうだから

今のうちに休んでおきたい。など

 

睡眠時間を自由に

調整できたら便利ですね。

しかし、体内リズムというものがあるので

人はおおよそ決まった時間に眠くなり

活動時間も大きく振れません。

 

体内リズムを崩しそうな寝だめは

マイナスなイメージを持ってしまいますが

果たして寝だめって意味があるの?

 

それではメリット、デメリットを

調べていきましょう。

 

 

 

睡眠時間と死亡率

 

平均睡眠時間によって

死亡率の差が出ている研究があります。

 

 

1日の睡眠時間が

 

5時間以下または9時間以上

 死亡率が高い

 

6時間から7時間

 死亡率が低い

 

 

動物によって睡眠時間がいろいろあるように

人の体に適した睡眠時間もあるようですね。

 

 

さらに

Journal of Sleep Researchの研究で

 

 

〈平日は睡眠時間が少ないけど、休日には長く寝るタイプ〉

の人は、死亡率の危険性は上がらない

というデータがあります。

 

 

この研究のデータから見るならば

寝だめは有効であることになります。

 

しかし、効果的なのは若い人の方が多く

年齢が上がるほど効果が薄いようです。

 

※この研究の設定には不十分な部分もあるため

全てが信頼できるデータとは限りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝だめを後にするか先にするか

 

 

今後のために寝だめ

 

「疲れる前に寝だめをしておこう」という方法は

結論を先に言うと意味がありません。

 

睡眠で大切なことは時間よりも質です。

 

深い眠りについた状態が

脳にとって一番の休息になり

それは寝始めてから

3時間の間と言われています。

 

その間に脳内の情報整理や

成長ホルモンの分泌が行われ

体調を調える働きをしています。

 

浅い眠りのときは、脳にとって

起きているのに近い状態であり

 

この時間が長くても

脳はエネルギーを消費しているので

疲れがとれにくいです。

 

つまり、疲れていないときの寝だめは

浅い眠りの時間が長くなるだけで

寝たわりには元気を蓄えた実感が出来ず

むしろ体が重たく感じることもあるので

おすすめは出来ません。

 

現実逃避のために

日曜日はひたすら寝て過ごすことが

多かったのですが

いつも体が重たく感じていたのは

気のせいではなかったようです。

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

溜まった疲れを解消する寝だめ

 

忙しい日々が続き

疲労や寝不足が溜まった状態にする寝だめ。

 

この場合は

脳にも負担が掛かっていた状態であり

乱れた体調の修復に時間が掛かります。

 

そのため

寝不足解消のための睡眠は

大切で効果的といえます。

 

とはいっても、起きたら日が暮れていた

くらい十数時間も寝てしまうと

体内時計が狂うので

普段より数時間長い程度で十分解消ができます。

 

 

 

 

 まとめ

結論をまとめますと

 

睡眠時間のベストは6~7時間

疲れる前の寝だめは効果なし

寝不足を解消するための寝だめは効果あり

正月の寝だめは良くない!

 

ということが言えますね。

 

睡眠には個人差があるので

全ての方に当てはまるとは限りません。

 

折角のお正月を寝すぎて

反って体調が悪くなった

なんてことにならないよう

気を付けましょう!

 

 

 

 

 参考にさせていただきました

 

寝だめはやっぱり有効なのか?週末の睡眠時間と死亡率との関連性 – Discovery Channel Japan | ディスカバリーチャンネル

医学的にみて年末年始の「寝だめ」はできるの? - まぐまぐニュース!

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

 

 

 

ありがとうございました