北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

転職で悩んでいた頃、文章を書くとで楽になることを知る。帯広観光情報、仕事・恋愛・劣等感から起こる人間関係の悩み、考え方や人の心理について書いています。SE1年目

【ダイエット】初めて挑戦する人が悩まないプロテイン基本知識  

豆腐メンタルのとふめん (@tohumen090031) です。

 

身体づくりに大きく影響してくるのが食事です。

運動やスポーツだけではなく食事管理も合わせた方が断然、理想の身体づくりへの近道となります。

様々な健康サポート食品がある中でも強い味方となってくれるのはプロテインです。

 

プロテインは筋肉増強や成長が盛んな10代の身体づくりのサポートを目的としたイメージも強いですが、種類や飲み方を工夫するとダイエット効果も期待できる万能品です。

 

現在はプロテインにもかなりの種類があります。主に目的ごとにプロテインの種類が存在していますが、初めて使用する場合はどれが良いのか分からなくなります。

そこで、今回はダイエットを目的とした人向けに

初めてプロテインを選ぶ時のポイントと知識を紹介しようと思いますので参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

プロテインの目的と効果

 

プロテイン


 

プロテインはタンパク質

そもそものプロテインの成分はというと「タンパク質」です。

プロテインはタンパク質がメインで加えて種類によって他の栄養素が含まれています。

タンパク質は水と同じくらい体内に必要な物質で重要なエネルギー源です。

身体に必須な栄養素のタンパク質を効率よく吸収できる形にしたものがプロテインです。

 

普段の食事でもタンパク質は摂取出来ますが、ダイエットにはあまり必要ない炭水化物や脂質も大量に摂取することになります。

だからダイエットを考えるならタンパク質メインのプロテインは最適です。

 

 

 

プロテインの種類

 

プロテインを初めて使う時、種類の多さにとても迷いました。

プロテインには目的や必要の栄養素に成分量を合わせたいくつもの種類が存在します。

そのなかでも最初に覚えておけば大丈夫な主な3種類のみ紹介します。

 

 

 

ホエイプロテイン

牛乳の成分がメインのオーソドックスなプロテインです。

一般的な「プロテイン」はホエイプロテインを指します。

 

筋肉の増加や子供の身体の成長を目的とした成分を豊富に含んでいます。

コストは少し高めですが、筋肉も同時につけて綺麗な体型を作るにはおすすめです。

吸収が早いというのも特徴です。

 

 

 

カゼインプロテイン

これも牛乳の成分から作られるプロテイン。

長時間スポーツを行うアスリート向けに適したプロテインで

ホエイプロテインとは逆に体への吸収が緩やかなのが特徴です。

 

 

 

ソイプロテイン

大豆が主成分のプロテインであり、ダイエットや減量を目的とした方に適したプロテインです。

ホエイプロテインと比べるとコストが低めな傾向です。

 

大豆の成分により太る原因となりやすい糖質、脂質がホエイプロテインよりも抑えています。

腹持ちも良いので食事制限の置き換えとしても活用できます。

 

 

参考

プロテインの基礎知識 | PROTEIN | DNS ZONE

 

 

 

 

プロテインの効果的な摂取時間

 

ダイエット 減量

ダイエットを行うには体内の活動を考慮してプロテインの摂取するタイミングを選んだ方が効果的です。体に負担を掛けずに無駄なく吸収してもらうタイミングがあります。

 

 

運動後30分以内

筋肉が疲れて養分を吸収しようとしている運動後30分以内が効率よくたんぱく質をエネルギーに変えてくれると言われています。

 

吸収力が高まるのは脂肪やほかの成分に対しても同じなので、運動直後に太る要因の物を食べると痩せにくい身体になってしまいます。

 

 

 

 

夕食の置き換え・就寝前

ソイプロテインやカゼインプロテインは、就寝前である夕食の代わりや食事を減らした代わりにプロテインを摂取することで、栄養不足になることなく体重を減らしていくことが出来ます。

 

炭水化物や脂質を多く含む主食(ごはん、パン、麺類)の置き換えとすることで、継続的に脂肪を減らしていくことができます。

 

 

こちらも参考にどうぞ

【食事制限系】ダイエットは方法を間違えると太る

 

 

 

腹持ちが良いので空腹に苦しまずにダイエットを行うことが出来ます。

 

 

 

種類にこだわり過ぎる必要はない?

 

以上、これからダイエットなりプロテインなりを挑戦してみようと思っている方が

最初に知っておけば失敗しない基礎知識を紹介しました。

目的ごとに種類はありますが、あくまでおすすめであって、効果的な摂取の仕方とカロリーを考慮した食事制限ができていればどのプロテインを使ってもダイエットは成功します。

 

私もソイプロテインもホエイプロテインもそれぞれ別の時期で試してダイエットに挑戦していましたが、どちらを使っても1ヵ月で2kg~4kgの減量は成功しています。

 

プロテインというもの事態がタンパク質メインなので、体の栄養を見直すにはとても適しているということですね。

 

 

是非、興味のあるタイプで挑戦してみて下さい。

 

 

 

 

ダイエット関連記事

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

ありがとうございました