北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

脳の構造を研究する【生理心理学】男性脳(左脳)と女性脳(右脳)の違い

豆腐メンタルのとふめんです。

 

 

脳のはたらきと心のはたらきは密接に関係しています。

脳や神経の構造から心のはたらきを考える

これが生理心理学と内容です。

 

神経や脳を実験的にいじって感覚や働きを研究していました。

 

 

今回は生理心理学は心理学よりも生物学的な話です。

内容としては固い内容なので性格による脳のはたらきの違いも紹介します。

 

参考文献はこちら

 

男性との会話術|男女の脳の違いがわかれば弾みます!愛されコミュニケーション | wellfy

 

 

 

 

 

前回のはこちらから

 

fc090031.hatenablog.com

 

 

生理心理学とは

 

昔に行っていた脳のはたらきの調べ方は

動物の脳に対しての電気刺激や

一部を破壊、薬物を投与によってどこの神経が繋がっているのか

といったグロテスクであまり想像したくない内容でした。

f:id:fc090031:20180924163243j:plain

 

 しかし、この研究を経たことにより

動物の心理や神経の構造が理解できています。

 

ヘッブの法則 学習の原理

ヘッブの研究によると

ある神経細胞から別の神経細胞へ情報が繰り返し伝達されると

伝達効率が高まることがわかり

 

その神経細胞間を繋いでる部分(シナプス)が

変化していくことがわかりました。

これが学習の原理だと立証されています。

 

スポーツや勉強のように努力を積み重ねた分だけ能力が上達していくメカニズムです。

 

 ニューロンとかシナプスとか習ったよね

 

 

研究のための人体実験

それでも難しくてこれが授業だと確実に眠くなる内容なので

ざっくりと大まかに簡単に説明しますと

 

脳みそは場所毎に異なるはたらきがあり

五感がそれぞれ情報を得る所と

得た情報を統合する所が存在します。

 

こういった脳のはたらきを知るためには実物の試験体が必要です。

倫理的に人体実験は昔から賛否あったようですが

それでも動物の研究だけでは理解には不十分なことがあるため

人体実験をする必要があります。

 

 

 

正常な人を実験体として扱うことはなく

実験体は事故によって脳に損傷を負った人をモデルに行われてました。

 

脳の損傷部と障害が出ている様子を

研究して積み重ねた結果が現代にも引き継がれています。

 

 

脳の部位と関連する感覚

f:id:fc090031:20190304222429j:plain

研究によって関連が確認された脳の部位とはたらきです。

図の色と同じ色の名称がおおよその位置です。

 

前頭葉・・・・・・・・言語能力

腹内側前頭前皮質・・・感情、性格の変化

海馬・・・・・・・・・最近の新しい記憶

大脳左半球・・・・・・言語能力

大脳右半球・・・・・・視覚、空間情報

 

 

近年で損傷患者に頼らなくても

研究が出来るようになりました。

難しすぎたので私の解釈で説明しますと

 

電位変化で刺激を与えることでどの部分に影響するのか、

脳のはたらきを調べることができます。

 

 

心の痛みの感覚を調べる

f:id:fc090031:20190304223143j:plain



アイゼンバーという学者の研究

面白い結果がありました。

 

あるコンピュータゲームを体験させて

被験者の脳波をfMRIで測定しました。

 

実験方法

▼ゲーム内で数人とキャッチボールをします

▼途中から一人だけボールが回って来なくなり仲間はずれにされます

▼その時の脳のはたらきを観測

 

 

すると

仲間はずれにされたという精神的な苦痛と

身体が痛いという本来の痛みは

同じ脳の部分が活性している結果になりました。

 

 

心の傷

 

つまり、全然異なる感覚に感じる精神的外傷と物理的な傷の2つの痛みは

脳内では同じことであると言えます。

 

身体の傷は周囲から分かりやすく状態を把握することができます。

 

いじめや孤独感などの精神的な傷は周囲からは気付きにくい状態ですが

大怪我しているのと同じくらい危険な状態であるという捉え方ができます。

 

 ストレス社会のこの時代はケガ人だらけです。

現代のほとんどの人々がかかえている精神的な問題は

もっと社会全体に周知されるべきなのではと思います。

 

 

男女別、脳のはたらきの違い

男性と女性で話し方に違いがあり、うまくかみ合わないこともあります。

その原因は男性と女性で脳の活発な部位が異なり、得意な能力に差が出ます。

人の脳は右脳と左脳に大きく分かれ、右脳は女性脳、左脳は男性脳と例えられることがあります。

それぞれの特徴を紹介します。

 

女性脳

女性脳と例えられる右脳が発達している人は感覚的能力が優れています。

 

優れた主な能力

想像力、共感力、記憶力、認識力

 

 

男性脳

男性脳と例えられる左脳が発達している人は論理的脳力が優れています。

 

優れた主な能力

言語、数字の情報処理、論理能力、分析力、計算力

 

 

特に以上の特徴を実感できる状況は

会話の場面で

女性は会話中の共感や同情など会話の行動自体に目的を持つのに対し、

男性は会話による情報収集や問題解決の意味を持ちます。

 

www.tohumen.com

 

この脳の働きから仕事の適職などの判断材料にもなります。

これはただの傾向なのでおおよそ8割がこのパターンに当てはまるだけで

秀でた能力もこの通りにはなりません。

自己分析の参考としていただければと思います。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました