北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

転職で悩んでいた頃、文章を書くとで楽になることを知る。帯広観光情報、仕事・恋愛・劣等感から起こる人間関係の悩み、考え方や人の心理について書いています。SE1年目

IT業界への入門試験!初心者が20日間で取ったITパスポート試験

豆腐メンタルのとふめんです。

 

IT業界の仕事の幅は増えてきています。

どの職場にも様々なITシステムが取り入れられていて

現在ではなくてはならない重要な技術です。

 

だからこそ情報知識は自分自身の強い武器になります。

 

今回、IT系の入門者向けの資格「ITパスポート」の試験を受けて合格してきましたので、

試験の概要や体験レポートを紹介していきます。

 

 

 

 

IT音痴、ド素人の挑戦

 

そもそも私、とふめんはコンピュータ系の道に踏み入れたこともない機械音痴です。

仕事も以前は農業の営業職。パソコンなんて文字入力と簡単なエクセルの表を作るだけ。

 

そんな私が知識0からSE(システムエンジニア)を目指して進むこととなりました。

28歳、挑戦に年齢は関係ありません。

 

とはいうものの、素人の中でも基礎知識以下の私です。

 

やっぱ時代はIT系だよね。(・・・ITってなに?)

 

 

IT(Information Technology)とは情報に関する、コンピュータの技術に関連した表現である。コンピュータをベースとした情報システム。

情報技術 - Wikipedia

 

 

何も知らなくて恥かくレベルだったんですけど、

こんな私でもたったの20日間で国家資格を取ることが出来てしまいました。

 

しかも仕事はもちろん、帰宅後に家事もこなしながら、

一日の猶予は夜の落ち着いた時間から寝るまでの数時間のみです。

 

 

 

ITパスポート資格とは

 

f:id:fc090031:20190424223503j:plain

 

情報系やコンピュータ系といっても幅が広く資格も沢山あります。

「ITパスポート」という言葉も試験を受けることになって初めて知りました。

 

今回受けた「ITパスポート」とは、ITの基礎的な知識を証明することの出来る国家資格です。

 

IT分野では初心者向けで、基礎知識ばかりの入門編という位置づけのようです。

図で見てもレベル1の一番下に位置します。

 

f:id:fc090031:20190424204807j:plain

引用 IPA情報処理推進機構「情報処理技術者試験 新試験制度の手引」

 

 

それでも試験合格率は約50%しかありません。

2人に1人は落ちていることになりますので甘ちゃんな試験ではないことが分かります。

 

 

 

資格活用事例

 

ITパスポートは基礎知識を身に付けられる初心者向け内容なので専門学校、専門学科や企業が研修材料として用いられています。

国家試験であるところも業界の評価は高いです。

この資格があれば業界の基礎知識を理解している証明になります。

 

社員教育、社員研修として

学校で知識向上、モチベーション向上の目的として利用

国家試験なので就職活動のPRとして武器になる

 

 

 

試験内容

 

試験時間 120分

試験形式 4択形式 100問

出題内容 経営全般(ストラテジ)、IT技術(テクノロジ)、IT管理(マネジメント)

合格基準 1000点満点のうち、600点以上かつ

      各分野3割以上の正答率(詳しい配点内容は不明)

 

 

試験会場・日時

試験は都道府県の各地で開催されます。

試験は毎月1~2回程度の頻度で開催されています。

 

受験申し込みはホームページにて行うことが出来ます。

【ITパスポート試験】情報処理推進機構

 

 

 

勉強から合格までの流れ

f:id:fc090031:20190424224002j:plain


 

IT知識も専門用語も知らない状態で受験をすることとなり、

「さてどうやって勉強しよう」

と迷いながらとりあえず参考書を探しに書店へ。

 

どこを探せばいいのかと、とり合えず情報系の参考書コーナーへ向かうとすぐに見つかり、ITパスポートなんちゃらとタイトルを謳う参考書は沢山ありました。

さすがITの入り口となる試験。

 

私は書きながら覚えていきたいタイプなので選んだのはこちら

 

 

 

参考書の中で比較しても安い価格だったので何でも良いから参考書が欲しい人にはおすすめ。

書くことが好きな人にも向いた方法です。

 

6つの筆跡診断テスト紹介!性格は文字の書き方で変えられる

 

 

 

合格までの勉強方法 

参考書は穴埋め形式だけどもちろん何もわからないので答え丸写し状態。

まずは用語や知識を知るところからなのでこれで良し。

カタカナやアルファベット3文字の略称が多い多い。

 

暗記苦労しそうだと思いながら深くは考えずに書き写す。 

全て記入し終えた参考書を何度も読み返して記憶を固めていきました。

 

 

参考書を買ってから知ったのがこれ

ITパスポート過去問道場|ITパスポート試験ドットコム

 

約10年分の過去問を試験のように実践できるシミュレーション。

分野ごとの問題選択やランダム、順番に出題なんでも対応。

しかも一問一問、図を交えながら丁寧な解説付き。

 

めちゃくちゃ便利じゃん。

参考書がなくてもひたすらこれ解いて合格できる人はいます。

 

 

前半10日間は参考書の穴埋め作業、後半は過去問中心に進めました。

過去問は実際の試験時間2時間ですが、解説読みながらで合わせて3時間程かかります。

試験前の後半10日間は、毎日過去問1回分を解き続けました。

 

過去問のわからない用語は参考書を読み直して記憶の補填作業です。

 

 

試験勉強開始時期にお試しでやった過去問の正答率が約50%

試験直前の過去問正答率が約80%

過去問1回行うごとに微増していきました。

 

知識が付いてきてから点数が大きくブレることはあまりないので80%超えることが出来ればひとまず安心でしょう。

 

 

《勉強の流れ》

1.全て覚えようとせずに軽く流しながら進める

2.実践練習で出題方法の癖などとともに覚えていく

3.できていない分野を復習で知識を固める

 

 

 

試験の感想

 

試験は回答終了後、すぐに採点され合否が把握できます。

回答後の「採点する」ボタンが一番緊張しましたね。

 

過去問より正答率は下がったものの無事合格できました!

 

 

素人知識から始めたので理解に時間がかかり苦労はしました。

難しくは感じましたが、ITという意味さえ知らなかった素人でも

20日間の勉強時間の確保で合格ができました。

 

IT系や情報系の分野が興味あっても専門学校や知識がないから諦めることは勿体ないですね。

少しの努力で資格は手に入れることができます。

未経験でも専門の業界で働くことが出来ています。

 

 

資格や経歴で悩むよりはまず行動力が実現に繋がりますね。

 

次はITパスポートの次のレベルの基本情報技術者試験に挑戦しようと思います!

 

 

私より上級者いらっしゃいました。

寝なければ1日半です。

yamacorp.hatenablog.com

 

 

自己啓発関連記事はこちら

www.tohumen.com

 

 

www.tohumen.com

 

 

 

ありがとうございました