北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

苦しいことも沢山ある人生の中で感じる疑問などを発信しています。ブログテーマは『1.人間関係など心理的悩み』『2.帯広のグルメや観光情報』『3.健康関連』などを書いています。

できないと決めつけるクソ上司の仕事価値観

日々、職場で仕事をしていると、価値観や考え方の違いからどうしても「あいつうざい」と感じることはありませんか。



豆腐メンタルのとふめんです。(@tohumen090031)

同じ職場のルールや方針であっても仕事のやり方は人によって多種多様にあるので考え方が違ってくるのも仕方のないことです。

さらに男女で比べてみると、考え方の違いはさらに拡がり、仕事に対する価値観も変わってきます。


中には自分の視点でしか物事を見ることが出来ない人がいます。そんな人は自分との仕事の考え方が違うだけで「仕事のできない奴」という見方をする人もいます。


特に男社会中心の時代から長年自分のやり方を貫いてきた男上司のなかには、女というだけで仕事の姿勢に偏見を持っている人も事実です。

 

そんな頭の固いクソ上司は無視しておけば良いのですが、なぜそんな考え方の違いが起こるのかというと男と女の脳の構造に理由があります。

 

今回は、男女の仕事の考え方や価値観の違いと、男上司が女を見下す理由を探ります。



この記事を読んでほしい人

仕事が出来ないと言われた
女というだけで仕事で見下されている
部下を見下すクソ上司がうざい
仕事に対する考え方が合わない人がいる

 



この記事を読んで得られること

クソ上司の対処方法がわかる
クソ上司の思考が読めるようになる
男女間の考え方の違いが分かる

 




 



男社会で生きてきた上司の感覚

仕事のできない女


一昔前までの職場は、男の割合が多い男社会の環境で仕事に対する考え方も男目線の考え方でした。

そこで長く働いてきたベテランは、ライバル会社をどう出し抜いてやろうか、職場でも出世競争などを行ってきたのが当たり前の競争意識の強い考え方を持っています。

これがひとつの仕事に対する男性脳の考え方でした。

 

 

脳の構造からみる女性の仕事に対する価値観

 

女性脳をもつ人の仕事タイプは、競争という意識は一番ではなく、それよりも職場内のコミュニケーション協調性や平和に続けていく安定などを大切にする傾向があります。

(脳科学的に分析している内容の一例です。)

 

 

この男女間の仕事に対する価値観の違い、温度差や姿勢、思考などが、競争社会で生きてきた男上司からすると理解できない部分が多く感じます。結果、女性を一括りにして「女は仕事ができない」という極端な考え方をするクソもいるということです。

 

仕事に対して競争心の価値観が低い人からすると「なぜそこまで熱くなる必要があるの」と冷めることもあります。



男性脳、女性脳のよって違う仕事価値観

ちなみに考え方の傾向から男性脳、女性脳という紹介の仕方をしていますが、「男だから男性脳」「女だから女性脳」という訳ではなく、女性脳の考え方をもつ男性も沢山いるようです。

 

これはどちらが正しいということではないので、頑固な思考の人ほど考え方が噛み合わずに大きな問題となりやすいです。

 

 

参考文献紹介

今回は心理カウンセラーである五百田達成さんの本を参考にさせていただきました。

この作家さんはまとめ方が上手でとても分かりやすいです。

「察しない男 説明しない女」のような性格や考え方について語った著書がいくつかあります。

 

 

 

1.仕事に居心地の良さを求めていない

 

居心地の良さ 仕事に求めるもの

女性脳タイプは充実感重視です。職場の同僚とは良い関係を作りたいと考え、仕事の面白さ、プライベートとも両立したいなど、仕事をする環境の居心地の良さを大事にしたい思考です。

 

なので出世や成績をだすということにそれほど価値は感じていません。

 

 

クソ男上司の対処法

職場を競争の場としか考えていないクソ男上司からすると、職場に居心地の良さを求めている人に対して良く思っていません。

 

職場で雑談をしているだけでやる気がないとか熱意がないとか感じているかもしれません。

 

もしそんなことを直接言ってきた場合は、「◯◯さんも一緒にお話しましょう!」と誘いましょう。

きっと意外な返答にひるんでブツブツ呟きながらどっかへ去っていくでしょう。

 

 

 

 

2.安定感よりも地位

 

女性脳は過酷なノルマを乗り越えて出世して地位を上げるよりも、安定した生活の出来る収入や休み、充実できる環境作りの配慮、職場の協調性などをメインに考えます。

男性脳の強い人は成績、地位、出世です。

 

 

クソ男上司の対処法

クソ上司は出世意欲のない人に対してやる気のないなどの極端な過小評価をしてきます。

こんな上司は自分の地位が高くあることが嬉しいと思うので、尊敬していると思わせる態度やおだてておけば機嫌良くなって小言を言ってこなくなります。

 

 

 

 

 

3.今までの過程よりも結果重視重要

過程 努力


 

仕事である以上、成績や利益など数字に関わる部分はもちろん重要です。

成果を重要視して結果ばかりに目が行きやすいのは、情報交換が好きな男性脳タイプで、クソ男上司は結果ばかりみて評価してきます。

 

結果までにどういう行いをしてきたかを大切に考えるのが女性脳タイプのです。

 

女性はある課題を達成するまでの過程で、感じた苦労や達成した喜びなどの感情を細かく記憶することができます。

 

クソ男上司の対処法

結果重視のクソ上司には、頑張った過程を長く説明しても評価されないので、結果を踏まえた上で頑張ったアピールをするようにしましょう。

それで文句を言われた場合は同僚に愚痴を聞いてもらって不満を吐き出しておきましょう。

 

 

 

 

 

4.身近な人の評価よりも会社からの評価が欲しい

 

会社の評価 クソ上司

女性脳は周囲と比べ合うことで自分の魅力を高めていくという表に出さない競争心は持っています。

男社会よりも恐いと言われるドロドロした女性社会の闇ですね。

なので同僚や部下、家族などの身近な存在から評価してもらうことは女性脳の人にとって大きな力になります。

 

逆にクソ上司のような男性脳は、取引先や社内の偉い人からの評判にとても価値を感じます。

 

 

クソ男上司の対処法

クソ上司は立場が下と思っている人から評価されてもあまり響かないかもしれません。

社長などにクソ上司の悪評をさりげなく流して、上の立場の人から怒られるように仕向けましょう。どっかへ転勤させましょう。

 

 

 

 

5.考え方よりも情報重視

クソ上司 情報上司 


 

打ち合わせや会議という場面は、男女脳の思考の差が特に表れやすいです。

男性脳は結果やデータなどの結論を重視する報告型

女性脳は理由や考え方を重視する意見交換型です。

 

これは会議の場面に限らず起こる問題でもあります。

早く結果や情報を知りたい男性脳タイプからすると、女性脳タイプの過程やそのときの感情を踏まえた説明は回りくどいと感じます。

 

男性脳思考の強いクソ上司は、結果をすぐ知りたいので女性脳タイプの話し方にイライラして文句を言ってきます。

説明している側としては、真剣に話しているのに文句を言われるので不満が溜まります。お互いの考えが噛み合わずに2人ともイライラします。

 

 

 クソ男上司の対処法

クソ上司は結論を早く知りたがっているので結果から話すようにするともう少し平和に会議が進むかもしれません。

極論でいえば「結果は〇〇です。以上!」

で済むかもしれません。 

 

 

価値観を押し付けるクソ上司

価値観押し付け 上司


 

以上、男女脳の考え方の違いをもとに女を見下すクソ上司の特徴を紹介しました。

女を見下す上司は自分の仕事に対する姿勢が一番だと視野の狭い考え方をしています。

 

競争するかのような意識で仕事する男性脳思考の強いクソ上司からすると、
熱い仕事意識がない人 = 「仕事ができない奴」となるのです。

 

これは自分が仕事ができないのではなく、クソ男上司の一方的な価値観の押し付けに過ぎません。

何をもって仕事ができるかは人によって考え方が違います。成績が高くて出世していく人もできる人、職場内のコミュニケーションを大事にして居心地の良い環境を作れる人もできる人です。



お互いに自分の価値観を押し付けるのではなく、人それぞれの思考を許容するとお互いのメリットが伸ばされると思います。それを理解していないクソ男上司は考え方が頑固で意見を聞き入れないので気にしないスルースキルを身につけておきましょう。

 

 

今後の嫌いなクソ男上司との付き合い方の参考にしてみて下さい。

 

 


 

性格心理学関連はこちら

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 帯広情報へ

ありがとうございました