北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

紫芋の読谷ソフトが人気!帯広の芋系スイーツといえば「クランベリー」

豆腐メンタルのとふめんです。とふめん (@tohumen090031)

 

農業や美味しい食の魅力が豊富な帯広。

その中にはスイーツやお菓子ももちろん含まれます。

 

人気のお店は六花亭や柳月だけではありません。

十勝管内ではその2店に負けない人気を誇る洋菓子屋がクランベリーです。

 

女子人気が圧倒的に高い「芋系スイーツ」といえばクランベリーと言われるくらいの、お土産用としてもよく利用される洋菓子店の魅力を紹介します。

 

 

 

 

洋菓子専門の店「クランベリー」

 

ケーキ 洋菓子

カフェやケーキ屋が沢山ある激戦区、帯広でも恐らく上位に名前が挙がってくる「クランベリー」

その秘密はロングセラーの看板商品とも言える人気商品の存在です。

 

休日や暑い夏のソフトクリームの美味しい季節には店外まで行列が見えることも。

販売商品はケーキ類、ソフトクリーム、それと日持ちもする焼き菓子系も扱っています。

 

 

 

帯広と幕別札内に全5店舗

 

2019年現在、クランベリーは帯広に4店舗、幕別町札内に1店舗展開しています。

幕別町札内店は2019年4月にオープンしたばかり。

本店と変わらない定番商品が味わえます。

※ソフトクリームラリー対象店舗です。

夏は帯広のソフトクリームラリーで80店舗食べ尽くし!

 

 

 

クランベリー札内店

 

 

どの店舗にもクランベリー名物ともいえる「芋」をメインとした2大看板商品が存在します。

その2つの商品を紹介していきます。

 

 

1.スイートポテト

 

まずクランベリーへケーキ目当てに行くのなら、必ず候補に入るスイートポテト。

ひとつひとつの大きさがまばらで表面の焼き色が眩しい巨大スイートポテトがショーケースに並んでいます。

 

 

大きさが選べる

大きさがバラバラな理由はサツマイモの皮が器代わりとして、さつまいもを丸ごと使用しているためで、形も大きさもバラバラです。重さで値段が決められているので、価格も選ぶ大きさによって異なります。

 

お土産用にも丁度良い大きさを選べるのもメリット

 

 

 

見た目の重量感とは裏腹にくどさがない

さつまいも系のスイーツは濃厚な甘さが美味しいけど、後半になるにつれて、くどくなってしまい腹も満たされやすく、「もういいや」となってしまいがちです。

 

しかしクランベリーのスイートポテトは、見た目のわりに甘すぎることなく一人前をペロリといけてしまう食べやすさ。

普段、芋系のスイーツよりもフルーツ系や定番を選んでしまいますが、クランベリーへ来たらスイートポテトを頼んでしまいますね。

 

 

温めてもおいしい

スイートポテトの特徴は冷たくても温めても美味しいところ。

二つの楽しみ方が出来ます。

 

 

 

2.読谷ソフトクリーム

 

2つめの看板商品は、「紫芋」風味のソフトクリームである通称「読谷(よみたん)ソフト」

夏場にはこれ目当ての客が殺到します。

 

淡い紫色をした紫芋のソフトクリーム。

しかし紫芋、紅芋といえば沖縄というイメージ、読谷という名前もどうやら沖縄の地名からきているらしい。

クランベリーが読谷ソフト推しの理由は分からないが美味いから良し。

 

 

 

激安ソフトクリーム

ソフトクリーム

※写真はイメージです
 

 

クランベリーのソフトクリームは数種類あるが、読谷ソフトは目を疑うほど異常な安さ。

 

▶レギュラー1本140円
▶ミニサイズ1本108円

 

 

店で販売しているとは思えない安さです。いまどきコンビニにも勝てるコスパです。

甘いもの苦手な人でも軽く食べられるミニサイズがあるのも魅力。

読谷ソフトは「読谷」と「バニラミックス」の2種類から選べます。

 

もちろん夏恒例の十勝ソフトクリームラリーにもクランベリー本店が参加しています。

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

3.ポテトパイやクッキーも定番

 

その他にも、お土産用に便利な日持ちするクッキー系も種類豊富であり、

スイートポテトとは違う芋系スイーツを楽しめる「ポテトパイ」や「スイートポテトのタルト」などもあるので芋好きな方は是非、いろいろ食べ比べて楽しむのもおすすめです。

 

 

帯広へ遊びに来た際はお好みのスイーツ店を見つけてみて下さい。

 

 

 

帯広のお店関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

ありがとうございました