北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

苦しいことも沢山ある人生の中で感じる疑問などを発信しています。ブログテーマは『1.人間関係など心理的悩み』『2.帯広のグルメや観光情報』『3.健康関連』などを書いています。

心が疲れたときのメンタルヘルス対策と自分探し【まとめ記事】

自分が精神的に打たれ弱い人間だと感じたことはありますか?

 

「豆腐メンタルのとふめんです。」と名乗るくらいに私自身も打たれ弱く、いつまでも悩んでしまう性格です。そんな豆腐メンタルな心の弱い人は、疲れた分だけメンタルヘルスケアをしてあげる必要があります。

 

心が疲れてしまったな。と感じた時、その原因は人間関係がほとんどです。相手に原因がある場合ももちろんありますが、自分自身の考え方が偏っていることに気付かずに自分を苦しめている可能性もあります。

 

今回は、心が疲れてしまう人に起こる人間関係の特徴やメンタルヘルスケア対策を紹介します。

 

 

 

 

 

豆腐メンタルを守るメンタルヘルスケア対策

メンタルヘルス 豆腐メンタル

豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)

普段生活をしていれば、人間関係などが原因で精神的に疲れてしまうことが必ずあります。

そんな心の疲れをフォローしながら日々頑張っていかなければならないのですが、心の弱い人に限って自分に厳しくムチを打ち続け、限界を超えて病んでしまう、最終的にうつ病などの精神疾患にまでなってしまう人は多いです。

 

心が疲れやすい人の特徴として、自分に自信がないことや他人優先の考え方をしてしまう傾向があり、自分の本音をずっと抑えた生き方をしています。

 

心が疲れる原因やメンタルヘルスケア対策を知ることは、自分が生きやすく過ごすための自分探しになります。

 

 

心が弱い自分を守るための対策

1.メンタルを鍛えて打たれ強くなる

2.自分が傷つく状況を予測して回避する

3.考え方の違う人と関わり視野を広げる

 

 

精神的な負担になりそうな状況を予測して避けたり、傷つくかもしれない状況に身構えることでも自分を守ることは出来ます。 

豆腐メンタルな自分を守るための対策や考え方を紹介していきます。

 

 

1.ブルーマンデー症候群対策 

月曜日や連休明けに気分が重くなる「ブルーマンデー症候群」の理由と対策について紹介しています。 

仕事や学校が始まる月曜日は憂鬱な気分になりやすく、仕事に不満が大きいほど鬱の度合いも大きくなります。仕事が大好きという人ではない限り、誰もがなる症状です。

休日にだらだら過ごすことによる生活リズムのずれも精神的な不調を助長する原因になります。 

 

www.tohumen.com

 

 

 

2.緊張との向き合い方 

豆腐メンタルな人は緊張する状況の対応が苦手なので、精神的な負担も大きく感じてしまいます。緊張しすぎると冷静な判断能力が失われ、100%の力が出せなくなります。

本来、「緊張」は集中力を高めるなどの自分の力を発揮するための効果があるので、緊張しすぎてしまう自分を客観的に分析すると、心に過度な負担が掛からなくなる方法が見つけられるかもしれません。

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

3.打たれ強い心を作る瞑想

瞑想には頭の中の雑念を消し、脳を休ませる効果があります。普段様々な情報を吸収していることで一杯になった頭や心に余裕を持たせることで、ストレス解消などの効果もあると言われています。

1日5分~10分程度の瞑想がおすすめです。

 

www.tohumen.com

 

 

 

4.周辺環境が綺麗だと精神面も安定する

部屋が散らかっている、掃除をしていないなど、生活している周辺の環境が汚れていると無自覚で精神的な負担が掛かっています。

デスクが整理されていないと仕事効率が落ちたりイライラしやすくなることがあるように、精神状態と清潔感は関係します。周辺の環境が綺麗にされていると心の安定にも繋がります。

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

5.防衛機制からストレスを感じる状況を知る

人は無意識のうちに、ストレスに感じた状況で自分をかばう為の防衛行動をとっています。 

咄嗟にとった行動を振り返ってみることで、自分が不快に感じている状況に気付けます。自分の行動を分析し、ストレスのかかる状況を事前に回避するための対策をうつことが出来ます。

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

6.苦手な人からの回避術

自分の意思が弱い人は、断るのが苦手で相手に合わせてしまう状況もあります。我慢ばかりしていると自分の負担が溜まるばかりなのでいつかメンタルが壊れます。

嫌味を言ってくる人や上から目線な人のようなとの付き合い方を紹介しています。

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

 

7.怒られることに凄くストレスを感じる人の対処法

仕事で怒られたりすることは、とてもストレスを感じる人もいます。

怒られる原因には自分に責任があることもあれば、相手の機嫌が悪かったなどの理不尽な理由もあります。怒られた理由を振り返ることは必要ですが、全てを真面目に考えていると病んでしまいます。

