北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

偽善者はうざいと悪者扱いされる意味

豆腐メンタルのとふめんです。

 

偽善者。

それは相手に対しての嫌味として使用します。

善意もないくせに世間的に認められる行動をする。

 

本当に善意があるかはその当人しか分からない。

相手のことを思っての行動かもしれないし、

善行によって自分の評価を高めたいという隠れた本音があるかもしれない。

どちらにしても善行には変わりないが。

 

今回は、偽善者と言われる立場の行動、偽善者と言う人の心理を紹介していきます。

 

 

 

どれが偽善?

 

 偽善と呼ばれる行動

それは、「他人のためにした行動」です。

 

 

▼偽善行為と言われてしまう例

 

募金活動

ボランティア活動

他人の荷物を持ってあげる

席を譲る

正義感の発言

 

これらの行動は

批判の対象になりやすいです。

しかし行動を指しただけでは

善意との違いが分からないですね。

 

偽善とは行動の中にある心情が見えた場合に

判断できるようになります。

 

 

人助けをする3つのパターンを紹介します。

 

 

1.困っている人を下心なく本心で心配して助けた。

 

2.内心は嫌だったけど周囲の目が気になって

しぶしぶ困っている人を助けた行動。

 

3.ある休日、仕事関係の知り合いが困っていた

仕事内容とは関係ないけど今助けておけば、

後の仕事の成功に繋がると計算して助けた。

 

 

1は100%の善人ですね。

 

2、3は共に偽善者になりますか?

そうなるとほとんどの社会人は偽善者に当てはまりますね。

 

 しかし、このような心理は文として説明しているから

判断材料になる訳で、その行動している状況を見ても

表面的には表れていません。

 

行動だけで読み取ることは

普通は難しいです。

 

www.tohumen.com

 

 

 

嫌われる偽善

 

f:id:fc090031:20190209185125j:plain

 

自分は善行しているんだぞ、といかにも見せつけるような振る舞いをする人。

良い行いをしている俺、カッコいいと酔っている人。

困っている人を利用して、自分の評価や利益を得ようとする人。

助けたことで何かの見返りを期待する人。

恩着せがましい人。

周囲や好意的な人の注目を浴びている時にしか動かない人。

 

このような表面上の善意の裏に利己的な人間のあざとい心理が感じられる場合に「偽善者」だと、マイナスのイメージを持たれます。

 

 

 

 

偽善と攻め立てる人達

どうしてわざわざ(本心も分からない)善行を

している人たちに敵意をしめすのでしょうか。

 

 

偽善者呼ばわりする人は少なからずその人達に不快感を持っているのです。

 

それは、上記《嫌われる偽善》のようなあざとさが垣間見えた時、

あるいは何もしていない自身に劣等感のようなものを感じて、

自分を「正義」だと正当化するために「偽善者」という悪を仕立てます。

 

後者の場合は、相手に本当の善意があろうとなかろうと関係なく

自分の為だけに発言している場合があります。

 

 

 

「偽善者」の言われる人の中に自らの行動を正当化したいと考えることと同じで、何もしていない自分たちを正当化して立場を守ろうとしています。

 

 

 

 

 

偽善者ぶる

f:id:fc090031:20190209185420j:plain

相手を蔑む時によく耳にする「偽善者ぶる」

意味を考えると可笑しいですよね。

 

「偽善」という言葉自体が良い人のフリをする。

「偽善者ぶる」になると、良い人のフリのフリをする。

 

悪口を言ったつもりが褒めてますね。

気付かず使っていると嫌味の込められたお礼言われますよ。

 

 

 

 

偽善活動をした方が良い

 

 個人的にはその活動が善意だろうと偽善だろうと

意味のある行動だと思います。だって行動自体は

相手を助けている行為ですから、どんな狡猾な気持ちが

隠れていようと相手が喜んでいるなら

 

お互いにメリットがありますから

外野からとやかく言われる筋合いはないのです。

 

本当に善意を持っているなら尚更、

行動に自信を持って堂々としていた方が良いです。

何をしても考えが合わない人や

批判して相手の傷つく反応を楽しむサイコパスも

いるくらいですから、気にするだけ損します。

 

 

独善的な人

間違えてはいけないのは、自分だけの「正義感」を

善意ある行動と勘違いして他人に押し付ける行為です。

相手の為になっていなければ

それこそ自己満足の偽善だと言われても仕方ありません。

 

重要なことは「相手のためになっているか」です。

 

 

募金の目標額

 

善意とは自ら進んで行うから意味のあることで

いくら良い行いだろうと他人に強制しては

脅迫に近いものになり善意から外れたものになってしまいます。

 

そう考えると慈善活動である募金に目標額が書かれていたり

なにかと競うように達成額を大げさに明示するのは

心理的な誘導を煽っているようで違和感を感じる気がしないでもない。

 

 

偽善という言葉には簡単には判断しにくい

沢山の心理が含まれていることが分かりました。

 

 

参考にさせて戴いたサイトや文献

会話形式で偽善について語られているので読みやすくて面白いです。

 

偽善者がうざい 偽善者にモヤモヤする気持ちの正体について | メンタルの強化書

 

人助けを仕事にしたい

共働きで大変な家庭をお手伝い

ボランティアではないけどお互い喜ぶなら問題なし

 

 

 

結論としては

ウィンウィンなら偽善もOK!

 

ありがとうございました