北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

辛抱強さは自らも束縛して行動力のない人にする

豆腐メンタルのとふめんです。

 

いろんなことに挑戦して

突き進んでいける人って格好良いですよね。

自分の意志が明確で、周囲を巻き込んで協力できる人徳と勇気、

斬新なアイデアを出す想像力。

優れた能力を持っているから恐れることなく

新しい事を試して成功できるんだと思いますよね。

 

 

それに比べて私は

何の取柄もなく行動力もない。

正直やってみたいことはあるけど失敗が怖い。

周囲の目と迷惑を掛けてしまうことが怖い。

なにより自分が無能だと自覚してしまうのが怖い。

立ち直れなくなる自分が想像できる。

 

むしろ普段の生活から怯えている。

同僚が、上司が、友人が、妻が、旦那が、

どう思われているかわからないけど

良かれと思うことをなんとなくしている。

自分の意思は全て押さえて行動している。

 

私の長所は辛抱強さ。

 

 

 

 

本当にそれでいいの?

 

 今回のテーマは「辛抱強さ」と「行動力」

 

 

 

 

後悔の多い人生

 

ある選択で違う答えを選んでいたら

人生はもっと良かったかもしれない。

「違う学校へ通っていたら」

「違う職場に入っていたら」

「違う恋人と付き合っていたら」

 

そんなたらればの後悔はいくらでもありますが

実際、悔やんだ方を選んだって

それが正解だったかはわかりません。

 

選択を変えても異なる部分で後悔しているに違いない。

だって自分がそういう思考しか持っていないから。

選んだ責任を放棄しているから。

 

後悔してしまうのは決断を間違えたからではなく

自身の考え方のせいだと気付くことです。

 

 

 

 行動を束縛する言葉

 

f:id:fc090031:20190205161057j:plain

社会にはルールがあります。

決められたことをしなければなりません。

人は大衆が行っていることは正しいと思い込み

同じ行動をとらない人を間違いだと認識します。

 

なぜ?

 

特に集団行動や協調性を好む日本人。

個性や個人の尊重は徐々に広がってきているものの

独身、不登校、フリーターなど

少数派は変わり者扱いの目線。

 

結婚しなければいけない

学校へ行って勉強できなければならない

安定した職に就かなければいけない。

 

しかし、これらが出来ていなくても

一般人より成功している人は沢山いる訳で

ただマジョリティ(多数派)なだけ。

 

 

 

心理的に間違っていても「多数派だから正しい」と思いこむ。

自分自身がその勘違いに影響され続けて

「〇〇しなければいけない」という束縛をしていると

 

感情、意思を押さえつけることが

大きなストレスとなり

結局、「少数派」の精神病で社会から離脱した人

という扱いをされるかもしれない。

 

特に「失敗してはいけない」という思考を持つと

行動すべてを恐れて何もできなくなる。

 

 

 自己中心になれない人

 

自分の意思を抑えることは行動を抑制します。

それは、失敗して迷惑をかけるから

見世物のような目で見られたくないからなど

判断基準が全て他人中心だからです。

 

しかし、それって相手に指示された訳じゃなくて

勝手に相手の意思を作りあげているだけなのでは。

 

 

 

我慢すること

 

f:id:fc090031:20190205160141j:plain

自分の意思を後回しにする考え方は

周囲を観察する力があります。

 

集団生活でもすべての感情を口に出す人はいない

と思うので相手の考え方を読んで行動することは

ある程度必要なことではあります。

 

しかし、相手の想像を全て読み取ることは相当無理がある話で、

相手の意図していることとずれて行動した時、

相手にとってはありがた迷惑、

自分も意思を抑えて良かれと行動したことが無意味となります。

 

人間関係上も不快感が溜まってしまいます。

 

自分の意思を押し出すと、

トラブルや口論になってしまうことを恐れて

行動を抑えている人もいますが、

相手に合わせることが穏便な人間関係を作っていける

とも限らないのです。

 

だとしたら自分の意思に素直になって

自身を抑えつけることで

溜め込んでいたストレスを開放すると、

ひとつ悩みが解決するのではないかと思います。

 

 

その辛抱は意味ある?

自分を意思を抑える辛抱強さはひとつの防衛行動です。

立場やプライド、周囲の評価を落とさないために守りの態勢に入っています。

 

www.tohumen.com

 

ただし人は、守れば守るほど

次の新しい行動をとることが怖くなります。

考え方も頑固になっていき、相手のことよりも

自分を守るためだけの考え方になってしまいます。

 

 

プライドや地位を守りすぎた結果

自分のことしか考えられなくなって、

集団のトップの人間から耳を疑うような

発言を聞いたことがありますよね。

 

失敗を恐れすぎて守りに入ったことが裏目に出て

痛い注目の的になってしまいます。

 

 

 

 

大変な職場で意味もなく

辛抱し続けていませんか

 

 

 

www.tohumen.com

 

まとめ

辛抱強く耐えることは

相手のためになる訳でもなく

自身を守れるとも限らないということですね。

 

子供がお菓子を欲しい欲望を我慢することと

大人が正しいことも抑えて発言を我慢することは

全然違います。

 

つまり言いたいことは

辛抱強さを履き違えると痛い目に合いますよ。

「攻撃は最大の防御なり」

 

参考文献です

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ありがとうございました。