北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

ストレスに悩む転職を考えたくなる保育士が読むサイト

豆腐メンタルのとふめんです。

 

仕事って好きなだけでは続かないんですよね。

それって働いてからじゃないと分からなくて

表向きには見えない様々な大変さが表れてきますね。

 

仕事の不満は挙げたらキリが無いんです。

 

▼想像していた仕事内容と違う

▼どうしても合わない上司・同僚がいる

▼取引先の対応に困っている

▼仕事の拘束時間が長い

▼給料が物足りない

 

 

本当に悩みが多くてストレスも溜まってしまうのも仕方がないです。

 

職種が多い中、「保育士」もまた悩みの多い職業だと耳にしますね。

今回は「保育士」の理解されない大変さについて紹介していこうと思います。

 

 

 

 

 

保育士になった志望動機は?

 

f:id:fc090031:20190206170555j:plain

このサイトを見ている現在

保育士に嫌気が差しているのだと察します。

しかし、自分にとってプラスの理由があるから

今の仕事をしているということですよね。

その志望動機をもう一度考え直してみましょう。

 

 

子供が好き

一番の理由がまずこれだと思います。

 

とにかく子供が好きで可愛くてしょうがない。

甘えられることに母性本能をくすぐられる。

 

 

身に付けた特技が活かせる

自分が子供のころに身に付けたピアノが仕事として使える。

得意な歌で子供たちを喜ばせることが出来る。

体力があるから子供たちと遊び回れる。

 

 

自分の生活に役立つ

将来、自分の子供が出来た時に、保育士として学んだ

子供の世話の仕方やしつけ方が活かせる。

業界の知識が、自分の子供をどこの保育所、幼稚園に入れるかの基準になる。

母親目線の意見や苦労を保護者から聞くことが出来る。

 

 

女性的な魅力が上がる

子供の世話ができる、子供好きな女性は男性からみても

魅力を感じやすいです。

可愛いもの好きという女性らしさや家庭的なイメージ

異性から好感を持たれやすく、

プライベート面でもメリットある職種かもしれません。

 

 

資格が活かせる職種

資格があることで保育園がなくならない限りは

職が尽きるという心配はないので、将来的に安定した職種であるといえます。

 

 

 

 

 

保育士が抱える悩み

 

f:id:fc090031:20190206171553j:plain

メリットをみると良い仕事に感じますが

それを考慮しても上回る不満はありますよね。

周囲からは理解されにくい保育士の苦労をみていきます。

 

参考

ブラックすぎ・・・保育士の仕事量と給料の裏事情が闇すぎる。 - NAVER まとめ

 

 

人間関係が大変

女性の多い職場環境は人間関係が大変です。

(私は男性なので分かりませんが)

女性は本能的に協調性を重視するので、環境で性格や意見が合わないと

場合によっては孤立させられます。

もういじめと変わりない状況となって、

最悪、誰にも相談できない程になると居場所はもうありません。

 

人間関係を良好に保つのは難しいですね

意思が弱い性格でも嫌われずに断れる伝え方。嫌味な人や高圧的な人の対処法も

 

給料が少ない、残業が多い、休みがとりにくい

仕事量や拘束時間がが多いわりに給料が少ない保育士業界は問題視されています。

職場によって給料も幅が大きく、生活を切り詰めなきゃいけないほど薄給の

職場もあるようで、ブラックといわれてもおかしくない職場環境は存在します。

 

行事ごとも多く、勤務時間中に準備作業が出来ないために

休日を割いて準備を行うこともありえます。

 

 

保護者からのクレームが多い

俗にいう「モンスターペアレント」ですが

大切な子供を預けている保護者には、自分の子供しか見えていない

視野が狭い人も中にはいます。顧客を選べないのが保育士の大変さ。

 

偏見や自己中心的な発言が絶えませんが、

当事者として自覚がないことがまた厄介です。

中にはプライベートに口出しする保護者も。

 

 

子供を預かる責任の重圧

保育士は他人の子供を預かる責任重大な仕事です。

自身に問題はなくても、子供に少しでも何かがあると

保護者からクレームを受けることがあります。

そんな重圧を背負いつつ仕事を続けていることは、

精神的に大きな負担になり、うつ病やノイローゼになる可能性もあります。

 

 

www.tohumen.com

 

 

結婚に焦る

生活も余裕ない給料で毎日仕事に追われる日々、

気付けば結婚したいと思っていた年齢がすぐ間近に。

顧客が既婚者や子持ち相手なので、自分の立場と比較してしまい余計に焦る。

更に同僚の寿退社の話が届いた日には

泣きたくなってもおかしくないですね。

 

 

環境は変えられる

まとめてみると改めて保育士の過酷さがよくわかります。

しかし、悩みの原因は「保育士」?それとも「職場環境」ですか?

辛くて辞めたくなる原因を考えた時、

人間関係や仕事環境ではないでしょうか。

 

苦労して手に入れた資格があるのですから

周囲のせいで無駄にする必要はありません。

環境を変えることで解決できる問題があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

参考にさせていただきました

【保育士の仕事内容】1日の流れ、やりがいと苦労、資格取得のことまで解説! | 保育士くらぶ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

ありがとうございました