北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

赤、青、黄色の心理的な効果 【色彩心理学】

色彩心理学の続きです。

 

前回、色のイメージや特徴を紹介したように

人の感情に大きく影響します。

f:id:fc090031:20190124233210j:plain

 

実際に身の回りにも色を効果的に

活用されている例が沢山あります。

 

ということで今回は

色を上手に使った活用法を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

赤には記憶や認知を高める効果があります。

信号や道路標識や救急車のランプなど

危険を認識させるために

使われていることが分かります。

 

また、重要な部分を

赤字で書かれているのを

よく見かけるのもそのためですね。

↑場所を間違えると違和感満載

 

 

 

時間経過の感覚を早める

 

実際の時間より

長く過ごしている感覚に思われます。

回転率が重要な

ファーストフード店に使われていて

思い浮かべてみると

赤い看板が多いことが分かります。

Mとかチキンとか牛丼とか

 

 

アドレナリンを分泌する

 

まあこれは有名ですね。

勝負事には赤いものを身につけると神経を刺激します。

 

 

 

欲望を刺激する

 

これも有名ですね。

赤が似合う女性は魅力的です。

最近の流行で若い子が真っ赤な口紅?

リップ?グロス?を付けていますね。

 

男は多分ナチュラルな色が好き。

(個人的趣味)

 

 

体感温度が上がる

 

青を身に付けるとより冷たく

赤いものを身につけた方が

暖かく感じるようなので

冷え性や寒がりの方は実践してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

時間の感覚を遅める

 

赤とは逆に

実際の時間よりも短く感じられます。

使用されている例を挙げると

病院の壁は青色を用いられることが多いです。

 

 

リラックス 安静

 

青にはリラックス効果があるので

この理由でも病院の壁に使われていていたり

リラックス効果をアピールしたい

広告に使用されていることがあります。

 

 

 

誠実さ

 

知的さ誠実さ安心感を印象付けるので

企業のマークに

青を用いられることが多いです。

コンビニや航空会社でも使用されていますね?

 

 

憂鬱、消極的

 

ネガティブな印象を持つ場合もありますので

初対面では良くないイメージを

持たれる可能性もあるので注意が必要です。

 

似合っていれば問題ないと思いますけど

青系を着ている女性って

確かに多くないような……。

 

 

 

 

 

 

有彩色(白黒灰以外の色)の中で

1番明るいと言われるくらいに

視覚的にも強い印象を与えます。

 

 

危険を知らせる

 

目立つ色のため赤と同様

注意を促す場所で使用されています。

 

電線や工事現場にある

黄色と黒のボーダーのポールや

踏切がそれに当たりますね。

パチンコでも当たりの期待度が高い

激アツ演出として出ることがあります。

これが出たときの興奮と

外したときの落胆がまた癖になるんです。

 

 

 

活動的

 

黄色をロゴに使用している企業は

活動的なイメージを持たれます。

 

 

 

幅広い年代の興味を引く

 

黄色を取り入れることで

子供の関心も得られやすいようです。

学校関係やイベント事のチラシや

ポスターに使うと多くの目に留まります。

 

 

仕事で成功する色

明るい印象を持たれやすく

頼られたりコミュニケーションが円滑にいきます。

 

服装に黄色を身につけると

仕事の成功に身の回りに繋がるでしょう。

 

 

人は何かを選択するときに

視覚から入るイメージを

一番に重要視する傾向があります。

 

すなわち色に関する知識は

アピールする際に知っているか知らないかで

結果が変わってしまうでしょう。

 

他の色はまたの機会に

 

 

参考はこちら

 

ビジネスにも使える!赤色が与える6つの心理効果と、ズルい使い方・例 | 株式会社スマイルアカデミー

【成果を上げる色の選び方】色彩心理学から学ぶ サイトカラーの「正解」

色や柄の心理効果を身に着けて、ビジネスに生かす5つの活用術 | ライフハッカー[日本版]

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

ありがとうございました