 

自分に原因がない事もあるので、相手の怒りの心理を考えてみると負担が軽減されるかもしれません。

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

8.行動することが怖い人

何か行動をするということに対して、強い不安を感じる人がいます。

失敗したらどうしよう、はやくやらなきゃ、などと考える程、心の中で不安は大きくなって行動に移すことが怖くなっていきます。

 

石橋を叩いて割るような慎重派な性格は、時には自分を苦しめてしまうこうもあります。

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

 

9.偽善者を嫌う人の心理

誰にでも優しい人や、人の手伝いを積極的に行う人に対して、「あの人は自分の好感を上げるためにやっている」と批判する偽善者嫌いな人がいます。

下心もない善意の行動を批判されると誰だって傷つきます。

 

人の行動を何かと理由を付けて叩く人は、相手を下げて自分の存在価値を守るための自己防衛手段なのかもしれません。

心無い批判に惑わされないための心理を紹介しています。

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

10.自分に厳しい人は「うつ」になりやすい 

 メンタルが弱い人に限って自分に厳しい。自分はもっと頑張らなきゃいけない、こうあるべきだ、という固定観念が強いと心が潰れてしまいます。

 

メンタルが弱い人は、自分で自分の存在、行動、性格全てを受け入れてあげることがメンタルケアに繋がるし、明るい人生が見えていきます。

www.tohumen.com

 

 

 

 

11.喪失感の乗り越え方

失恋、離婚、死別などの別れ、あるいは大きな目標の節目を迎えたことなどの様々な理由で、心に穴が開いたような喪失感に苛まれることは誰にでもある事です。

喪失感のショックが大きいほど無気力状態になり、ひどいうつ症状や行動力の低下の原因になります。

そんな喪失感による精神的な負担を抱え込み過ぎないようにするにはどのようにメンタルヘルスケアを行っていくべきなのかを紹介しています。

www.tohumen.com

 

 

 

 

12.好きなことでもやる気が起きない理由

仕事ややらなきゃいけないことがあると、「やる気が起きない」と感じることは誰にでもあって普通のことです。しかし、趣味や自分の好きなことでさえも面倒くさいと感じるようになった場合は、心が疲れている証拠です。

 

うつ病などの精神的な病気に繋がる前に、心を休ませる方法を考えるようにしましょう。

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

13.ネガティブな感情を持った時の対策

誰にでもネガティブな感情になりやすいときはあります。しかし、いつまでもネガティブ状態が続いていると心の健康面でも良い事ではなく、人も離れていきます。

 

ネガティブ思考に陥りやすい人は、自分がポジティブになれるような「気持ちの切り替え方」を把握しておくとメンタルケアに繋がります。 

www.tohumen.com

 

 

 

 

14.気分転換の前に不安の種を解消すること

「マズローの欲求5段階説」を基に人の心理状態を解説。

気分を晴らすためには気分転換も必要だけど、悩みを抱えたままだと不安を先延ばしにしているだけの現実逃避にしかならない。

目の前にある問題を解決していくことで心のゆとりも生まれ、視野も広がっていきます。 

www.tohumen.com

 

 

 

 

 

 

15.一人ぼっちな孤独が付き合ってはいけない交友関係

 孤独である心寂しさに苦しんでいる人は、近づいてきてくれた人誰彼構わず心を許してしまうことがあります。孤独にトラウマのある人は人間関係で依存しやすいので自分の行動に気を付ける必要があります。

 

人間性に問題のある人に依存してしまうと自分も影響されて堕ちていく可能性もあります。

www.tohumen.com


 

 

 

 

16.人を見下す人の心理

他人を見下す人は自分の保身のためという目的が強いため、相手がどう感じるかなんてことはあまり考えていません。

相手の性格を理解し、真に受けないように接することが自分のためになります。 

www.tohumen.com

 

  

 

 

17.仕事が嫌いで大きなストレスを感じる

 仕事に目的を持てていない人は、何のために苦労に耐えて毎日仕事を続けているのかも分からず精神的に苦しく感じているのではないでしょうか。

 

やりがいのため、お金のため、家族のため、趣味のため、明確な目的がないとモチベーションも上がらないので、自分にとっての「仕事の意味」をじっくり考えてみることも時には大切です。

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

「心が疲れた」と感じるときは心を休ませるために自分に何をしてあげられるかを考えましょう。
例えば職場に強いストレスを感じるなら転職して環境を変える、癒しが足りないなら自分のご褒美を考えるなど、他人ではなく、自分のための行動を優先できる努力をしてみると負担が軽減されるかもしれません。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ありがとうございました