北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

とふめんブログ 「苦しい」は、楽しく生きるを考えている証拠。テーマ『1.生き方・自己分析』『2.メンタルケアと癒し』『3.帯広』

MENU

【ぶたいち】移転情報や口コミ紹介。〆はお茶漬けだし汁【帯広豚丼ブログ16】

今回紹介するのは、「ぶたいち」の豚丼です。

ぶたいちは道内産の食材にこだわり、札幌の工場から帯広へ新鮮かつ安全な衛生面で提供する豚丼屋です。

ボリュームのある肉で濃いめのタレが特徴的なぶたいちの豚丼には沢山の観光客も訪れます。〆用の豚丼茶漬けだし汁もぶたいちならではのおすすめです。

東京にも出店実績のある「ぶたいち」の特徴や魅力を紹介します。

 

◆この記事を読んでもらいたい人◆  濃いめの帯広豚丼が食べたい

炭火焼豚丼が食べたい

ラーメンも食べたい

ボリューミーな豚丼が食べたい

テイクアウト可能な豚丼を探している

帯広で有名な豚丼屋を探している

豚丼のお茶漬けが食べたい

 



肉卸直営店の豚丼屋「ぶたいち」

ぶたいち 肉卸直営店

豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)

 

「ぶたいち」は帯広1店、音更町に1店を経営する黄色い看板が目印の豚丼屋です。

創業は2011年と割と新しい店ですが、東京人形町にも店舗を出店していたこともある実績のある店です。

 

メディアにも取り上げられた実績も多く、「王様のブランチ」「秘密のケンミンSHOW」「ハナタレナックス」「イチオシ」などで紹介されたことがあります。

 





豚丼屋の店舗は帯広ですが、肉の卸や本社は札幌にあります。

ぶたいちは札幌に肉卸の直営店、食材は全て道内産で揃えています。

 

なので帯広の歴史を受け継いだ生粋の帯広豚丼ということではありませんが、観光シーズンには行列も出来る人気店のひとつです。



 

ぶたいちの移転した店舗情報と営業時間

移転 ぶたいち

ぶたいちは2021年9月に本店を移転し、大通り沿いに「ぶたいち総本店」としてリニューアルオープンしました。

現在、ぶたいちは「ぶたいち総本店」「音更店」の2店舗あります。



以前あった西8条通りの帯広本店は移転、帯広白樺店と東京人形町店は閉店しています。

 

 

店舗情報

住所:帯広市大通南25丁目20-1 ※移転後 


TEL:0155-26-4129

 

営業時間 11:00~20:00


※コロナ対策の影響により営業時間が変更になっている可能性があります。詳細は直接店舗にご確認ください。


定休日:第2・4火曜 


座席 :38席


駐車場:有 14台

  

参考:BUTADON.com ぶたいち  

 

札幌の工場から1食ずつ密閉保存された状態で各店に運ばれるので、店舗によっての味の違いもなく、本店も音更店も変わらぬ味を提供することが出来るようです。

 

ちなみに帯広本店は豚丼のみの専門店ですが、音更店はラーメンメニューの提供もあります。

 

 

ぶたいち特徴とこだわり

ぶたいちは食材へのこだわりだけではなく、衛生管理や提供方法など様々な点を考慮して質の高い豚丼を作り上げています。

メニューに使う食材は全て選ばれた道産品。本社、工場は札幌。食文化の発展に寄与したいとの思いで十勝に出店。徹底した衛生管理の下で1食分ずつたれに漬け込み、真空パックに加工。低温で熟成密封した肉が店舗に届くシステムだ。炭火で焼く直前に開封し、軟らかくジューシーな味わいに仕上げている。ご飯は来客ペースに合わせて常に炊きたてを提供。割烹職人にレシピ監修依頼したみそ汁にもこだわりあり。

 

出典 BUTADON.com ぶたいち帯広本店

 




 

「ぶたいち」のこだわり 

1.食材は道内産

2.1食ずつ衛生面を徹底した加工方法

3.豚肉は炭火調理

4.ご飯は常に炊き立てを提供できるように調整





ぶたいちの口コミ・評判

ランチョエルパソ 口コミ

ぶたいちへ実際行かれた方の感想が気になる。という方もいると思います。

ぶたいちの口コミについて紹介します。

 

今回はじゃらんnet、google mapの口コミを参考にしています。



悪い口コミ・評判

 

食券で現金払いのみなのが残念。

引用 google map

 

店内BGMの音量がやけに大きくて会話しにくかったのが残念。

引用  google map

 

メニューがおおすぎて選ぶのが迷いに迷いました。

引用 google map

 

悪い口コミまとめ

◆食券制なので現金払いしか出来ない

◆店内BGMがうるさい

◆メニューが多くて選ぶのに迷ってしまった


ぶたいちは総本店も音更店も食券制です。キャッシュレスやカード決済ができないので不便に感じる方もいるかもしれません。

 

ぶたいちはメニューも多いので初見の方は食券機の前でどれにするか迷ってしまうこともありえるので、優柔不断な方はある程度目星をつけて入店した方が良いかもしれません。

ぶたいちの店内はBGMも流れていて賑やかのようです。うるさいのが苦手な方は落ち着かないかも知れません。


 

