北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

黒歴史のある自分と向き合えばコミュ障でオタクで陰キャでもモテるようになる

豆腐メンタルのとふめんです。 (@tohumen090031)

 

一般的な観点から言えば、オタクはモテません。

モテる男のイメージと言えば、イケメンでお洒落で清潔感があって

話が上手くて社交的で気遣い上手です。

 

一方、オタクに多い特徴と言えば、ブサイクでファッションに乏しくて、

不潔でコミュ障で陰キャのイメージが強いです。

 

恋人なしや生涯独身率が増えてはいますが、アイドルや二次元の女子キャラを追いかけています。みんな女子が好きなんです。

 

のけ者のような扱いをされるよりは、好意的に思われたいです。

自分がコミュ障で陰キャだから好きな子を諦めてしまうのは間違いです。

過去どんな劣等感を持っていても自分を磨ければいくらでも良い結果に繋がります。

 

恥ずかしく思う自分を意識から変えていきましょう。

 

 

 

 

自信のなさが非現実的な恋をさせる

 

男性は誰もが女性に興味を持っていると思います。

 

それが現実の世界でも、二次元のアニメやマンガのキャラクターだとしても、

女性に対しての好意があるのは変わりありません。

 

意中の女性ともっと距離を縮めたい、仲良くなりたいと思ってもいざ目の前にすると、

緊張して頭が真っ白になり、コミュ障を発揮して普通の会話すら成り立たなかったり

勝手に劣等感を感じてしまい、積極的になれずに仲良くなれない。

 

そんな自身のなさから勇気が持てずに現実逃避してしまうと

二次元やアイドルのような空想の恋人探しへと思考が移っていきます。

 

 

まずは劣等感を克服するために

不安や劣等感を乗り越える10の感情切り替え方法

 

モテる男性はこだわりが強い?弱い? 自信がない人にも魅力あり

 

 

アイドルやアニメのキャラクターは、

男性にとって可愛いと思う理想的な要素を兼ね揃えた

性格や設定で振る舞っているので、魅力的に見えるのは当たり前ですね。

 

そんな理想的な世界は、お金を払えば好意的に接してくれてますが所詮は偽物です。

本心で自分に好意を持ってくれる女性に出会えた嬉しさも楽しさと比べると、

どことない虚無感も感じて本物より劣ります。

 

 

 

 

陰キャオタクが結婚できたきっかけ

 

とふめん(私)は、覚悟を決めて白状しますと

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュ障で根暗で引きこもりの陰キャのアニオタです。

どーでもいい

 

 

 

 

初対面では大抵緊張して数秒で沈黙のテンポの悪い会話、

反応が薄い、暗い、楽しくなさそうと言われる、

出来ることなら家から出ないで寝るかアニメを観ながら暮らしたい、

ノリが良い人、社交的な人から自然と遠ざける。

そんなモテないどころか、社交性な要素を全て捨てたような性格をしています。

 

 

 

そんな女性から避けられそうな要素ばかりを兼ね揃えておりますが

 

 

わたしは結婚しております。

 

 

 

 

 

拍手。

おおー(歓声)

 

 

 

 

ちなみに妻は、アニオタ趣味でもオタク男子好きでもありません。

 

趣味が同じでもない妻と結婚できるまでに至った理由とは、 

自分自身の欠点を自覚して改善することが出来たからだと思います。

 

 

 

 

消し去りたい黒歴史

f:id:fc090031:20190505025428j:plain


モテない人は意外と楽観的です。特に自分と身の回りのことに関しては。  

もともと私も自分に対しての関心がほとんどありませんでした。

 

つまりは外見も内面も気にしたことがなかった

客観的に自分を見たことがなかったのです。

だから自分の欠点にも気付かないままで生きていました。

 

恥を晒しながら普通に過ごして、どうしてモテないのか疑問に思っていた学生時代が

とてもとても恥ずかしい。

外見よりもその思考が何よりも恥ずかしい。

 

 

モテない要素一覧 (実例)

 

高一の夏まで持っている私服は親が選んだTシャツと短パンのみ

ファッション知識皆無、ジーパンとシャツしか知らない

カットの髪型は美容師、理容師が決めてくれるものだと思っていた

ワックス等の整髪料の存在を知らなかった

眉毛や鼻毛は整える必要がないと思っていた

体臭や口臭を気にしたことがなかった 最低限の風呂と歯磨きのみ

9割型受け身のコミュニケーション

話しかけてくる人は喋り好きだからだと思っていた

アニメオタク 少年漫画系ではなく、女子が引きそうな深夜アニメ

女友達が少ないことに疑問に思っていた

 

ぱっと思い浮かんだだけでこれだけ出てきました。

多すぎてまた恥ずかしい。

 

思い出しながら書いていると恥ずかしくて謎の叫び声が出ます。

 

 

 

 

 

羞恥心と美意識の芽生え

 

f:id:fc090031:20190314221917j:plain

高校生活は私服登校の高校で頭髪や身だしなみの規則もあまり厳しくない学校でした。

 

そんな色とりどりのクラスメートがいる環境で、一定期間経った高校一年のある日、

ふと感じました。

 

 

なんか僕の格好、皆と違う。

 

 

 

私はこのままだと彼女すら出来ず

結婚も出来ず、1人ぼっちのまま一生を過ごすことになる。

 

  

(初めての自覚)

 

 

 

そこで生まれた「恥ずかしい」という感情がコンプレックスに変わり

この格好でこの場にいることに違和感を感じ始めました。

 

そこから

「カッコ良くなりたい!」

という意識が芽生え、自分磨きが始まりました。

 

 

コンプレックスと闘いながら、雑誌を買い、ネットで調べ、

買物に行けば、アパレルショップを見て回るようになり、

地道に知識を蓄えながら、何年もの人生経験を経て

自身の欠点と向き合って磨き続けた結果の現在、

 

一生彼女無しという予想を大きく覆し、20代のうちに結婚という

中学、高校時代の私からは想像できない幸せな生活を過ごしています。

 

 

これには、僕自身もクラスメートも驚いています。

 

 

 

自分磨きをしている間には、失敗も遠回りもあり何が正しいのか分からなくなって迷走した時期もあります。

恥をかいたことは挑戦した数だけありますし、未だに恥はいくらでもあります。

 

それでも、意識が変われば行動力にも繋がりいくらでも人は変わって成功できるのだと身をもって経験しました。

 

同じ悩みを抱えているなら勇気を持ってひとつずつ変わってみましょう。

 

 

 

 

 モテ関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

www.tohumen.com

 

  

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ありがとうございました