北海道産豆腐メンタルの奮闘記

北海道産豆腐メンタルの奮闘記

豆腐メンタルにより仕事が辛く転職活動をする。人生の迷子になっていたその頃、知識を学んで発信する面白さと難しさを知りブログに興味を持つ。 帯広観光情報や人間関係の悩みとして多い、仕事・恋愛・コンプレックスなどを心理学の内容も交えて紹介します。

意思が弱い人でも嫌味な人や高圧的な人の誘いを断る方法

 

豆腐メンタルのとふめんです。

 

仕事でもプライベートでも誘いを断りたい時ってありますよね。

上司や先輩なら尚更、断りにくいことはありますよね。

 

当然、嫌なことは避けたいです。

苦手な人との付き合いを避けるためや時間が欲しいからなど

いろいろな理由はあるものの、上手く断れないことがあります。

 

しかし、相手に申し訳ない気がするからという理由で全ての要望を受け入れていると、

好感度は上がるでしょうけど相当な強いメンタルがないと身体を壊すと思います。

 

体を張って自分の時間を削って、相手に合わせても

うつで精神を病んだら意味がありません。

 

 

そんなわけで今回は、

「自分の為に上手く断ることが出来て、相手にとってもなるべく失礼にならない方法」

を紹介します。

 

 

 

 

 

「わかりました」「イエスマン」は自分を苦しめる

イエスマン NG わかりました

仕事が溜まっている時に、上司などから

急な仕事を頼まれることありますよね。

 

「今忙しいんだけどな……、でも仕事だから」と

受け入れてしまいがちです。

 

特に自身の立ち位置が下であればあるほど

断りにくい環境になります。

 

仕事を引き受けた結果

自分の仕事が遅れて違う上司に怒られる。

なんてことになるとただのやり損ですよね。

 

長期的にみてもストレスが溜まり

心身に良くないので

断る努力も必要なのです。

 

 

「わかりました」の返事には

主張が何も含まれていません。

相手はこちらが忙しい状況かどうかを

把握してないので、一言で返答されると

相手側も「大丈夫なんだな」と捉えます。

 

具体的に伝えることは

お互いのためになります。

「わかりました」はやめましょう。

 

 

断り方のパターン

 

物事の断り方にはいくつかの型があります。

答え方によって相手の反応が

どのように変わってしまうのか比べていきます。

 

主張的反応

理由をつけて丁寧に伝えます。

自分の意思が伝わりやすいベストな方法です。

謝罪やほかの提案を付け加えるとなお良いです。

 

「期限の近い仕事が溜まっているので申し訳ありません」

「嬉しいけど先約があるのですいません。〇〇日なら空いてます」

「風邪ひいちゃって……ゴホゴホ、また今度ね」

 

 

 

直接攻撃反応

 

語気を強めに伝えます。ケンカ腰というやつ。

感情は伝わりやすいですが相手を不快にさせます。

意思が弱い人はまず使わない手段でしょう。

 

「急に言われても無理ですよ!」

「面倒くさい、他の奴誘いなよ」

「こっちは忙しいんだから自分でやりなよ!」

 

 

間接的攻撃反応

 

言葉で伝えず態度に出すタイプです。

こちらの意志が正確に伝わらない上に

相手も無言の反応にイライラして不快になります。

空気が悪くなります。

 

相手の質問に返答せず黙り込む。

睨みつける。

当てつけのようにため息を吐く。

素っ気ない返事だけで

 明らかに面白くなさそうな表情を出す。

 

 

 

非主張的反応

 

自分の意志を殺した返事をします。

相手によっては便利な人だと思われて

頼み事が悪気なく増やされてしまいます。

自身は病みやすくなる

一番ストレスを抱え込む手段です。

 

 

「はい」

「いいですよ」

「わかりました」

 

多投している人は気を付けましょう。

 

 

 

 

 

嫌われたくない

自身にとって最善の手段は理解できたけど

気になってしまうことが1つあります。

それは周囲からの評価です。

 

「嫌われないだろうか」

「使えないやつだと思われないか」

「付き合いが悪いと思われたかも」など

 

考えてしまうのは私も同じです。

(豆腐メンタルですから)

 

しかし、これってただの

取り越し苦労でしかないんですよ。

相手の気持ち考えたって分からないし

自分が思うほど

相手は自分のことばかり考えていないです。

 

理由と意思がしっかり伝わる

断り方が出来ていれば

今後の関係に傷つくことはありません。

 

もし正当な自己主張をしていても

不満をぶつけてくるような人は

無理に付き合い続ける価値もない

のではと思います。

 

 

そもそもそんな人って

 

尊敬できる人ですか?

一緒にいて楽しいですか?

自分の時間を使う価値がある人ですか?

 

上司だろうと取引先だろうと

自分の大切なことと天秤にかけた時に

必要あれば、切る判断をしても

良いのではないかと思います。

 

判断が正しければ

フォローしてくれる人だって出てきます。

 

 

自分が壊れる前に判断しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

とは言いましたが

世の中良い人ばかりでもないので

嫌なことを言ってくる人は必ずいます。

 

そんな「嫌な人」対策を

少し紹介します。

 

 

嫌味を言う人

自己説得効果

嫌味が不快に感じるのは

遠回りな表現をされたことにより

頭の中でよく考えてしまって

余計に心に残りやすくなってしまう

 

「自己説得効果」という心理作用が働くからです。

 

対策

嫌味対策は

「感情的な素振を見せないこと」です

淡々とした返答をすると

相手は言ったことに後悔することがあります。

 

 

「どういう意味ですか?」と聞き返すことは

恐らく1番効果的で

相手に「説明しなければならない」

という状況をつくり、面倒に思われて

嫌味を言われないようになります。

 

 

高圧的な人

f:id:fc090031:20190118032230j:plain

プライドが高く、上下関係を

明確につけたがる傾向にあります。

 

このようなタイプの人は

主張的反応のような理由をつけても

「上司の意見が聞けないのか」となり

理屈が通らない場合があります。

 

対策

このような人には

「責任を押し付ける」方法が有効です。

力ずくで意見を通されてしまうので

 

そこは一旦、承諾して

「頼まれた事を行うことで

このような問題が生じることも考えられますが

その時は責任を負って戴けますか」

のようなお願いをしましょう。

 

これで取りやめてくれる

可能性もありますし

「それでもやれ」と言われたら

開き直って責任を押し付けましょう。

 

 

 

意思が弱いことにコンプレックスを抱えている人も

気が強くなる必要はありません。

上手いかわし方を覚えるだけで

円滑な人間関係を築いていけます。

 

今回参考にさせていただきました 。

 

 

実践してみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。