良い口コミ・評判

 

ご飯にしみ込んだ特製のたれの味は抜群で・・・もちろんメインのロースはやわらかくて食べやすく、文句なしの美味しさであった。お好みで、飛騨山椒をかけられるようになっており、味の変化を楽しめるのもまた楽しい。

引用 じゃらんnet ぶたいちの口コミ

 

お肉がとても柔らかくて肉厚で美味しかったです。

引用 じゃらんnet ぶたいちの口コミ

 

豚丼茶漬けを食べてきました。最初は豚丼本来の美味しさを堪能した3分の1ぐらいになってからお茶をいれて食べてきました。とてもさっぱりとしていて美味しかったです。

引用 じゃらんnet ぶたいちの口コミ

 

濃い味付けの豚丼が本当においしかったです。ボリュームもあるのでかなりお腹いっぱいになりました。

引用 じゃらんnet ぶたいちの口コミ

 

バラとロースのミックス丼が欲張れて素敵です。帰り際ににこにこしながら見送りに来ていただいたご主人も忘れられません。すばらしい!

引用 じゃらんnet ぶたいちの口コミ

 

良い口コミまとめ

◆たれが抜群、肉が柔らかい

◆山椒が味変になって良い

◆豚茶漬けが美味しい

◆ボリュームがあって満足

◆バラとロースのミックス丼が素敵

◆店主の接客が良かった



ぶたいちはメニューのバリエーションも多く、肉質や味付けに関しても全般的に好評価が多いです。ぶたいちならではの豚茶漬けもあっさりとした〆として終わらせられるので人気です。

店主の愛想が良いという口コミもありました。

 

 

 

ぶたいちメニュー紹介 食券制の特徴

券売機 ぶたいち

ぶたいちのメニューは食券制です。メニューがそこそこ沢山あるので初めて訪れると迷ってしまうかもしれません。

ぶたいちは他店と比べて肉やご飯の量が多めでタレが濃いめの印象で、普通の量でも結構満足感があります。大盛りや特上を注文するときはその特徴を覚えておきましょう。

 

 

◆メニュー一部紹介◆
◆豚丼◆  
ロース豚丼  950円
バラ豚丼  970円
ミックス豚丼 1000円
特上ロース豚丼 1200円
特上バラ豚丼 1200円
特上ミックス豚丼 1260円 
特上ロース豚丼 大盛 1540円
単品 ロース豚丼(味噌汁・漬物なし)  840円
ロース豚丼ハーフ  740円
お子様豚丼(ジュース付)  530円
ヒレ豚丼 1000円
豚丼茶漬け用 だし汁  180円
◆ラーメン◆(音更店のみ)  
醤油・ホタテだし塩  760円
味噌  810円
辛味噌  850円
豚めん(醤油・ホタテだし塩)

1080円

豚めん(味噌) 1130円
豚めん(辛味噌) 1180円
野菜ラーメン(醤油・ホタテだし塩)  860円
野菜ラーメン(味噌)  920円 
野菜ラーメン(辛味噌)  960円
ホルメン(醤油・ホタテだし塩)  970円
ホルメン(味噌) 1030円
ホルメン(辛味噌) 1070円
とんとろチャーシューメン(醤油・ホタテだし塩) 1080円
とんとろチャーシューメン(味噌) 1130円
とんとろチャーシューメン(辛味噌) 1180円

 ※価格は2020年11月の情報です。


価格は平均的から少し高めくらいです。しかし、肉やご飯の量が多いのでコスパ的には悪くないと思います。

 

 

「豚丼茶漬け用だし汁」がおすすめ 

豚丼茶漬け ぶたいち

他の豚丼屋にはないぶたいちの特徴的なメニューが「豚丼茶漬け用だし汁」

濃いめの味付けを堪能したあとはお茶漬け風にしてさっぱり系に味変。

だし汁の追加だけで2つの味を楽しむことができるので是非おすすめです。

 

 

ぶたいちは豚丼のテイクアウトも可能です。

みそ汁は付かないのでご注意ください。

 





以上、「ぶたいち」を紹介しました。

ぶたいちは2021年に移転オープンしたのでご注意ください。

 

ぶたいちはこんな方におすすめです。

◆濃いめの豚丼が好き

◆ガッツリ食べたい

◆炭火焼豚丼が食べたい

◆豚丼茶漬けを食べてみたい

◆豚丼とラーメンが食べたい(音更店限定)

〇んちょうと〇田へ行けなかったけど美味しい豚丼が食べたい

 

 

興味が沸いた方は是非、帯広「ぶたいち」へ行ってみてください。 

 

参考

ぶたいち



 

こちらからも帯広の豚丼屋を探せます

www.tohumen.com

 


帯広グルメ関連記事はこちら

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 




行ってみたいけど行けない、そんなときは
北海道お取り寄せグルメで北海道の美味しいものを探してみてください。

海鮮、帯広豚丼、スイーツから野菜フルーツまで北海道名物グルメが盛りだくさんです。

 

詳細はこちら

www.tohumen.com

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました。