北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

職場で嫌われている自己中を見習うべきたった1つのこと 

豆腐メンタルのとふめんです。 (@tohumen090031)

 

 

皆さんは職場で嫌われたくないと思いますか?

はい。と答えた人はなぜ嫌われたくないのでしょうか。

集団で働いている職場なら、必ずと言っていいほど皆から嫌われている人がいると思います。

 

そんな周囲から嫌われる人に限って、周りが見えていないかのように伸び伸びと社内で過ごしていたりします。その鈍感さに羨ましくみえることさえあります。

 

仕事関係のコミュニケーションや評価は大事ですが、気にしすぎると過ごしづらい会社生活を送ることになります。

職場で嫌われても気にしない人との考え方にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

 

 

職場で好かれたい人

好き 好感度


 

基本的には、毎日のように顔を合わせる同僚なので、もし嫌われて目を付けられると居心地の悪さを感じてしまう。と考えてしまうのは普通のことです。

しかし、周囲の顔色を伺うことに必死になりすぎて行動していると、社内での好感度は上がるかもしれませんが、気疲れして居心地が良くなることはないでしょう。

 

楽になろうとしているのに自分の負担を増やしていては本末転倒です。

 

職場での評価を気にしすぎてしまう人は、観察能力が優れていて、他人の感情の変化や行動の予想を読み取る力が長けています。

それが自分を追い詰めることもあり、自分よりも他人優先の行動をしていまう傾向があります。

 

そんな気遣いをしていれば周囲の評価は上がるかもしれませんが、本来必要ない場面でも頼られ過ぎる原因にもなり負担も増えていきます。

 

 

好かれるためだけに自分の感情を抑えつづけたストレスが突然に器から溢れたように精神病の形となって表れる可能性もあります。

職場の人間関係を築くことも大事ですが、自分が過ごしやすくなるためという目的を見失わずに優先順位を間違えないことが重要です。

 

 

断ることが苦手な人へのヒント

意思が弱い性格でも嫌われずに断れる伝え方。嫌味な人や高圧的な人の対処法も

 

 

 

「職場で好かれたい人」の特徴

周囲の評価を気にしすぎる

観察眼に優れている

打たれ弱い、嫌われるのが恐い

優柔不断、はっきりと断れない

 

 

 

 

 

 

 

職場で嫌われている人

嫌われる 職場


 

職場には十人十色の人が仕事をしているもので、集中的に避けられたり陰口の標的となる「嫌われ者」も存在します。一概には言えませんが、この「嫌われ者」には、周囲のご機嫌を窺って好かれようという考えはありません。

 

「職場で好かれたい人」からみれば、周囲からどう思われようが気にしない「嫌われ者」は理解が出来ません。

しかし、その理由が他人に気遣いし過ぎる人が見習うべき特徴でもあるのです。

 

 

なぜ、職場で嫌われても当たり前のように普通に過ごしていられるのか。

その理由は、自己中であり自分の目的に忠実に行動しているからです。

 

 

自分がどうしたいという目的や答えがはっきりしているので、他人から何を思われようと、自分の考え方が優先的になります。

 

例えば、「職場で好かれる人」を目指すよりも「仕事をして成果を上げる」ことや「プライベートを大切にしたい」などの方が明確に高く順位付けされているということです。

 

自己中な自分に正直である考え方は、批判を受けることも多いかもしれませんが、目的を果たすための無駄のない方法でだと考えると、ある意味効率の良い方法ともいえます。

 

 

 

「職場で嫌われる人」の特徴

社内では孤立していることが多い

批判を恐れない

感情表現をストレートに表す、嫌なものは嫌

自己中心的

鈍感、空気が読めない

目的のための行動が明確

 

 

 

 

「職場で嫌われる人」も無感情ではない

 

社内で評判が低くても、陰口を叩かれていても全く気にしない人もいるかもしれませんが、「嫌われること」を気付いていて傷ついても、敢えて「嫌われ者」に徹し続ける人もいます。

 

 

その中には例外がいます。 

自分の目的のためで嫌われたのではなく、他人の評価を恐れたことで行動が出来なくなった人です。

この場合は状況が少し違います。

 

メンタルがやられてしまい自分の目的の行動を起こすことが出来ず、周囲から嫌われているという評価からも怯えて歩み寄ることもできず、八方塞がりの状況です。

 

その人に嫌われる原因があったとしても、戦意を失っている人に対して集中的に批判をぶつけてしまう場合、それはもう社内いじめですね。

 

正論だろうと善者と悪者の立場が逆転しています。

多数派が正しいという勘違いをしないよう気を付けましょう。

 

 

 

 

 今回紹介した「職場で嫌われる人」は自己の一番の目的を全うする強い信念を持った人。

見方によっては見習うべきポイントがあります。

周囲の評価を気にしすぎてしまう人は、考え方の真逆なタイプを参考にしてみると解決のヒントが見つかるかもしれません。

 

 

 

仕事の人間関係関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

 

ありがとうございました