北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

怒るのは期待の表れ?怒る心理と叱る心理を徹底究明

こんにちは、とふめんです。

 

人には性格やがいろいろあって

感情を出す人出さない人や

喜怒哀楽いろいろな手段で

相手に訴えかけます。

 

人の性格は多種多様で

だからこそ相手の感情が

理解できない場合もよくありますね。

 

「急に機嫌悪くなってどうしたんだろう」

「なんで今怒られたのだろう」と

 

相手の感情に振り回されて

こちらも混乱して

不快に思うこともあります。

 

怒る人の感情の裏には

実は嫌いだとか憎しみではなく

ポジティブな思いが隠れいたかもしれません。

 

今回は「怒る」心理に注目して

原因や理由を調べていきます。

 

 

 

 

怒りとは

f:id:fc090031:20190124215511j:plain

皆さんはどういった時に怒りが沸きますか。

 

怒りとは

欲求を満たすことが阻害されたときに

その原因に対して生じる不快な感情。

マンガ はじめての心理学

監修 ゆうきゆう より引用

 

 

 

 

 

 

期待感

 「怒り」の説明によると

欲求が満たされなかったから怒るのです。

 

人はコミュニケーションを取る場合

相手の行動を予想しながら自分も行動します。

 

「きっとこうするだろう」

「〇〇してくれるだろう」

というただの思い込みなんですが

 

その期待した通りに

相手がアクションを起こさなかった時

期待を裏切られた不快感が「怒り」へと変わります。

 

もし自分が理由も分からず怒られたとき、 相手は

「自分に何かを期待していた」ということです。

 

 

「怒り」は攻撃的な感情ですので

空気を悪くしてケンカの火種となります。

 

しかし、感情や本音をストレートに伝わるので

お互いに相手の意図をしっかりと

受け取ることが出来ます。

その後、理解度が上がり関係が深まる場合もあります。

 

ネガティブなイメージの感情表現ではありますが

時には大切な役割として働くこともあります。

一概に怒らないことが良いとは言えません。

 

 

 

 

「怒る」と「叱る」

「怒る」と「叱る」は別物

と、よく言いますよね。

 

簡単に区別すると

 

「怒る」は一方的な攻撃的感情。

「叱る」は相手を指導する目的の強めの態度。

 

自分の為か、相手の為かの違いです。

 

皆さんの周りにもいると思いますが

この違いを理解していない

先輩(目上の立場の人)は多いです。

 

叱り方によって受け手側も

ただ不満をぶつけられているのか

親身になってくれているのか

なんとなく感じ取ることができますよね。

 

叱り方による先輩の傾向を見ていきましょう。

 

 

 

叱り方別の先輩タイプ

 

説教タイプ

だらだらと長い話が続いて

早く終わってほしい面倒なタイプ。

長すぎで最終的に何を伝えたかったのか分からない。

 

頼りにされたい、尊敬されたい像を

求めすぎているタイプです。

本人が思っているほど頼りにされていません。

 

 

 

同格タイプ

座っていても立っていても

しゃがんていても

目線の高さを合わせて叱るタイプ。

 

年下とか部下とか上下関係を重視せずに

相手を尊重して差別しない態度が分かります。

好感を持てて信頼を得やすいタイプです。

 

 

 

気配り上手タイプ

周りに人が多いときに叱らず

目の届かない所で伝えるタイプ。

 

一般的に叱られることは

自分を否定されることなので

羞恥や自信喪失に繋がる可能性があり

周囲に見られていると余計に

その感情が大きくなります。

 

その辺を考慮してくれるのは

空気が読める優しい先輩タイプ。

 

「ちょっと裏こいや」で

人前から避けるのは

意味合いが違うので注意。

 

 

 

コンプレックスタイプ

気配り上手とは逆に

人前で怒鳴りつけるような

典型的な嫌われやすいタイプ。

 

敢えて見せつけるような叱り方は

羞恥や自信喪失の影響も大きく

トラウマやうつにも為り兼ねない

厄介なタイプです。

 

こんな強気なタイプの内面の心理は

「自信のない人」

「コンプレックスを抱えている人」

です。

 

このタイプの人は

自分優位に立つことで

精神の安定を図ろうとする

「気の小さい人」です。

 

クレーマーなども

客という立場を利用してしか

文句を言えないのです。

 

 

コンプレックスタイプは

相手を思っての叱る行為ではありません。

 

つまり、まともに相手にする必要はありません。

自分が気を病むだけなので

こういうタイプの対策は

受け止めずに聞き流しましょう。

 

相手の「怒り」の心理が理解できれば

自分自身も不快な感情を

少なく抑えることができて

ストレスも抑えられます。

 

 

自分を守る上手なかわし方を

身に付けましょう。

 

 


にほんブログ村

 

参考にさせていただきました

説教する人の特徴【対処法】 | エッジニュース

 

ありがとうございました。