北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

このブログから誰もが感じることのある心の内を発散しています。『1.コンプレックスや人間関係など心理的悩みや対策』『2.帯広のグルメや観光情報について』『3.雑記的内容』を主に紹介しています。

【退職した人の確定申告】再就職手当を受け取ると確定申告が必要?

豆腐メンタルのとふめんです。

 

2月から3月にかけては確定申告の時期で税務署が忙しくなる時期です。

会社を辞めて失業状態にある人、自営業やフリーランスとして活動している人のような会社の年末徴収の対象にならない方は確定申告をして税金を支払う必要があります。

 

しかし、所得税額の計算はとても複雑なので知識があっても苦労する人が沢山います。

また、収入のどの項目が課税の対象になるのかなども判断が難しい部分があります。

 

例えば、会社を辞めて確定申告を行うことになった場合、「失業手当」や「再就職手当」などの収入も申告する必要があるのでしょうか。

 

今回は、初めて確定申告を経験する方のため確定申告の基本的な内容を紹介します。

 

 

 

 

 

確定申告とは年間の所得税を支払うためにある

 

確定申告 手続き 内容



2月頃になると「確定申告」という言葉をよく耳にするようになります。

会社勤めの大抵の方にとって、確定申告は無関係なことです。それは、勤めている会社が確定申告の代わりとなる「年末調整」を行っているからです。

 

そもそも確定申告とは何なのでしょう。

 

納税者が前年1年間(1月1日から12月31日)の所得税を計算し、翌年2月16日から3月15日までの間に、税務署に確定申告書を提出して税金を納める手続きのこと。

 

確定申告(かくていしんこく)とは - コトバンク

 

確定申告とは、所得税の計算と支払いを行うための手続きです。

 

 

 

 

確定申告が必要となる収入の種類

 

確定申告の期間は1ヵ月間

確定申告が行われる時期はおよそ2月15日頃から3月15日頃までの1か月間です。

時期になると税務署付近がとても混雑していますので直接税務署へ出向く場合は早めの準備が必要です。

 

確定申告は書類の郵送やデータとして提出をすることも可能です。

 

 

 

確定申告を行う必要がある人

簡単に言うと確定申告が必要となる人は、「収入のある人のうち、会社で年末調整による所得税の支払いをしていない人」です。

 

収入のない専業主婦は必要ないよ

 

 

確定申告の義務は、行う年の前年1月1日から12月31日までの期間の収入によって決まります。

収入の種類には、税額計算の対象となる収入(課税所得)対象にならない収入(非課税)があります。

 

確定申告が必要となる方の以下の項目に当てはまる収入がある人です。

 

 

非課税の収入が多くなっても支払う所得税額は上がらないよ

 

 

 

1.配当所得

剰余金の配当、利益の配当、剰余金の分配があった人

 

2.不動産所得

家賃収入、船舶、航空機の貸し付などの不動産経営

 

3.事業所得

農業、漁業で働いている方

 

4.給与所得

・2か所以上の勤務先で一定以上の収入がある人

・所得が2000万以上に該当する方

 

5.退職所得

退職金

※所得税分が引かれた状態で退職金を受け取っている場合は関係なし

 

6.譲渡所得

土地売却による所得のある方

 

7.山林所得

所有地の森林伐採、譲渡のある方

 

8.一時所得

保険の満期、競馬やパチンコなどの収入のある方

 

9.雑所得

仮装通貨、公的年金、個人年金などによる収入のある方

 

 

 

所得が少額(所得税控除額より小さい)の場合は、以上のような

所得があっても確定申告の必要がない場合があります。 

 

 

 

再就職手当や就業促進定着手当は確定申告の対象とはならない 

 

転職を経験すると、「再就職手当」や「就業促進定着手当」を受け取った方もいると思います。

金額もそれなりに高額なので所得税に影響する収入項目なのか気になるところですが、これらの手当は「非課税」なので確定申告や年末調整に影響はありません。

 

「再就職手当」と「就業促進定着手当」は確定申告の対象とならない

 

 

 

 

確定申告の提出方法は3通り

確定申告 方法



確定申告は税務署へ行って申請を行うイメージがありますが、インターネット上や郵送のような直接出向く必要のない方法で行う方も増えてきています。

それぞれにメリットがあるので自分に合う方法を選びましょう。

 

 

1.税務署の確定申告書作成コーナー

 

税務署へ行って確定申告を行います。

確定申告や税金の知識に自信のない人は税務署で、担当者に聞きながら書類を作成するする方法が確実です。

手間はかかりますが、控除の申請漏れによって過剰に税額を支払ってしまう心配は減ります。

 

 

 

2.民間の会計ソフト

個人事業主など自分で経営をやりくりしている方が使いやすい確定申告用の税額計算を行うためのソフトが存在します。

 

ソフト費やサービス費は掛かりますが、計算の手間が少なくわかりやすい仕組みになっているものが多いので、時間を掛けたくない人にはおすすめです。

 

 

 

 

 

 

3.eーTax(イータックス)で電子申告

一般的には税務署へ直接出向いて申請を行うのが面倒だという方には「eーTax」というパソコンやスマートフォンから手続きを行う方法があります。

 

いつでも作成することが出来るのでとても便利です。

注意点としてはマイナンバーカードが必要となるのでカードを作成していない方は、カードの作成から始めるか、別の方法で行うことになります。

 

 

副業や株に対しての控除は対応していない場合があるので、

特殊な控除対象の人はネット上でも可能か確認してみた方が良いと思います。

 

 

 

 

 

青色申告・白色申告のメリットデメリット

確定申告を色で表現することがよくありますが、どのような違いがあるのでしょう。

メリットや特徴を交えて紹介します。

 

 

 

青色申告

青色申告とは特別な控除条件が適用できる節税対策に適した方法です。

青色申告特別控除と呼ばれる控除の適用や純損失の繰り越しが可能です。

 

しかし、条件として「貸方」「借方」の両方の記入が必要な複式簿記形式の書類が必要となります。

 

 

 

白色申告

白色申告の最大のメリットは簡易さです。

 

必要書類が青色と比べて少なく、手間を掛けたくない場合は白色申告の方法が良いでしょう。

 

しかし、「赤字の繰り越しが出来ない」「経費として認められない項目がある」など、節税対策には向かない方法です。

 

2014年以前までは白色申告に帳簿作成は不必要というメリットがありましたが、

現在は義務化されて簡易さのメリットが減ったので、青色申告を選ぶ人が増えてきています。

 

 

 

 

まとめ確定申告は予備知識を入れておくと楽になる

 

以上が確定申告とは何かを理解するための基本的情報を紹介しました。

 

退職による失業で確定申告が必要になった年など、初めてで慣れない作業は時間が掛かりますし、知らなければならない内容も多くて大変です。

 

今回紹介したように、確定申告にはいろいろな目的に対応した申請方法もあるので自分にとっての優先度の合う方法を探してみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

参考にさせていただきました

「剰余金の配当」「利益の配当」「剰余金の分配」の区分について | 「法人税」に関するQ&A:国税OB税理士チームによる税務調査の立会いと節税対策

【初心者必見!】そもそも確定申告とは?提出方法・時期・スマホ申告などまとめ | クラウド会計ソフト freee

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

複式簿記の重要性と記帳方法について解説! | クラウド会計ソフト freee

 

 

 

手続き関連記事はこちら

 

www.tohumen.com

 

 

 

www.tohumen.com

 

 

 

www.tohumen.com

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

ありがとうございました